スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    -------- : スポンサー広告 :
    Pagetop

    GOGOボーイズ幸福論

    DSCN5351

    ※今回の記事にはチンコ等の卑猥な言葉がたっぷり含まれていますのでご注意ください



    GOGOボーイズに行ってきました。


    GOGOボーイズが集まっている一角。パッポン通りの近くにあります。
    DSCN5341


    入口。店内写真撮影禁止。
    DSCN5344


    入った瞬間、ステージの上でライトに照らされた男達が目に飛び込んできます。パンツ一丁、ブリーフを連想させる白いパンツ。店内はガンガン音楽がかかっていてうるさいくらい。でも、彼らは客席を向いて突っ立ってるだけ。数分おきに男達の輪がラウンドしますが、動きといえばそれだけ。感情のこもらない、どちらかと言うとリラックスした表情で客席に視線を送ります。



    あ、この人たち、

    飼われてる。

    何故かそう感じました。



    客はステージの男を買うことが出来ます。

    おおまかに客層は、

    買う者と、見る者
         
    に分けられます。



    要は、GOGOバーの男版です。



    GOGOバーと唯一違う点、

    GOGOボーイズではショーが行われます。

    ショーとは

    セックスショー

    です。



    それはもはや、

    観光名物になりつつあるようです。



    最初は衣装着てダンスを踊ったりするのですが、

    徐々にエスカレートしていって、

    途中から

    チンコ

    出します。



    そして、

    全員のチンコが

    立っています。

    コンドームつけてたりもします。



    ショーの内容はおおまかに、

    ダンス→泡プレイ→フェラチオ→チンコパターゴルフ→セックス→繋がったまま客席巡り

    という流れです。



    チンコパターゴルフは、

    勃起したチンコをクラブに見立てパターをします。

    カップを見据える男達の目は

    真剣そのもの。

    中には勃起の反動を使ってカップインするツワモノもいます。

    そのたび、客席から歓声がわきます。



    セックスショーはセックスをします。

    アクロバティックな態勢で、

    時にムチを入れ、

    結合部を見せつけながら

    男は突きまくり、

    「アフォー」

    と突かれた男が絶叫します。



    もう、

    ガンガンガンガン突きます。



    もはや、ショーではないです。

    ただのセックスです。



    この人たち、自分のセックスを見世物にしてどういう気持ちなんだろう。

    恥ずかしくないのかな。

    嫌じゃないのかな。

    羞恥が擦りきれちゃってるのかな。

    最初はやっぱ抵抗あったのかな。

    何でこんなことするのかな。

    お金のためかな。

    いやお金のためではないな。

    お金のためでもあるのかもしれないけど、それだけじゃないな。

    だって楽しそう。

    何も考えてないのかもしれないね。

    少なくとも僕の価値観では彼らは到底計れない。

    僕以外の誰かなら可能かもしれないし、

    誰も可能ではないのかもしれない。

    僕はさっきから彼らを軽蔑の眼差しで、

    要は下に見ていたけど、

    どっちが幸せって誰が言えるのかな?



    そんな小難しいことは、

    1ミリも、

    考えませんでした。

    そんな暇はありません。



    ただひたすら、

    「スゲェ!」「ヤべェ!」「イカ臭ぇ!」

    の世界です。


    DSCN5353

    みんな、

    GOGOボーイズ楽しいよー!!!
     



    このままでは首位陥落です…。

    応援の1クリックお願いします!
    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ                
    スポンサーサイト

    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    2012-07-14 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    首長族のAKB48

    DSCN5097


    昨日は、

    首長族に

    会いにいきました。


    チェンマイから車で走ること約40分、
    DSCN4937

    着いたみたい。近っ!
    DSCN4962

    村の入口
    DSCN4965

    何族だかのおばあさん
    DSCN4969

    お土産の前で旗織ってたり
    DSCN4982

    着飾った子供たちが不自然に待機していたり
    DSCN4998

    「アカ族はこちら」の看板。さんまさん?
    DSCN5003

    トイレ表記も英語でばっちり
    DSCN4979

    いくつかの民族がいて、

    観光客向けの

    合同民族村というところでしょうか。



    予想はしていましたが、

    あまりにツーリスティック

    むしろ、

    ツーリサステックマイヤーな雰囲気に

    多少げんなりします。


    首長族がいる一角へ
    DSCN5131

    あれは……
    DSCN5007

    いました。間近で見るとすごくアンタッチャブルな雰囲気あります。
    DSCN5032


    そして、

    この一角を歩いてみて、

    ある衝撃の事実に気付きました。



    美人大杉。



    「ここにるのは、全首長族から美女を選抜し、オーディションを勝ち抜いた娘たちなのです。日本のAKBというのは『等身大の女の子』をコンセプトにしていますが、このAKB(あかん・首長族・美人多すぎ)も『等身大の首長族』というコンセプトでやってまして、下手でもいいから愛想よく旗を織って、観光客との距離の近さ、要するに「会いに行けるミンゾク」というキャッチコピーでやらせてもらってますぜ、ダンナ」


    とは、

    ガイドさんは

    言ってないのですが、

    彼女達が選ばれた娘であることは間違いないようです。


    DSCN5076

    DSCN5128




    DSCN5040

    DSCN5130




    DSCN5102

    コイルをはめている様子
    DSCN5107



    DSCN5094

    DSCN5097




    DSCN5067

    DSCN5065




    DSCN5082




    DSCN5041




    予備軍とでも言うべき子供たち
    DSCN5088

    DSCN5050

    DSCN5036

    首長族が何故、このように首にコイルをはめるのかは、

    諸説あるらしいのですが、



    美しいから



    もうそれだけだと思います。


    みんなのおかげでまだまだ1位です。

    今日も応援の1クリックお願いします!
    ↓ ↓ ↓ ↓

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-07-09 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    ラオスで床屋行ったら角さんになった 【完全版】

    32_m

    31_m

    28_m

    33_m

    どうも、角です。



    まずみんなに報告があります。

    昨日、過去最高のクリックをいただきました。

    おかげで1位奪還することができました。

    ありがとう!




