スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    -------- : スポンサー広告 :
    Pagetop

    世界新聞を再開します。

    スクリーンショット 2013-07-22 14.52.56

    http://sekaishinbun.net


    皆さんこんにちは。

    デスクです。

    ようやく世界新聞を再開できることになりました。

    6月中に復活させるつもりが、思った以上にてこずって2ヶ月もかかってしまいました。

    おもにHTMLとワードプレスを紐づけていたんですけど、

    冷えきった男女の仲を取りもつくらい難しかったです。


    IMG_1169

    サイト自体は閉鎖前からなんも変わってません。

    記事もまだ少ししか入っていません。

    拡張の余地があり過ぎて、どこから手をつけていいか分かりませんし、拡張の仕方もよくわかりません。



    でも、僕としてはこうやってサイトが動いていることが奇跡のように思えるのです。

    また、たくさんの人に助けてもらいました。

    ありがとうございました!



    ドメインも変わり、またイチからのスタートです。

    今一度拡散していただければ嬉しいです。

    http://sekaishinbun.net


    追記


    世界新聞の姉妹サイトを作りました。

    旅人の皆さんのお役に立てれば幸いです!


    ▶︎海外旅行者のための海外WiFiレンタルの選び方 by世界新聞

    ▶︎海外旅行節約術 by世界新聞


    おすすめ記事

    ▶︎おすすめの海外WiFiレンタル「グローバルWiFi」の記事まとめ

    ▶︎【グローバルWiFi・イモトのWiFi比較】グローバルWiFiを断然おすすめする理由

    ▶︎【必携3枚】海外旅行におすすめのクレジットカードランキング
    スポンサーサイト

    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    2013-07-22 : 社説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    『世界一周できません』出版記者会見



    『世界一周できません(と思ってたらできちゃった)
    幻冬舎文庫
    IMG_2187


    尚、全国書店で幻冬舎の「初夏の旅心満足フェア」が展開されているのですが、

    「世界一周できません」は有名どころに追いやられるようにしてたいていこのようなパターンで置かれています。
    IMG_21991-2
    粘り強く、見つけてあげてください。

    探すのめんどいって人はamazon

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2013-07-11 : 社説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    世界一周の暴露本を出します。

    IMG_2143


    お久しぶりです。

    デスクです。



    世界新聞サイトは現在も一時閉鎖中なのですが、
    (近い内に再開できる予定です)

    今日はお知らせがあります。



    本を出すことになりました。



    『世界一周できません(と思ってたらできちゃった)
    幻冬舎文庫
    IMG_2187


    旅からのこのこ帰ってきたのが去年の7月。
    P7180031

    実家に引きこもって、
    DSCN5521

    半年かかって原稿ができて、
    IMG_0646

    物好きな幻冬舎さんに拾っていただいて、
    IMG_1095

    ついに完成しました。
    IMG_2187


    発売日を迎えてこんなことを言うのも何ですが、

    ちょっと恥ずかしい

    です。



    僕みたいな無名が本を出して

    売ろうと思ったら、

    ぶっちゃけるしかありませんでした。



    なので、

    ネパールで部屋をシェアした女の子にアプローチしたら

    「インド人みたいでキモい」

    と言われた夜とか、

    メキシコでストリッパー(日本人)とメイクラブし損ねた話とか、

    タイで、最後の夜を巡る甘酸っぱい攻防とか。



    全部書いちゃいました・・・。



    原稿を読んだ嫁には一言、

    「読まなきゃよかった」

    と言われる始末。



    それでも、楽しいことだけじゃなく、

    みっともないことを含めて

    ありのままの旅を書く

    というコンセプトはカタチにはなったと思います。



    ただ、本の中で僕は相変わらず

    憂鬱で、弱音吐いて、自分探しまくりの負け犬バックパッカー。

    「純粋に旅が好き」という人はおそらく気分を害するので、

    読まないほうがいいと思います。



    じゃ、誰に読んでもらうんやろう。。。



    とはいえ、

    全国書店で発売中です。

    アマゾンでこちらからも購入できます。
    IMG_2185

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2013-07-03 : 社説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    世界一周ブログランキングで1位になるためにやったこと【後編】

    10

    ブログランキングの記事、

    自然消滅させようと企んでたんですけど、

    書きますね、後編。



    前編(こちら)で書いた

    「さらけ出す」

    ってことに尽きるんですけど、今回はテクニック的なことを。



    まず、目的はアクセスを上げることでもなく、読者を増やすことでもなく、

    クリックしてもらうことです。

    当たり前のことなんですけど、ココ重要です。

    要は、

    全てがクリックをにらんだ動きになるということです。



    腹黒いっすね〜。


    ◎一番クリックしてもらえる方法
    DSCN1126

    いきなりですけど、

    一番

    クリック

    してもらえる

    方法、

    教えますね。



    まさかの……



    友達にクリックしてもらう!



    です!!!



    ずっこけました?



    でもね、これ、まじ最強です。

    僕は旅中ある程度仲良くなった人にはほぼお願いしてました。



    でも、ただ頼むだだけじゃ駄目です。

    「絶対1位になるから」

    と添えるのです。



    「なりたい」

    じゃなくて、

    「なるから」



    そうやって熱い気持ちをぶつければ、

    「そんなこと言ってたなぁ」って

    相手の印象にも残りやすいのです。




    ちなみに、

    僕が1位だった時、1日のクリック数は

    平均110人くらいでした(週間で8000ポイント前後)。



    少なくとも、6割は面識のある人にクリックしてもらうようにしましょう。

    面識のある人は、更新が滞っても、クソみたいな記事しか書けない時も、クリックしてくれたりするので、

    いわば不動票な訳です。



    問題は面識のない人にいかにクリックしてもらうか

    です。


    ◎理由を書く

    DSCN5451

    まず、当たり前なんですけど、

    「1位になる」ってブログで宣言しましょう。

    で、ことあるごとに触れます。

    「今何位で1位になるにはあとどれくらいクリックが必要なのか」

    とか。

    しつこく触れて

    「1位になりたいキャラ」

    を作ってしまうんです。



    ここで、大事なのが理由です。

    「1位になりたい理由」というのはみんな書くんですが、

    もっと大事な理由があります。



    「旅をしている理由」

    です。



    結局、みんな、

    ブログの文章に対してクリックしているんじゃないんです。



    に対してクリックをする訳です。



    なので、どういうきっかけで旅に出て、どういうテーマで旅をしていて、旅する前は何をしていて、そもそも自分はどういう人間なのか?

    そういったことをまとめて一本記事を書きましょう。

    それをブログの一番目立つところに貼っておく。

    ヘッダーの下に固定のお知らせスペースを作って、一番上に貼るのがオススメです。


    ◎更新は朝7時
    DSCN3562

    記事公開の時間は諸説あるんですけど様々な時間を検証した結果、

    朝7時がオススメです。

    物理的には

    0時にアップするのが機会損失がない
    (クリックは1つのIPから1日1クリックしかカウントされない)

    のですが、0時は駄目です。

    公開してもみんな寝てます。

    みんなの仕事が終わる19時前後もダメ。

    0時まで残り5時間と機会損失が大きすぎるからです。


    となると、(夜に比べて)記事更新をアピールするには弱いが、機会損失は少ない

    朝な訳です。


    ◎教える&お願いする

    読者はあなたが思っている10倍くらいランキングの仕組みを知りません。

    どういう手順を踏めばポイントが入るのか、どの時点でポイントが入るのか。

    手順も何もクリックするだけなんですけどね。

    そこをあえて、下記のようにキャプチャーを使って懇切丁寧に説明しましょう。


    世界新聞は「ブログ村」へ移籍します 【お知らせ】



    で、お願いするのです。

    シンプルに

    クリックしてください。

    と恥ずかしげもなく書きましょう。

    逆効果なんじゃないかと思うかもしれませんが、上記の記事を書いた日、

    クリックが倍になりました。



    で、お願いしたんだからきちんと報告しましょう。

    みんなのおかげでクリックが●倍になりました!

    とかって。

    旅もほうれんそう

    は大事です。


    ◎ピンチはチャンスってこれマジほんと
    DSCN0050

    僕、ブエノスアイレスからフランクフルトに飛んだんですけど、

    経由したサンパウロでビザがなくて、強制送還に遭ったんですね(詳しくはこちら)。

    で、数日ブエノスで引きこもってたんですけど、

    その様子を自虐的に書いたんですよ。


    4月7日 強制送還からはじまるラブストーリー
    4月9日 世界一周かーらーのアルゼンチン永住
    4月10日 【速報】 祝アルゼンチン脱出!みんなありがとう。


    強制送還に遭ってからの順位の推移です。


    4月4日 11位
    4月7日 7位
    4月8日 5位
    4月9日 4位
    4月10日 2位
    4月12日 1位


    おったまげましたよね。

    多分、通りすがりの人が

    「頑張れー!」

    ってクリックしてくれたんです。



    ピンチはチャンス、

    強制送還がなかったら僕は1位になってなかったかもしれません。


    DSCN5450

    そんなところですかね。



    こういう腹黒いことを宿にこもってやっていたわけですよ。

    「いつか見返してやるっ」

    なんて思いながらね。

    1位なった時のこと妄想して得意げになったりもしてました。

    マジ根暗です。



    でも、1位になって湧いてきたのは

    感謝の気持ちでした。

    みんなありがとう

    って

    もうそれだけだったんです。



    旅をブログランキングに捧げて、

    俺何やってんねん?

    って思う時も多々ありました。



    でも、あの時だけはやってきてよかったと思った。

    だから、この記事を書いたのです。

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2013-02-23 : 社説 : コメント : 1 : トラックバック : 0
    Pagetop

    僕がブログランキングで1位になるためにやったこと【前編】

    P4120043


    最近お願いばっかで、たまにはいいことしようと思い立ったわけです。

    デスクです。



    一応、僕ってブログランキング1位になったじゃないですか。

    今更ですけど、

    ブログランキングで1位になる方法(ブログ村世界一周カテゴリー)

    を公開します。



    本当はあんまり書きたくないんです。

    まず、ネタばれしますし、1位になるために結構みっともないことしましたからね。

    でも全部白状します。



    今からお教えする方法はある種の苦痛を伴います。

    なので、「ウチ、1位になる!絶対なったるねん!」という人以外読まないでください

    とは言いません。

    ただ、この記事を読んで自分に落とし込んだ上で実践すれば、

    ほぼ1位になれると思います。

    ちなみに文章力とか全く関係ありません。



    本記事は「心構え編」、「テクニック編」の2編に分けてお送りします。


    「心構え編」
    10
    @カンボジア/ホイアン


    僕の場合、

    ブログ村に登録してから1位になるまでの期間は

    2週間くらいだったと思います。



    これにはカラクリがあって、

    僕の場合、旅に出てから8ヶ月くらいは違うブログランキングに登録してたんですね。



    2011.7.15
    世界一周スタート

    2011.9
    「人気ブログランキング」に登録

    2012.3
    「ブログ村」に移籍

    2012.4.12
    「ブログ村」世界一周カテゴリーで1位




    前提として、「ブログ村」に移籍した時には、「人気ブログランキング」時代からの読者がたくさんいて、

    引き続きクリックしてくれたというのがあります。



    ただ、「ブログ村」に移籍した時、僕には

    「絶対1位になれる」

    という確固たる自信がありました。



    それは旅を通じてある考え方に行き着いたからでした。



    1位になるために一番大事なことは、

    自分をさらけ出すことです。

    DSCN6926.jpg
    @グァテマラ/シエラ


    感じが悪い人

    っているじゃないですか。



    この人、心閉ざしているなーっていう人。




    中米の茶店だったと思うんですけど、

    これまたウェイターが愛想悪いわけですよ。

    「もっと気持ちよく働けねーのかよ」

    って気分が悪くなる訳ですけど、



    ちょっと待てよと。



    試しに、僕から

    「オラ!コモエスタ!?(やあ、調子どう)」

    って無理やり笑顔を作って話しかけてみたんです。



    するとですよ。



    仏頂面だった彼女の顔がみるみる崩れて

    笑顔で

    「オラ!ムイビエン(いいよ)!」

    と返してくれたんです。



    なんというか、

    すごくぐっときた瞬間でした。



    同時に思ったんです。



    心を開いていないのは自分の方だったなって。

    DSCN3058
    @メキシコ/グアダラハラ


    旅の中でそんな瞬間に数え切れないほど出会ってやがて、

    相手が心を開いていないのは自分が開いていないから

    と思うようになりました。

    (そう思えない時ももちろんありましたが)



    「ブログ村」に移籍してから1位になるために、僕はブログの書き方を180度を変えました。



    自分のことを書いたのです。



    楽しいことだけじゃなく、

    みっともないことも、憂鬱なことも、弱い部分も、

    全て洗いざらい書こうと思ったのです。




    ランキングを上げるためには、読者にバナーをクリックしてもらう必要があります。

    それってすごくハードルの高い行為です。

    どうしたらみんながクリックしてくれるかということを死ぬほど考えた結果、

    ある着想に至ったんです。



    クリックしてもらう=心を開いてもらう



    だから僕は自分をさらけ出すことにしたんです。


    「テクニック編」に続く

    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    2013-02-06 : 社説 : コメント : 1 : トラックバック : 0
    Pagetop

    最後のブログ

    P7180031


    昨日、

    大阪の実家に帰ってきました。


    前日バンコクを出発。悪友たちが見送ってくれました
    DSCN5488

    最後にみんなと会えてよかった……
    DSCN5483

    てゆうか、むさくるしい奴らは置いておいて。
    DSCN5489

    ヒコ―キから見た日本列島。なんか外国に入国する気分…。
    DSCN5507

    関空。とうとう帰ってきた
    DSCN5512
    P7180005

    やはり、日頃の行いが良すぎたのでしょう。イミグレも税関もすんなり通過。
    DSCN5514

    とりあえずカフェオレと、
    P7180013

    日本にいた時吸ってたタバコで一服。
    P7180022

    近くの駅までバスで
    P7180020

    電車に乗り換えます。みんな見て見て僕を見て!
    P7180023

    ザ・カントリーサイドメトロポリスホームタウンに到着
    P7180024

    小学校の時のあだ名は「天地創造」…というのは嘘。
    P7180027

    ただいまー!
    P7180031

    我ながら澄んだ目をしています
    P7180036

    まぎれもなく僕んちだ…。落ち着くわぁ。。
    P7180046

    一番最初に食べたいと思ってたおかんのサバ寿司
    P7180044

    スペシャルディナーでおわす。
    P7180078

    カニカニ~
    P7180055

    シ―ス―マイウ―♪
    P7180053

    シャンパンとかいきなり刺激強すぎ
    P7180065

    冷蔵庫の中には好物のショートケーキが3個も入ってました…。
    P7180083


    さて、

    今日はブログについて書きます。



    やっぱ僕の旅はこのブログと共にあったから。

    最後にブログのことを書くというのは

    僕にとって、

    すごく自然なこと。



    みんなほんとうに、

    ありがとうね。

    今はそれしか出てきません。



    ランキング1位になれたのは、

    間違いなく、

    みんなのお陰です。



    ほんとブログに関しては、

    いろんな感情が

    駆け巡るよ。



    出発から3ヵ月経ったインドで気付きました。

    「目的もなく渡り歩くことはできない」

    「このままじゃ旅続けられない」




    前に進むには、

    ブログでみんなと旅を共有し続けるしかないと思いました。




    その時に、

    ランキングで1位になるって決めた。

    目的のない旅に何か意味を持たせたい。

    はっきり言って、

    自己満足以外の何物でもなかった。



    そっからはもう、

    ブログ中心の旅になった。



    飲んでいても、

    ブログ書くために席を外したし、

    ネットに不安があるからアフリカも諦めた。

    僕にとって発信できないのなら、

    旅しても意味がなかった。



    最初は、

    人気ブログランキングの海外ニュース部門で1位を目指していました。

    記事も今のようなブログブログした内容じゃなくて、

    ネタありきの新聞テイストで書いていました。



    コンセプトは、

    「バックパッカ―が自分で歩いたから拾えるネタ系ニュースサイト」

    ゆくゆくは

    たくさんの旅人に記事を書いてもらって、

    帰国後にビジネスにもって行きたいと思ってました。



    9ヵ月くらいそういうスタンスでやりました。

    でも、

    ランキングは10位くらいをどうしようもなく

    彷徨っていました。



    ほんと、悩みまくって、

    ランキングが夢に出てきたこともあった。



    デザイナーさんにヘッダーを変えてもらったり、

    日本にいる友達に問題点洗いだしてもらったり。

    旅人と朝まで話し込んだことは一度や二度じゃありません。



    もう、やれることは何でもやった。



    でも全然ダメ。

    海外ネタニュースサイトって引用モノが主流で要は、

    インパクト勝負。

    悔しいけど、それを打ち負かす力は僕にはなかった。



    コンセプトをとるか、

    1位をとるか。



    僕は1位をとった。

    旅を通じて、

    「人に認められるコンテンツを作りたい」

    という気持ちが少しだけ上回ったというのはキレイごとで、

    決めたことをやり切りたかった。



    そして、

    ブログ村に移籍。

    そこからは

    完全に「俺ブログ」に徹した。



    自分という人間を出していかないと、

    クリックしてくれないと思った。

    楽しいことだけじゃなく、

    自分の弱い部分を

    あえて

    たくさん書きました。

    全部計算でした。



    2012年4月あたま、

    強制送還を受けてランキングが一気に上昇。

    2012年4月12日、はじめて1位に。

    そして、掲げた

    「1位を1ヵ月キープしないと帰国しない」

    という目標も達成することになりました。



    たぶん、

    クリックのほとんどは

    同情票だったと思う。

    だってこんな悪ふざけと、マジメくさったモノが混在したブログ、

    コンテンツとしてはナシだもん。



    クリックしてもらうための

    いやらしい記事もたくさん書いたし。



    毎回クリッククリックうるさかったよね。

    ごめんね。



    でもね、

    ブログやってきてほんとによかったと

    今は思ってる。



    だってブログ書いてる時が一番楽しかったもん。

    おもしろい

    って言ってもらった時が一番嬉しかった。



    ブログを通じて大切なものに気付きました。

    やっぱり僕にはこれしかないし、

    これからも

    活字の世界で生きて行きます。



    旅で出会った仲間たち。

    仲良くなった人はもちろん、

    旅中にそこまで話せなかった人が、

    別れてからコメントくれたり、

    読んでくれたりしていることを知って

    ほんと嬉しかった。

    僕の知らないところで宣伝してくれた人もたくさんいたよね。

    みんなと出会えてよかった。



    日本で応援してくれたみんな。

    旅中、みんなの顔ばっか思い出してました。

    これからもよろしくね。



    会ったことのない人も、

    毎日クリックしてくれたり、ツイッタ―やfbで拡散してくれたり…。

    メールで僕を励まし続けてくれた人もいた。

    なんでそこまでしてくれるのか、

    未だにわかんないよ。



    そして家族。

    オカンなんかランキングの上位ブログ片っ端から読んでいたからね。

    それでいっちょ前に批評したりするもんだから、

    きつーく叱っておきました(笑)。

    1年間見守ってくれてありがとう。



    みんな、

    旅の最後にこんなに温かい気持ちにしてくれて、

    ありがとう。



    「最後の1クリック」とか言ってたけど、

    撤回します。

    もう十分です。

    ランキングからは今日いっぱいで引退します。



    もし自分で役に立てることがあったら、

    いつでもメールください。

    atsugk☆gmail.com

    (fbもこれで検索すれば出てきます)



    ほんとは最後に妄想のひとつやふたつかまして終わろうと

    思ったんだけどね。

    どうしてもそういう気持ちになれません。


    P7180037

    みんなの幸せを願っています。



    さようなら。



    松崎敦史

    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    2012-07-19 : 社説 : コメント : 35 : トラックバック : 1
    Pagetop

    心の旅

    DSCN5469
    ラストナイトはみんなと朝まで飲んで最高でした。



    数時間後には空港行って

    日本です。




    寝てないから頭がボーっとして

    まだ実感ないです。



    こうして

    世界一周してきましたが、

    なんと言うか、

    自分の心の中を旅していたような感覚です。



    旅に出たら何かが変わる

    そう思って旅に出ましたが、

    そこにはむき出しの自分がいただけでした。

    旅に出た経緯はこちら




    日常に隠れて見えにくくなっていた

    弱い自分。




    旅に出てほんとにたくさんの人と出会いました。

    他人って自分をはかる

    ものさし

    みたいなところがあって、

    そのたびに、

    自分の大きさを知るわけです。



    そして旅は自由。

    誰に何を強制されることもない。

    どこに行くのも誰と会うかも

    すべては自分次第です。



    そう、

    自分次第。



    この言葉を言い聞かせて旅をしてきました。



    自分が心を開けば、

    相手も開いてくれる。

    相手が心を開いてくれないのは、

    自分が心を開いていないから。



    まずは、

    自分、とにかく自分から。



    自分が動けば必ず何かが起きる。

    そう信じています。



    僕は

    世界一周しても

    基本的に

    変わらなかったと思います。



    思うに、

    このくらいの年齢になると、

    旅をしても新しいものは見つからない。



    せいぜい、

    気付く

    だけなんじゃないかな。

    今までの自分がもっていたものの中から。



    ルンビニのお上人さんは僕に、

    「心の中に大切なものを見つけなさい」

    とおっしゃいました。



    たぶん、

    見つかったと思う。



    でも僕は弱いから、

    心の旅を続けます。





    最終回、

    ブログについて書きます。


    いつもありがとう!
    ↓ ↓ ↓ ↓

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-07-17 : 社説 : コメント : 5 : トラックバック : 0
    Pagetop

    【爽やか閲覧注意】

    こうなったらもう、

    白状するしかないようですね。



    もはやネタがないのであります。



    昨日、吉田の話を書いたというのは、

    ガチでそういうことだったのです。



    なので、今日は僕の秘蔵写真を公開しますので、

    それでご勘弁いただければと思いまする。



    昨日パソコン整理してたら出てきました。

    デスクトップのずっとずっと奥のほうに眠っていました。



    はじめに断っておきますが、

    恐ろしく甘酸っぱい写真です。

    きまぐれオレンジロードまっしぐら、BUBUKAもびっくりです。



    いきますよ!




    ほれ。









    28835matuzaki-PG






    社会人1~2年目のころの僕です。

    もはやキュートにも程があるというものです。

    我ながら爽やかな風が吹き抜ける牧場でフルートを吹いていても全然おかしくない。

    ちなみにこれ貼った履歴書は全戦全勝でした。




    で、今の僕はこれです。
    DSCN1842

    一体何があったんでしょうか?
    DSCN1844


    世界一周というものはこれほどまでに人を汚してしまうということもあるという、

    ひとつの報告でした。


    1位1ヶ月連続キープまであと1日!!!
    応援の1クリックお願いします!
    ↓ ↓ ↓ ↓

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    2012-06-22 : 社説 : コメント : 0 : トラックバック : 1
    Pagetop

    写真家の吉田

    DSCN0040

    今日はネタがないので、

    仕方なく

    吉田の話を書きます。

    約束しちゃったからね。


    吉田とは成都のゲストハウスsims and cozyで会いました。俺、フレッシュマン過ぎ。
    P8020800

    吉田は写真家でチベットの写真を撮りにシムズにきていました。

    一緒にいたのは、多分3日くらいだけど、

    業界が近いってこともあって妙に意気投合して、

    街にチャンネ―の写真撮りに行ったりしました。


    成都の街
    P8090878

    というか、このシムズって宿、俺の中では完璧でした。

    だだっ拾い洒落たバーがあって居心地良すぎで、

    2週間以上滞在してしまいました。

    ああ、沈没ってこういうことなんだ

    って教えてくれた宿でした。



    そして、ここで会ったメンバーほんとに最高。

    りょうくん
    P8040832

    一緒にチベット行ったミュージシャンのユースケ。みんなの前で歌ってるとこ。ブログはこちら
    P8030820

    同じくチベット行った南ア人のデビット&元スッチーの綺麗なおねえさん
    P8030809

    坂元さん。この旅で4回会ったからね。写真はアスンシオンで3回目の再会
    SAKAMOTO

    あ、ブラックジャック宮本さんの写真がないよー!!!

    宮本さん愛してます!


    みんなで毎晩のように中華食ったよねー
    P8010797

    みんな何らか今でも繋がってるもんね。

    でも、俺が今シムズに行ってもああいう出会いはないんだろうなー。

    俺が今出会える人とあの頃出会えた人って違うと思う。

    あの頃出会えた人とは今は出会えないだろうし、

    今出会える人とはあの頃出会えなかったんだろうな。



    あーそうそう、吉田。


    バンコクの牛野家にて
    DSCN0094

    吉田とはぶっちゃけ一回だけ、

    シムズのロビーで話しただけだったんだ。



    でも、朝方まで話し込んで、

    お互い業界で頑張ろうみたいな

    青臭いこと誓い合った。



    そっから、10ヵ月ぶりにバンコクで再会。

    でも、こいつとは一回話しただけだったし、正直心配な部分もあった。

    なんせ10ヵ月ぶりだったからね。



    でもそんなん気にしたのが馬鹿だって思うくらいに、

    また語り倒したよね。



    再会って旅のひとつの醍醐味やんね。

    お互い偶然出会って、いつかは別の道歩いて、また再会して。

    その度に絆みたいなもんが強くなっていく。



    あ、吉田は今バングラディッシュで撮影してるから、

    応援してあげて!

    HPはこちら



    1ヶ月連続1位キープまであと1日!!!
    応援の1クリックお願いします!
    ↓ ↓ ↓ ↓

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-06-21 : 社説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    世界一周のレッテル

    DSCN2677


    ベトナムに入ってから夜行バスで移動することが多いんですが、

    もう、絶望的に寝れないんですね。



    バスはスリーピングで割と快適なんですが、

    実は僕、今、みごとに夜更かしさんで、

    まさかの寝るの4時とかです。



    だから夜通し外の景色見ながら考える訳です。

    僕なんかはおもに女子アナの社会的役割について考察したりするんですけど、

    やっぱ帰ってからのこととか考えますよね。



    でもね、これが結構ポジティブだったりするんです。



    僕は帰ったら独立したいんで、

    とりま、あそこから仕事取ってこれるかなーとか。

    自ら創りださんと続かんなーとか。

    あの人とこういうことが出来たらおもろいなーとか。

    あと社名考えてニヤニヤしたり。



    まぁ不安な部分はもちろんありますけどね。

    世界一周とか長期旅行すると再就職不利とか社会復帰しづらいとか言われたりしますけど、

    どうなんすかね。


    DSCN2568

    確かに一般企業に再就職するなら、

    履歴書に1年なり2年のブランクがあるのは痛いというか、目立つ。

    それを見た面接官は「あれっ、松崎さん?」ってなる訳です。

    「この期間何してましたか」と。



    世界一周と答えると相手は最初は興味を示して聞いてきます。

    「すごいですねー!」とか言いながら。

    でも奴らは突然牙を向いてきます。



    「で、世界一周で何を得ましたか?」



    「それを活かして弊社でどのように活躍できますか」

    とか聞いてくるアホな会社もあるかもしれない。

    だって僕は仕事に役立てるためだけに旅してる訳じゃない。



    想像するとちょっと気が滅入りますね。



    で、思うんですけど、独立するにしても就職するにしても、

    まず僕が世界一周したという事実から

    自由にならないといけないんじゃないかなと。

    会社なり世間は僕に「世界一周した人間」というレッテルを貼るかもしれません。

    じゃ、「世界一周した人間」って何って話ですよ?

    ボロ衣巻いて髭ボーボーで毎日虫がうごめく宿で裸で寝てそれでもケロッとして次の街いくぞオラァァァ!

    って感じのむちゃくちゃバイタリティーある人間ですか?

    確かに僕は髭が高橋がなり的にボーボーですけど、

    宿に虫が出たら速攻で撤収しますし、ショックで次の日寝込んじゃうようなガラスの少年ですからね。



    そのままでいいと思うんですよね。

    世界一周してきた自分じゃなくて、その時(日本に帰った時)の自分でいいと思うんです。

    大事なのはその時、自分が何を考えて、これから何をやろうとしているのか。

    もし世界一周が顔を出すなら、

    一緒にいる人があーなんかこの人いいなぁとか感じさせるような、

    にじみ出てくるパターンがいいなぁ。




    それでも、全て相手があることだし、今の日本では思うようにいかないかもしれないけど、

    少なくとも僕の側はそうありたいなって思います。



    1ヶ月連続1位キープまであと2日!!!
    応援の1クリックお願いします!
    ↓ ↓ ↓ ↓

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    2012-06-20 : 社説 : コメント : 0 : トラックバック : 1
    Pagetop

    宿の部屋に変な生き物いるし…

    ドクン……ドクン……ドクン……
    1

    みゃぁぁぁー
    2

    どどーん
    3

    ピキッ…
    4

    ピキピキッ…
    5

    ザザザ…
    6

    ぱぁ
    7

    ズルッ
    8

    ズルズルッ
    9

    締め切り……明日…原稿…やらなきゃだ……
    10

    世界一周に出ると、

    こんな遊びもできるんだよ!

    えへへ!


    こんな僕でも1位連続キープ記録更新中!!!
    応援の1クリックお願いします!
    ↓ ↓ ↓ ↓

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-06-17 : 社説 : コメント : 0 : トラックバック : 1
    Pagetop

    僕の旅を変えた言葉

    P9100214-1


    僕ってわりと哲学的なことを、

    激しく

    ブログに書いたりしますよね。



    じゃ、なんでそういうことを書くようになったのかというお話。



    それはあるお方からもらったある言葉をがきっかけなのです。

    冗談じゃなく、

    あれから僕の旅が変わったと思います。


    P9070553-1

    出発から2ヵ月たった去年の9月中旬、僕はネパールのルンビニという街にいました。

    ブッダ生誕の地であり、仏教の聖地であるルンビニは

    世界各国のお寺が集まっているちょっと変わった雰囲気の街。



    そこにはもちろん日本のお寺もあって、なんと泊まり込みの修行体験ができるんです。

    修行体験の様子をつづった記事は以下。

    ※以下記事を読んでから以降読み進めるとより理解が深まると思います。

    ネパールで出家してみた
    ネパールで出家してみた 2

    P9080015-1

    そこで、お上人さんと会いました。

    今でこそ世界各地に20箇所ほどある妙法寺にあって、

    お上人さんはかなり偉い人で、主にアフリカに妙法寺を開拓した人だそうです。



    ちなみに妙法寺に行ったからといって、

    教えを強要されることは全くありません。

    彼らが願うのはただひとつ、

    「世界平和」

    です。


    P9080024-1

    で、そのお上人さんが、3回のご飯のあと、僕ら(旅行者や他の僧)にお話をしてくれるのです。

    「ちょっとだけ話そうね」

    と言ってね。



    お上人さんのすごさに気付き始めた僕は食事のたびにいろいろ質問しようとする訳です。

    でもね、

    質問する必要ないの。

    だってお上人さんが一方的にみんなに話していることが、

    僕が聞きたい質問の答えになってるの。



    こんな人がいるのかと思いました。


    P9090173-1

    でね、

    お上人さんが言うのです。

    使った食器の汚れを、お茶で溶かして、それをすすりながらね。



    「僕らはね、結婚もしないし、食べたいものも食べれないし、遊ぶこともできない。

    貧乏な生活をしてるんだけどね、全然つらくないの」



    だってね……



    「夢があるからね」




    80歳を超えた人が、

    「夢」という言葉を使ったことに衝撃だったし、

    そのキラキラした目と、無邪気な表情が忘れられません。



    お上人さんの夢は世界平和なんだって。


    P9090049-1


    お上人さんは続けます。


    「お金とか、名誉とか、モノというものは他人に取られてしまうことがあるよね」

    「だからね、心の中に、自分が本当に好き、楽しいといえるようなものを見つけるんだよ」

    「キミが心の中に見つけたものはキミだけのものだからね」




    なんかね、

    今思い出しても

    涙出そうになる。



    あったかくて、愛に満ちた言葉。



    それから、

    世界のどこにいても、

    その言葉が僕のそばにありました。


    応援の1クリックお願いします!
    クリックした時点でポイントが入る仕組みになっています。
    ↓ ↓ ↓ ↓

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-06-16 : 社説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    ホーチミンの遊び方

    DSCN1883


    今日もベッドの上から失礼しまする。

    我ながら薄汚いですね。

    尊師まっしぐらです。
    images

    それにしても、

    最近乳首出し過ぎですね僕。



    まさか…

    だからクリックが少なくなっているのですか。

    そうならそうと言ってくださいよ!

    いくら恋人同士でも言わないとわからないこともある

    って保険体育の授業で習いましたよね?


    いやー、ホーチミン
    DSCN2128

    結局1週間いましたね。健全な旅人なら最悪3日で出て行く街ですね。
    DSCN1815

    ベトナム、すごい発展してるよ。
    DSCN2289

    カンボジアとはまるで別世界
    DSCN2301

    で、この1週間、またひきこもっていた

    と見せかけて、

    観光しまくりですからね。


    べトコンの隠れ蓑になったクチトンネル
    DSCN1710

    戦争博物館
    DSCN2193

    メコン河
    DSCN2035

    一週間いてそれだけ?

    とか言わないでください。

    自分でも愕然としてるんですから。



    違うんです。

    こればっか眺めてたんです。


    バイクメーン!!!
    DSCN2144

    DSCN2140

    DSCN2134

    DSCN2154

    DSCN2230

    DSCN2236

    DSCN2275

    DSCN2283

    冷蔵庫運んでる
    DSCN2556

    どうすか?

    ゾクゾクしちゃいますね!


    また僕だけですか?

    DSCN0888

    最後に連載の告知です。

    『戦場の世界遺産、プリア・ヴィヘア遺跡に行ってきた』

    記事はこちら


    カンボジアでプリアヴィヘアに行ったときのことを書きました。

    わりとまじめに書いてるんで

    存分にお口直ししちゃってください!


    恋する咲ちゃんの猛追を受けています…。
    応援の1クリックお願いします!
    ↓ ↓ ↓ ↓

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-06-14 : 社説 : コメント : 0 : トラックバック : 1
    Pagetop

    クルクル詐欺

    hamadajuku-gaikan


    オレオレ詐欺が認知されて久しい昨今だが、アメリカはロサンゼルスにある日本人宿「浜田塾」で「クルクル詐欺」なるものが横行しており、被害者が続出しているという。

    ロスにある知る人ぞ知る日本人宿「浜田塾」(上記写真)。ロス最古の日本食レストランを譲り受けた形で誕生したこのホステルの名物オーナーが浜田氏である。


    imgres.jpg

    タレコミによると「見た目、声、喋り方、雰囲気などが藤岡弘にそっくり」だというこの浜田氏が男性客を欺いているのではないかとの疑惑が浮上している。

    犯行の手口はこうだ。



    宿が混雑していない時、浜田氏は男性客にこう言う。



    「数日後に若くてかわいい女性が宿泊する予定だ」



    しかし、「若くてかわいい女性」が来たためしはなく、男性客が指摘すると

    「あれ~?あの女の子来なかったなぁ」

    などとトボけてしまうのだそうだ。



    「ひどく失望しました。出会いの少ないバックパッカ―の心を弄ぶ行為だ」(被害者談)


    浜田宿の室内
    hamadajuku-situnai

    併設の日本食レストラン
    otomisan-tennai

    そこには確かに女性を餌に延泊させようという浜田氏の魂胆が見え隠れしており、新手の詐欺、名付けて「クルクル詐欺」といえよう。

    とはいえ、「基本的には気さくで明るくて親切。浜田宿が満員の時には自宅に無料で泊めてあげることもある」という浜田氏の浜田宿に泊まり、「クルクル詐欺」に付き合ってあげるのも一興かもしれない。


    かにゃーおの世界一周自転車漫遊記のかにゃーおさんからのタレコミ)


    応援の1クリックお願いします!
    クリックした時点でポイントが入る仕組みになっています。
    ↓ ↓ ↓ ↓

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外ニュース
    ジャンル : ニュース

    2012-06-02 : 社説 : コメント : 0 : トラックバック : 1
    Pagetop

    旅人にできること

    DSCN0977

    今日は遠出して遺跡に行ってきたんですが、その話はちょっと置いといて。



    どこでも観光地に行けば売り子がいる訳です。

    そこでは子供こそが主戦力。

    彼らはいつもお土産を手にあいくるしい表情で迫ってきました。



    今日行った遺跡ではこんな光景が繰り広げられました。

    日本人旅人に群がる子供
    DSCN0980


    「コレ イチドル カウ」

    「ミッツ デ ゴドル」

    「オニイサン ビール イッテンゴドル レーテンゴドル プロフィット」

    もう、ひたすらこの繰り返しです。



    こういう時いつも思うのが、

    この子たち、

    どんな大人になっちゃうんだろうなということ。



    子供たちは断ると本当に悲しそうな顔をします。

    このくらいの子からしたら、人格否定されてるような気さえするんやろうな。

    それがどんどん積もっていったら…。


    だって、売り子の子供って笑顔ないもんね
    DSCN0978


    でもそれがこどもたちの現実で、キレイごとじゃないから、俺らはただの旅人で通過するだけの人だから何も変えられないじゃなくて、何かを変えるために考えることだけはできると思っています。


    応援の1クリックお願いします!
    クリックした時点でポイントが入る仕組みになっています。
    ↓ ↓ ↓ ↓

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-06-01 : 社説 : コメント : 0 : トラックバック : 1
    Pagetop

    ザグレブでBOYS BE…

    DSCN9240

    今日は移動の日。

    結局5日滞在することになったブタペストのアンダンテホステル
    DSCN9206

    日本人宿には珍しく、きちんとした大人が集まってお互い干渉しすぎることもなく、かといって適度な心遣いが心地よいこのホテルを「冷静と情熱のアンダンテホステル」と僕は名付けたい。

    ありがとう。



    次の目的地はクロアチアのザグレブ。


    電車で6時間半
    DSCN9208

    ザグレブに到着
    DSCN9216

    ザグレブ駅前。街はきれいだけど活気がない
    DSCN9218

    予約しておいたホステルへ。

    なんか畳敷いてあるし!
    DSCN9255

    実は日本人が経営してるみたい。



    そして

    宿を探検していたら、

    とうとう見つけました。


    本棚見ていたら……
    DSCN9254

    こ、これはっ
    DSCN9252

    まさかのBOYS BE…
    DSCN9239

    蘇りし
    DSCN9241

    我が
    DSCN9247

    青春
    DSCN9248

    うぉぉぉぉ
    DSCN9245

    日本人宿にマンガが置いてあるのは定石なんですが、

    今まだかつてさすがにBOYS BE…はなかった。

    だって、旅とBOYS BE…って全くもって関係ないからね!

    それがまさかザグレブで。



    BOYS BE…

    中高男子校の僕にとってそれは青春だったといっても過言ではありません。

    6年に及ぶ過酷な放置プレイもBOYS BE…があったから乗り越えられました。

    BOYS BE…それは僕らの希望でした。

    DSCN9240

    明日は宿に籠ります。

    忘れ物を探してきます。




    ブログランキングに参加しています。
    記事を読んで面白いと思ったら、応援の1クリックお願いします!
    ↓ ↓ ↓ ↓

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-05-10 : 社説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    ビョーテフルデイ

    P5030203

    前編はこちら


    朝公園で起きたらこの男が立ってました。

    引くくらい満面の笑みでね。


    何やこのおっさん?


    「チャイナ?ジャパン?」
    P5030122

    話してみるけど、おっちゃん、英語ほとんど出来ない。

    でも、宿に連れてってくれるって言うから、ついて行くことにする。

    悪い人やなさそうやし。


    隣のベンチに座ってたおっさんも実は友達だったという…おっちゃん何者?
    P5030074

    「俺の名前はね、ジョセフ」


    ついてきな!
    P5030075

    「スープ食うか?」と何故かスープを食うことに。意外にも割り勘やった。
    P5030078

    スープを飲む俺をじっと見つめて言う。

    「ビョーティフル?」

    ああ、ビューティフルね。


    いきなり立ち止まって解説し始めるジョセフ。
    P5030138

    ジョセフは言いました。

    「街を案内してあげる」

    まー1人で回ってもアレやし…

    OKすることに。


    とりあえず宿へ。wifiないし、雰囲気悪いし、完全にスロバキア人向けの安宿。
    P5030085

    でも他にアテないし、チェックイン。


    街に出たら早速解説開始。といっても英語の単語を並べる感じ
    P5030136

    でもね、一生懸命なの。


    コシツェ、きれいな街やねー
    P5030114

    ほんとね、色々なところに行ったよ。


    教会へ
    P5030061
    P5030094
    P5030095

    別の教会のステンドグラス
    P5030126

    また別の教会へ
    P5030135

    ミサの最中やった
    P5030142
    P5030144

    美術館にて二人で
    P5030183

    ジョセフ、普通に道行く人に声かけるからね。

    「英語喋れるか?」

    って。

    自分が英語喋れないのわかってる。


    何故かスーパーにきた
    P5030188

    チェコスロバキア(時代からの)版コーラ。koflaを購入。ジンジャーコーラって感じ。
    P5030195

    なんかこのポール、ジョセフの父ちゃんが作ったらしい
    P5030124

    一緒に本屋へ。頼んでないのに店員に「日本語の本ないか?」と聞いてくれるジョゼフ
    P5030199

    本を開いてスロバキアの名所を説明し出す
    P5030109

    飯食うことに。

    ビルの中に入っていく。会社の食堂っぽい。
    P5030148

    蒸しパンと肉の煮込み。野菜の味がすごくした。1ユーロって安すぎ!
    P5030152

    でまた俺に聞く。

    ビョーティフル?


    なんか友達が現れた
    P5030161

    いきなり立ち止まって像を見上げる、ジョゼフ。
    P5030174

    「ヤポンスキー!」(日本人)

    見ると、なんと宗兄弟の猛の名前!
    P5030175

    あれはイタリアの銀行なんだって。ジョセフなんでも知ってる。
    P5030167

    水くみ出す
    P5030102

    手あたり次第店に入ってなんか交渉してる
    P5030209

    何ならジョセフあの奥のお姉さん連れだそうとしてたからね。俺のために。
    P5030086

    雨が降ってきたのでアイス食うことに。
    P5030203

    ジョセフオススメのレモンアイス。

    半端なくうまいし。

    でね、目があったらジョセフが、



    「ビョーティフルデイ?」



    って。

    めっちゃ無邪気な笑顔でね。


    1クリックしてくれたら、1位になれそうな感じです!
    ↓ ↓ ↓ ↓

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-05-06 : 社説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    日本に帰ったらどーするんですか?

    P7150006-1
    くどいけど出発の朝の空



    「日本に帰ったらどーするんですか?」



    って聞かれることってたまにあるんですよね。

    そういう時、

    僕は可愛い顔してそんなデリケートなことを無邪気に聞いてくる悪いコちゃんには、

    鼻歌まじりに

    こう言ってやります。



    「帰ったら?そんなのわかんないよ。明日は明日の風が吹く。なんとかなるでしょ」



    というのは、全面的に

    嘘です。



    ぶっちゃけ考えてますよ。

    ああ、考えてますとも!

    何といってもあと2ヵ月半やからね。



    みんな考えてるんちゃうかな。

    だって、旅ってどこまでいっても日常の延長やん。

    夢壊すようなこと言うけど、俺はそう。



    だってね、旅してるの俺やから。

    日本にいたのも俺。

    旅してるのも間違いなく俺。



    俺はね、世界に出たら何かが変わると思って旅に出たけど、何も変わらなかったよ。

    俺がいただけ。

    むしろね、どうしようもないくらいの俺がいた。



    アウシュヴッツの帰りにヨーコちゃんと話してて気付いてんけど、

    旅の中で感じてたマンネリね、

    俺が仕事で感じたマンネリとメカニズムとほぼ一緒やんね。

    歴史は繰り返されるじゃないけどね。



    だからね、俺は旅終えたあとのこと考えて旅してる。

    何でかって?

    だって、この旅で変わらないと帰っても同じこと繰り返すもん。

    「日本に帰ったら新しいスタートが切れる」

    なんて間違っても思ってない。



    どんどん1人でアツくなってるけど、

    別に思い詰めたりしてないからね。

    むしろね、GOGOバーで有終の美を飾るのを夢見てテンションだだ上がりダヨ!!!



    まー最初っからそうやったね。

    最初っから終わりを見据えて旅してきた。

    そういう意味で着陸体制に入ったよ俺は。



    だからね、俺は残りの旅、思いっきりやってやるんだ。



    今日の世界新聞のランキングは……

    2位(←)

    ブログランキングに参加しています。
    記事を読んで面白いと思ったら、応援の1クリックお願いします!
    ↓ ↓ ↓ ↓

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-05-02 : 社説 : コメント : 4 : トラックバック : 0
    Pagetop

    パタゴニアマークのフィツロイの実物がスゴい

    DSC05122
    3475146862_29e9b5b108

    ブランド・パタゴニアのマークがアルゼンチンのフィッツロイ山をモチーフにしているのは有名な話だが、実物はもっと存在感があってカッコいいことが本紙の取材でわかった。

    フィツロイがよく見えるという展望台へいざトレッキング。片道4時間の道のり
    DSCN4494

    天気悪っ
    DSCN4507

    きつつきさん
    DSCN4522

    お馬さんがいました
    DSCN4515

    来ないでぇぇ!
    DSCN4519

    気を取り直して行きます
    DSCN4607

    ただの雪かと思いきや…
    DSCN4564

    氷河ぢゃん!!!
    DSCN4555
    DSCN4566

    小川があったので
    DSCN4619

    無駄に手を突っ込んでみる(※1人です)
    DSCN4625

    虹が
    DSCN4588

    いい紅葉してます
    DSCN4659

    3時間経過。展望台への急坂が始まる
    DSCN4635

    乳酸がいくらあっても足りないレベル
    DSCN4655

    雨風が強くなってきてズブズブ
    DSCN4672

    頂上に到着
    DSCN4662

    あ、
    DSCN4664

    すごいロケーション。でも……
    DSCN4690

    見えましぇん
    DSCN4691

    氷河のほうから
    DSCN4698

    ものすごい勢いで風が吹きつけてきたので、避難
    DSCN4686


    このまま終わったらブログが炎上しかねないと判断し、YOHEI特派員が撮った素晴らしき写真たちを掲載する。

    photo by YOHEI
    DSC05122

    DSC05138

    夜明け前にたたずむ
    DSC05063

    朝焼けで赤く
    DSC05081
    DSC05151

    鏡面
    DSC05110

    [南米支局 2012年3月30日 13:00]


    今日の世界新聞のランキングは……

    10位(↓)

    人気ブログランキングに参加しています。
    ランキングが上がれば、
    世界新聞の記事をたくさんの人に読んでもらうことが出来ます。
    記事を読んで面白いと思ったら、応援の1クリックお願いします!
    ↓ ↓ ↓ ↓

    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    tag : フィッツロイ

    2012-03-30 : 社説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    イグアスでも脱いだらスゴいんです 【今日のデスク】

    P3091491
    イグアスの滝にランニングで行ったら、この有様。というか脱いだらスゴいんです

    皆さまこんにちは。噂のデスクです。

    読者の方から「デスクは普段どんな生活をしているの?」というプライバシー侵害も甚だしい質問メールが2通くらい届いたので、このコーナーで定期的に発信していきたいと思うに至った訳です。

    結論から言うと、イグアスのアルゼンチン側の街・プエルトイグアスにいます。今日は滝にも行かず、ひきこもって原稿を書いていました。

    奮発して2000円の宿にいます
    P3091506

    片方のベッドはこんな状態。A型です
    P3091507

    入ってすぐのところに、謎の押し入れがあります
    P3091508

    残念ながら座敷わらしはいません
    P3091509

    シャワーとトイレの距離感が冷静と情熱の間くらいに近い
    P3091493

    今日の夜飯はピザパンです。イグアスは物価が高いので絶望的にパンばかり食べています
    P3091503

    ひとつ相談があります。

    このコーナー、アリなんでしょうか。

    明日はイグアスを出てブエノスに向います。


    今日の世界新聞のランキングは……

    9位(←)

    1日1クリックしてデスクを帰国させてあげよう
    ↓ ↓ ↓ ↓

    人気ブログランキングへ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-03-10 : 社説 : コメント : 2 : トラックバック : 0
    Pagetop

    仕事は「それなり」でいいの価値観 【一周手帳】

    DSCN2791

    どうもデスクです。いい加減、わが社も「社説」らしきものを書いていこうということで「一周手帳」の第1回です。

    ***

    中米、南米を旅してきてずっと感じてきたこと。ここでは「働く」ことの価値観が日本とはまるで違う。

    ボリビアのウユニの街でこんなことがあった。街はカーニバルの最中で、レストランが軒並み閉まっていた。やっとの思いで開いているレストランを見つけるも、店内は同じ境遇のツーリストでいっぱい。僕らがテーブルに着くやいなや、オーナーは言い放った。「もう、ウチは終わりだ。よそへ行ってくれ」。店にどんどんツーリストが押し寄せる中で、である。まだ19時かそこらの時間。オーナーは自ら客の波を断ち切ったのである。

    DSCN2465
    路上ハンバーガー屋

    彼らにとって仕事はほどほどでいいのだ。必要以上に儲ける必要はない。ここ南米ではアジアのような激しい「客引き」にさらされることは少ない。

    DSCN2498
    ボリビア・ラパスの靴みがき

    質に関してもそう。日本では仕事は無条件に「ちゃんと」しなければいけないもの。こっちの人は「それなりに」やっておけばいいくらいに考えているフシがある。日本人は海外に出てサービスにカルチャーショックを受けがちだが、そりゃそうだろう。考え方から違うんだもん。

    そもそも、彼らの中では仕事の優先順位が驚くほど低い。普段、現地人をマネジメントしているボリビア・ラパスの日本食レストランの店長は語る。「彼らにとって仕事はだいぶ下ですよ。僕らが考えるよりずっと下。とりあえず一番はパーティ。家族、恋愛、その次くらい、いやもっと下なんじゃないかな」。仕事よりも大事なものがここにはたくさんあるらしい。

    DSCN2929
    ボリビア・オルロのカーニバルで

    そんな訳で正反対の2つの価値観が存在する。どっちが正しいとか言うつもりはあまりないけど、とりあえずカーニバルで見た彼女の笑顔はすごく輝いていたなぁ。



    目標は海外ニュース1位。
    本日…8位(←)

    1日1クリックの応援よろしくお願いします!
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-03-03 : 社説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    「HOLA」の話 【日々是世界一周】

    DSCN6926.jpg

    引き続きホンジュラスはテグシガルパです。今日は泣きたくなるくらいとりとめのないことを書いてみようと思います。テグシ(略すとジャニーズの手越クンみたくなるな)では写真をたくさんアップできる状態じゃないし。

    この旅に出てからひとつ気付いたことがあります。それは自分が動けば何かが変わるということ。すごく当たり前のことなんですが、日本にいるときは気付いているようで気付いていなかったなぁと。

    旅はどうしようもなく移動の連続です。動けば、違う街に着く、新しい出会いが待っている。そんなことを繰り返すうちに気付いたのかもしれません(でも、よく考えてみるとこれって結構すごいことで、もう、この一点に旅の価値があると思ったりもします)。

    DSCN3058

    日常に落とし込んでみると、自分が動くっていうのは自分から心を開くということだったりします。人と目があって、自分から「HOLA(スペイン語で「やあ!」)」と言ってみる。それをきっかけに友達になった人がたくさんいます。

    どっちが先に動くかじゃないと思うんです。重要なのはそこじゃない。じゃ、自分から動けばいい。

    まぁでもこの「自分から」がなかなかできないんですけどね。精進ですな。


    現在、9位。8位の壁が高いっす…
    下ランキングバナーを1クリックして応援よろしくです。


    人気ブログランキングへ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-01-16 : 社説 : コメント : 1 : トラックバック : 0
    Pagetop

    【世界25大がっかり】 アンティグアの裸婦像

    #SCN7485

    グァテマラの古都・アンティグアにきて5日が過ぎました。ペンション田代という日本人宿に泊まっています。グァテマラはリアルタイムで強盗に遭ったという旅人がいたりと、かなり物騒な話を聞く(メキシコより断然)んですが、のんびりした落ち着いた街ですアンティグア。

    洒落た街並み
    #SCN7557
    #SCN7572
    #SCN7601

    街中に突然廃墟が出現するのがアンティグア
    #SCN7481
    #SCN7583

    マーケット
    #SCN7513

    限りなく富士山ぽい山。日本人としてはテンションが上がります
    #SCN7472

    古都というだけあって、風情のある街並みです。ただ、メキシコから嫌というほど、コロニアル都市を見てきたのでかなり食傷気味な訳です僕としては。だいたい、古都っていうのは決まって毒がない。僕が求めているのはコロニアルじゃなくて毒!

    という訳で、何か毒はないかと日々探しているのです。

    そしてある日…。

    宿にある手製の観光地図をながめていると。ん……?
    DSCN7940

    裸婦像とな?しかもおっぱいから水!これぞ探し求めていた毒!行くしかないでしょう!
    DSCN7939

    中央公園にあるみたいです。噴水らしきものがあるので行ってみます。

    まさか……
    #SCN7497

    まさかのまさか……
    #SCN7492

    コレでした
    #SCN7484

    奥にまだ2体います
    #SCN7493

    当ブログはこのアンティグアの裸婦像を世界25大がっかりくらいに認定します。地図作った人、あのトリミングは反則ですよ…。


    今日のゴハン☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

    エビの黒酢カクテル(550円)
    DSCN7936

    珍しく洒落た屋台で売ってました
    DSCN7929

    洒落たパッケージ
    DSCN7935

    エビがたっぷり
    DSCN7943

    なんといっても高い(宿一泊分)!先に値段聞いておかなかったのでしぶしぶ購入。しかも、味はいまいち。黒酢ですっぱいだけ。見事にハズれました……。


    現在、9位。8位の壁が高いっす…
    下ランキングバナーを1クリックして応援よろしくです。


    人気ブログランキングへ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-01-09 : 社説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    グアテマラに衝撃的な姿の神様がいるというので会いに行ってきた

    42

    グアテマラの密教の神・サンシモン。きらびやかなネオンに照らされ、ネクタイを締め、サングラスにタバコをふかすその姿はまさに衝撃的。民間信仰とカトリックが融合して生まれたというサンシモンに会い行ってきた。


    今週のGIGAZINE連載です。

    この神様だけはほんと衝撃でした。衝撃的すぎていつもより詳細にレポートしています。動画もありますよ!

    相当アングラな雰囲気
    37

    サンシモンの標識
    34

    祭段
    48

    お祈りに参加しました
    39

    たばこをくわえるサンシモン
    23


    『グアテマラに衝撃的な姿の神様がいるというので会いに行ってきた』

    みんな読んでな~。



    現在、9位。8位の壁が高いっす…
    下ランキングバナーを1クリックして応援よろしくです。


    人気ブログランキングへ

    テーマ : 海外ニュース
    ジャンル : ニュース

    2012-01-08 : 社説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    グァテマラの混浴露天風呂にいってきた

    P1040002


    今いるケツアルテナンゴのから行ける「フエンテスへオロヒナス」っていう露天風呂があるってんで、「ほう。どんなもんなだ」ってことで、急いで行ってきました。

    グァテマラのケツアル周辺は火山が結構あって、まさかの温泉大国らしいです。

    街中にも「公衆浴場」なるものがあるのだ。


    いざ、宿を出発!
    DSCN6832

    バスで温泉のふもとの村までいきます
    DSCN6833

    あんちゃんが運賃を回収しにきた
    DSCN6837

    窓からパシャリ
    DSCN6851

    バスに揺られること30分、ふもとの街に着きました
    DSCN6861

    みんな民族衣装きてる
    DSCN6871

    川で洗濯
    DSCN6865

    山の上にある露天風呂まではクルマで。荷台に乗る感じですか(1人約250円)
    DSCN7081

    いざ!
    DSCN7086

    山道をゆく
    DSCN7102

    斜面に畑が広がる。グァテは6割農業従事者らしい
    DSCN7109

    30分走ると山頂に施設らしきものが
    DSCN7125

    入場料約500円
    DSCN7124

    バンガローもあって内風呂があるらしいが、一泊約1600円と聞いて断念
    P1040019

    ついに…
    DSCN7127

    きれいなグリーン。第一の湯
    DSCN7131

    第二の湯
    DSCN7134

    第三の湯
    DSCN7137

    3つの湯があるんですけど、何故か一番デカイ第一の湯には誰も入ってない。

    とりあえず、更衣室で海パン装着
    DSCN7144

    まずは、第一の湯から…

    あぢぃ。50度はあるぞ。だからみんな入ってなかったのか!
    DSCN7150

    あきらめて、第二の湯へ。
    DSCN7149

    おお、適温。ぬくぬく~
    DSCN7172

    うぉおおおおおおおおおおおお
    DSCN7155

    チ―ン
    DSCN7186

    ロケーションも抜群
    DSCN7202

    隣の第三の湯は浅いから、女子供湯なのね
    DSCN7216

    わぉ
    DSCN7146

    お、かわいい娘
    DSCN7211

    ちょ、おばちゃん!
    DSCN7196

    それにしてもグァテ人、全然なってない!

    グァテ人にとっては温水プールなのね
    DSCN7217

    服で入っちゃダメ
    DSCN7176

    ビートバン使うなって
    DSCN7229

    またお前!
    DSCN7241

    でも、みんな楽しんでる
    DSCN7180
    DSCN7214
    DSCN7227

    動画もあるよ~



    まーいいお湯でしたこと。


    今日のゴハン☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

    あらびきソーセージ@温泉のレストラン(約350円)
    P1040013

    トルティーヤで挟んで、サルサかけて、ネギ入れて…。うんまい。
    P1040015



    下ランキングバナーを1クリックして応援よろしくです。

    クリックが増えれば増えるほど「ネタ探しに行こう」と思える単純な僕です。


    人気ブログランキングへ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-01-04 : 社説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    メキシコの奥地にある代官山クオリティーのカフェにいってみた

    PC290047


    メキシコ南部にサンクリストバルラスカサスという長ったらしいわりとマイナーな街があります。そんな辺鄙な街に日本人が経営するという、隠れ家カフェがあるというので行ってきました。街にカサカサという有名な日本人宿があって、その系列のカフェらしいです。

    街はこんな感じ
    PC290038

    すごく落ち着いたこじんまりとした街
    PC290116

    スカイブルーのラブリーな教会
    PC290018

    先住民のおばちゃん。たくさんの人が周辺の村から行商にやってくる
    PC290007

    広場でやってた先住民のパフォーマンス
    PC290165

    街のはずれにほんと隠れ家みたいな雰囲気で佇んでた
    PC290051

    道草カフェ
    PC290050
    PC290052

    隠れ家的。店は旅人たちの手作りらしい
    PC290064
    PC290075

    服も売ってる
    PC290077
    PC290063
    PC290062
    PC290067

    お茶も売ってた
    PC290071

    スタッフのみんな。右の娘はアメリカ人
    PC290110


    ふだんは日本人の夫婦がやっているらしい。旅行中の彼らのかわりに日本人宿に泊まっている彼らが店番をしてました。

    旅人が書いた絵
    PC290058

    中庭から。のんびーり落ち着く
    PC290102
    PC290103
    PC290104

    馬がいる!
    PC290087

    メニュー
    PC290055
    PC290056

    PC290088


    メニューは料理が好きな旅人が持ち寄って決めてるみたいらしいです。もちろん調理も旅人。

    今日のランチ。40ペソ(約200円)。基本的にマクロビらしい。代官山だったら1200円はするぞ!
    PC290089

    豆腐のハンバーグ。味噌が利いてて香ばしい。うまい。
    PC290090

    PC290095

    ミネストローネ。麦の風味が利いてて絶品。
    PC290097

    バジルのペンネ
    PC290091

    豆のマリネ
    PC290094

    きなこケーキ。もちもち
    PC290099

    PC290068

    チャイ(約100円)
    PC290108

    ヘルシーで非常においしくいただきました。こんな洒落たカフェが、メキシコの辺鄙な街にあるとは…。世界は広いですな。


    外部のランキングサイトに参加してます。
    下記ランキングバナーをクリックすると当ブログにポイントが入ります。

    クリックが増えると「またネタ探しに行こう」と思える単純な僕です。


    人気ブログランキングへ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2011-12-30 : 社説 : コメント : 1 : トラックバック : 0
    Pagetop

    【記事削除覚悟】 ラスベガスのエロエロBOXを開けてみた 

    DSCN0961


    ラスベガスにいます。ラスベガス一発目のネタがコレというのもいかがなものか。そもそもコレ削除されないだろうか。

    まぁ削除されたらその時ですね!


    ところで。ラスベガスの通りにはところどころにこういうのが設置されています。ポスト?にしては数が多い。


    DSCN0654

    ここにも
    DSCN0704

    ふつうにメイン通りにも設置してある
    DSCN0718

    近づいてみます。ピンときました。周りを気にしながら、恐る恐る開けてみます。
    DSCN0864

    宝物が!!!
    DSCN0652


    そうです!風俗(コールガール)の情報誌です。こんなエロエロBOXがいたるところにある。べガスはそっちも盛んなのです。

    いくつか持って帰ります。


    DSCN0981

    DSCN0967

    アジアンは人気あるようで。ひとつのカテゴリーとして成立してた
    DSCN0983

    中はこんな感じ
    DSCN0974

    電話番号がのってる。直電みたいです。べガスでは直電載せるのがスタンダード。
    DSCN0968

    DSCN0962


    では、この中から気になったものをピックアップしてみます!


    二人組。モザイクいるか?
    DSCN0977

    レズもある。この本女みるんか?
    DSCN0969

    いやいや…
    DSCN0976

    あたしはアイロンよりいい仕事する?どんなアピール?
    DSCN0960

    ケツ!
    DSCN0978

    アジアンは圧倒的に中国人が多い。フィリピン人、まれに日本人と思われる名前も
    DSCN0986

    マブい①
    DSCN0988

    マブい②
    DSCN0985

    マブい③
    DSCN0982

    うおおおおおおおおおおおお
    DSCN0987


    ちなみに、ボックスの中にはこんなモノも入ってました。


    DSCN0955


    このブロマイド、白昼堂々、街中でも配ってました。


    こいつが配ってた。女も「girl!」とか言いながらくばっててびびった
    DSCN0720


    それでは最後にゲイ編いきます!コールガールの情報誌の中にいくつかゲイの紹介がありました。


    ゲイべガス!中身は普通の記事(べガスのグルメ情報など)で残念
    DSCN0958

    こわいって
    DSCN0973

    ケツにモザイク!
    DSCN0964


    呼びたいけど、お金がないので呼べません。でも、相場は50~70ドルくらい。

    意外に安い…。

    もし呼んだら、命がけでレポートしますね!!!


    「何やってんだお前、呼んでレポートしろや、ボケ」って思った人は下のバナーをクリック!!!

    人気ブログランキングへ


    テーマ : 海外ニュース
    ジャンル : ニュース

    2011-11-22 : 社説 : コメント : 3 : トラックバック : 0
    Pagetop

    アメリカへ片道航空券で入国する新たな裏技

    DSCN0085-1


    ロスアンゼルスに着きました。ちょっとスリルのある出入国でした。



    遡ること10時間前、僕は成田の搭乗口の前で飛行機を待っていました。

    ドキドキしてました。

    カウンターからお姉さんに呼び出されないかドキドキしていたのです。



    というのも、アメリカ片道航空券での入国ができないらしんです。

    これは困りました。


    僕の場合、往復航空券を購入する訳にはいかないんです。なんてったって帰国は来年の7月で、世界一周するわけですから。

    いろいろ調べたら、第三国(カナダ、メキシコ以外)へ出国する航空券があれば、セーフらしい。

    なので、空港に行く前、アメリカ→第三国へのチケットをネットで購入したんです。僕はアメリカから陸路でメキシコに抜けるんで、その第三国にはいかない。

    eチケットだけゲットしてそれで、出国&入国をスル―し、払い戻そうという魂胆です。


    しかし…

    購入した直後に払い戻しの方法を確認しようと航空会社に電話すると、お姉さんは言いました。

    「お客様のチケットはキャンセルできません」

    ただ、まだ支払いが通ってない今なら、キャンセルが可能だというので、速攻キャンセルしました。



    で…

    手元に残ったのは

    キャンセルする前のeチケット



    これは使える。

    世界一周を東周りで行く人にとって最初にぶちあたる壁なんです。アメリカ片道入国というのは。

    だから、コレで行けるかどうか、検証してみようと。



    そして成田空港。

    航空会社のカウンターでeチケットを搭乗券に換えてもらいます。

    若いお兄さんは言いました。

    「ご帰国はいつですか?」

    きたな。

    「あ、第三国に抜けます」

    キャンセル前のeチケットを見せます。eチケットを見てキーボードをたたくお兄さん。

    さすがに、焦りました。端末で照会されたらアウトですから。

    お兄さん、番号控えてるだけだよな…。するとお兄さん、特にひっかかることなく僕に紙を返却。



    思えば、ここが一番の難関だったようです。日本出国審査、アメリカ入国審査では、片道入国の話題すら出ませんでした。



    一度、予約したチケットをすぐキャンセルして、それで入国する。

    オススメはできません。

    ただ、わかったことは、日本で航空会社にチェックインの際、eチケットさえあればいいと言うことです。



    eチケットさえね。



    DSCN0099-1

    DSCN0108-1



    みんなの一クリックが、みんなが思う以上に励みになってます。
    下記バナーをクリックすると、ランキングサイトへ飛び、その時点で当ブログにポイントが入ります


    人気ブログランキングへ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    tag : アメリカ 片道航空券 入国

    2011-11-16 : 社説 : コメント : 1 : トラックバック : 0
    Pagetop

    マラリア発症すると、こんなヤバい症状になる。 【体験ドキュメント】後編

    PA270868-1

    前編はこちら




    「俺を病院に連れてってくれ」



    「どうしたんだ?」

    「気分がめっちゃ悪い」

    「わかった。このグッドな病院に行こう。医者呼ぶから、お前は部屋で寝てろ」



    部屋で待つこと30分。



    来ない。



    あーやっぱ日本みたく10分でこないよなぁ。

    頭がくるくる回る。

    はぁ、しんどい。

    ああ、マラリアなのかなぁ…。



    この間すごく心細かった。




    ◆11/25 16:00 医者到着

    40分がすぎたころ、医者が部屋に。

    「保険入ってるか?証明書あるか?」

    「必要なものは全部持っていこう」

    着替えを数点つかんでリュックに押し込む。

    重要書類ファイルも忘れずに。



    フロントに降りると、一台のバイクが。

    またがる医者。

    片手にはヘルメット。

    そして後を指す。



    「乗れ」



    いやいやおかしいだろ。



    「ふざけんなボケ」



    タクシーで病院へ。

    これがまた遠い。

    タクシーに乗ると安心したからか、症状がマシに。

    30分かかって病院へ。


    PA250844-1
    このタクシーがまたチンタラ走る




    ◆11/25 17:00 緊急入口から

    車いすに乗せられ、緊急用入り口から中に入る。



    診察室のような場所に何人か医者らしき人物が。



    「日本のどっからきた?東京、大阪、名古屋…」



    いや、インドでおなじみのそのあいさついらないから。



    ここではパスポートを見せるだけで、エレベーターへ。

    降りると病室がいくつか並んでいる。

    入院棟みたいだ。



    ◆お前はどこも悪くない

    何故か一室に入れられ、パジャマに着替えさせられる。



    え?

    いきなり入院!?



    まだ診てないないやん。



    30分くらい待たされ、医者登場。

    「どうしたって言うんだ!?」

    簡易の血液検査と問診を受ける。

    なかなか伝わらない。

    病状を伝えるボキャブラリーがない…。



    そのまま2時間くらい待つ。

    すると、例の医者がやってきて、

    「お前はどこもわるくない」

    とぬかしやがる。



    「そんなハズはない。じゃぁこれは何なんだ!?」



    夜。

    点滴が開始される。

    何の点滴だ?

    原因不明じゃなかったのか?

    まぁなんでもいいや。

    宿の時よりはマシだが、頭痛と、クラクラと、寒気は相変わらず。

    PA250846-1

    PA250854-1
    夜メシ。チキンスープ




    ◆病室にじいさんが…

    朝。

    しんどくてほぼ眠れなかった。

    症状はほぼ変わっていない。



    昼に本格的な血液検査とレントゲンを受けるらしい。



    病室におじいさんがやってくる。

    病院に一緒にきたオヤジをひきつれて。



    「俺が君と保険会社の間に立つ医者だ」



    なんかよくわからないがそういうことか。

    病状報告書(日本語)を書かされる。

    コレはじいさんが保険会社と連絡を取って手に入れたモノらしい。



    ◆インフォームドコンセント影も形もない

    どこかへ電話をはじめるじいさん。

    俺に代われと。



    出ると損保ジャパンのお姉さん。

    病状や発症の時期などを聞かれる。



    「松崎さん、マラリアの疑いがあるそうで…」


    え!?


    「そうなんですか!?」

    「そうさっきのお医者様はおっしゃってました」



    病名をあんたから聞くことになろうとは。

    インフォームドコンセント影も形もないな。



    入院費用はキャッシュレスなので安心してくださいね」

    それはまじ助かる。



    電話を切ってすぐ、じいさんに確認する。



    「俺マラリアなのか?」

    「そうだ」

    「100%か」

    「100%」



    何で先に言わないのそれを。




    ◆来週の月曜には退院

    結局、俺が保険会社とコンタクトしたのはこの電話だけ。

    書類のやりとりなど、全てこのじいさんがやってくれたようだ。

    (結局1週間入院することになるのだが)12万(総額ね)の保険かけた甲斐があった。

    保険は絶対かけたほうがいい。



    病状のほうは次の日の朝になるとかなり良くなり(前日から新しい点滴を試した)、入院6日目の今は点滴も外れ、もう全快である。

    ただし5日目(点滴が免除された)までは1日こんなかんじ。



    1日中点滴2種類+注射2回(点滴の穴から流し込むタイプ)、飲み薬1~2種類2回



    PA250850-1

    けっこう大変だった。



    明日、血液検査をして何もなければ来週の月曜には退院だという。



    ◆風邪じゃないと感じる瞬間は必ずある

    医者の話によると、マラリアには良性と悪性の2種類あって

    (一般的には、マラリア※コレが医者の言う悪性、三日マラリア、卵形マラリア、四日マラリア4種類とされている)、

    「お前は良性」だったらしい。

    僕が会ったマラリアで死にかけた人の話だと40度以上が出たり(僕の場合最高38度くらい)、腎臓機能が壊れたり(放置した結果)。

    ほんと、僕は軽いほうだったと思う。



    あとは、早めに病院に行ったことが幸いしたのだろう。



    今が自分がいる地域にマラリアがいるのかどうかを調べることは重要だ。

    調べてみたらインド、マラリアかなりいた…。

    何でも、マラリアの感染リスクがある国は103か国にも上り、マラリア感染の危険地域に居住する推定人口は、世界人口の40%、約22億人も存在するらしい。



    完全に安心しきっていた。

    「まさかインドでかからないでしょ」

    地元民から何度かマラリアがいることは聞いてはいたにも関わらず。



    もしいるなら、できるだけ蚊に刺されないようにすること。

    考えたら、インドにいる間蚊に刺され放題だった。


    malaria-cdc-1

    malaria-cdc-2
    マラリア分布地図



    マラリアの初期は風邪にほんとによく似てる。



    ただし、風邪じゃないと感じる瞬間は必ずある。



    僕の場合はカラダの自由が利かなくなったとき。

    おかしいと思ったら病院にすぐ行くこと。

    書いたように、手続きとかは全然面倒くさくない。



    もし風邪だったら笑い飛ばして終わりではないか。




    みんなの一クリックが、みんなが思う以上に励みになってます。

    人気ブログランキングへ

    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : インド マラリア 入院 症状

    2011-10-30 : 社説 : コメント : 3 : トラックバック : 0
    Pagetop

    マラリア発症すると、こういうヤバい症状になる。 【体験ドキュメント】

    カラダが熱い。


    違う。


    これまでとは違う熱さだ。


    あれ。


    え!?


    打ちたい方向に寝返りを打てない。



    これは、やばい。




    ◆10月23日  『はじまり』

    遡ること3日前の朝。

    インドはコルカタ。

    すぐカラダの異変に気付く。

    馴染みのある軽い頭痛

    ああ、やってしまった。

    風邪のはじまりだ。



    予定を変更し、その日は厚着をして休むことにする。




    ◆10月24日  『思いすごし』

    朝起きる。

    昨晩はうんと着こんで、汗もかいた。

    これまでこの方法で風邪は一日で治してきた。



    しかし、治っていない。

    良くも悪くもなっていない。

    いや、違いがひとつ。

    腰が痛い



    よく眠れなかったからか。

    旅の疲れがたまってるんだろう。




    ◆10月25日 朝  『違和感』

    この日はクリケットの試合を見に行く。

    治ってもらわないと困る。

    前の晩も同じく着こんで汗をかいた。

    しかし、眠れなかった。



    起きた瞬間解った。



    治ってない。



    ひどくなっている。

    頭痛に加え、微熱だるさ

    実は友人と数日前、『旅ロック夫婦』がマラリアで亡くなったことについて、話していた。



    マラリアだったらどうしよー」

    「そりゃねーだろ」



    マラリアかも。




    ◆10月25日 15:00  『爆熱』

    昼ごはんを食べた段階では試合に行くつもりだった。

    夜の試合にそなえ横になる。

    この時点では、軽い頭痛があって少しふらつくくらい。



    横になって2時間。

    突然の変化。



    いきなりカラダが熱くなってきた。

    呼吸が不規則になる。

    ダルいを超えて、寝ているのがつらい。




    ◆10月25日 15:00  『不自由』

    そのまま数分経ったか。



    寝返りを打とうとする。

    かなりの意思が必要な感じ。

    というか、寝返り打てない

    あれ?

    身体の自由が、きかない。



    部屋を出よう。



    起きあがろうとする。

    上半身を起こす直前、意思とは反し、ものすごい勢いで、枕へ突っこんでしまう。



    やばい。



    なんとか立ち上がる。

    外に出て、ドアの南京錠を閉めようとする。

    閉まらない。

    思うように指が動いてくれない。

    空振りの連続。



    手すりをつたい、階下へ降りる。

    なじみのスタッフに伝えた。



    「俺を病院に連れてってくれ」。



    後編はこちら


    みんなの一クリックが、みんなが思う以上に励みになってます。

    人気ブログランキングへ

    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : マラリア インド

    2011-10-29 : 社説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop
    ホーム  次のページ »

    デスク

    松崎敦史

    Author:松崎敦史
    1981年5月28日生まれ。大阪府出身。A型。2005年株式会社白夜書房に入社。フットサル雑誌「フットサルナビ」の編集者として5年間働く。2011年7月世界一周旅行へ。ニュースサイトGIGAZINEで連載。当ブログがブログ村旅行カテゴリーで1位獲得。2012年7月帰国。2013年4月、脳内トラベルメディア・世界新聞をリリース。

    もろもろお気軽にご連絡ください!
    atsugk☆gmail.com

    タレコミ募集中!

    世界新聞社では、
    「ココ取材してきて」
    「こんな面白いことあったよ」
    「今ココでコレが流行ってる」
    そんなタレコミを24時間体制で受け付けております。
    atsugk☆gmail.com

    購読料について

    下記バナーを1日1クリックしてください。定期購読の場合、クリックが2日に1回でよくなる特典がございます。
    ※ビール券はあいにく切らしております。
    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 人気ブログランキングへ

    訃報

    ・テツ&トモ
    ・日本経済

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    為替

    今日の運勢

    編集長のつぶやき

     

    定期購読はこちら

    コラボ、執筆依頼、苦情はこちら

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    旅行
    331位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    海外旅行
    124位
    アクセスランキングを見る>>

    検索フォーム

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。