    ところで、

    今日は僕がいかにして

    角となったのか、

    角となりえたのか、

    そもそも何故角だったのか。



    その一部始終を公開したいと思います。


    01_m

    バンビエンにて

    約8ヵ月伸ばし放題となり、

    「薄汚いというか汚い」

    「旅人気取り」

    「尊師」

    等のシビアな評価が寄せられていた髪を切るべく街へ。

    どーせなら、

    ラオスらしいボロっちい所で切ってもらいたい訳です。


    カメラマンとしてユータに着いてきてもらいます
    DSCN3748

    以前巻頭グラビアで主演はったこいつね
    DSC00800


    床屋けっこうあるんですが、

    どれもいまいち決め手に欠ける…
    DSCN3773

    DSCN3665

    子供達に聞いてみるも「知らねー」
    DSCN3763

    その時……


    えっ?
    06_m

    ナイス床屋!かなりキテます……
    00_m

    おじさんと値段交渉します
    DSC00564

    この時はまだ子供達と談笑する余裕すらありました
    DSC00573


    このあとに起きた悲劇の詳細については、

    GIGAZINEの連載で書いたので読んでみてください。

    記事はこちら


    以下オフショットです。
    DSC00624

    DSC00631

    DSC00660

    DSC00657

    DSC00650

    DSC00648

    DSC00655

    僕は幼少のころから

    「あなたはすぐに感情が顔に出る」

    と母に言われ続けてきましたが、

    本当だったんですね。


    DSC00713

    そして、

    5日たった今、

    角が膨張してきていると感じるのは、
    DSCN4292

    気のせいですか?



    2位との差はわずかです…。

    引き続き応援の1クリックお願いします!
    ↓ ↓ ↓ ↓

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-07-02 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    北朝鮮リベンジ

    45

    そーんな、

    北朝鮮 レ ス ト ラ ン 。



    はい、古いですね。



    北朝鮮レストラン、リベンジしてきました。

    何なら計3回行きましたからね。

    ちなみに対してアンコールワットは1回です。

    ここまでくると自分をほめてあげたい。


    10

    3度目の正直で、念願の喜び組(風)ショーを見ることができました。

    連載で書いたんで読んでみてください。



    『北朝鮮直営「喜び組」風のショーが見れるピョンヤンレストランに行ってみた』


    記事はこちら



    動画もたくさん載せてます。

    写真撮影禁止な日もあったのですが、この日は何故かOKでした。

    正確に言うとショーが始まったら解禁になりました。

    訳がわかりません。



    以下、僕がお気に入りの喜び組「風」の皆さん。


    僕的にはこの娘が一番可愛い。一家に一人ほしいタイプですね。
    48

    この娘はとにかくウルトラ愛想が良かった。
    99

    齢食ってますが一青窈っぽい。マニア心をグリグリくすぐるタイプ。
    33

    この娘がこの店のセンターです。美人じゃないけど、男をダメにする顔立ちやね。
    38

    この浅田真央似の娘、スティックさばきが男前すぎてビビりました(上のリンク先の記事に動画あります)。
    44

    2番目の娘と記念撮影。
    DSCN0525

    写真撮る時、ちょっと恥ずかしそうにしていたのを見て、当たり前だけど、あーこの娘さんたちも人間なんだなって思いました。

    それくらい北朝鮮て遠いのかな。



    今日、プノンペンに行きます。

    プノンペンって何ですか?

    おいしいですか?

    指名できますか?

    何でもいいんでプノンペンいる人は絡みましょう。


    応援の1クリックお願いします!
    クリックした時点でポイントが入る仕組みになっています。
    ↓ ↓ ↓ ↓

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-06-04 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 1
    Pagetop

    現実のアンコールワット

    DSCN0559


    えーと、結局アンコールワットは大学生と2人で行くことになりました。



    男です。



    まず女子大生を探しましたが、現実的に厳しいと判断し、途中からOL崩れの人を探しましたが見つからなかったので近場のイケメンで手を打ちました。

    ちなみに朝4時出発ということで、無謀にも飲みからのオールでいきます。


    おっさんと一緒に行ってくれるという心優しき大学生、コ―ジ。トゥクトゥクで行きます。一日チャーター14ドル。
    DSCN0532

    チケット20ドル…。なんか写真撮られたと思ったら、
    DSCN0539

    入場証に驚愕の写真が載っていました。
    DSCN0542

    15分くらいで到着。朝焼けに向って歩きます
    DSCN0557

    確かにキレイなんですけど…
    DSCN0559

    周りはこんな有様
    DSCN0583

    ぶわーっています
    DSCN0614

    観光地ってどうしてもこうなってしまうねんなぁ。


    でもやっぱ遺跡自体はすごい。こんなスケール感のある遺跡は初めてです。
    DSCN0645

    DSCN0642

    DSCN0637

    彫刻細かい
    DSCN0663

    DSCN0630

    公園内の道路はかなり整備されています。なんかもっとこう自然の中にあると思ってた
    DSCN0666

    すごいのが見えてきました。バイロン。ここは面白い。
    DSCN0702

    とにかく顔がいっぱいあります
    DSCN0692

    遺跡が遊び場
    DSCN0683

    裏から
    DSCN0699

    タプロ―ムという寺
    DSCN0734

    裏は根がうにょうにょ絡みついててセクシー
    DSCN0741


    アンコールワットって要はガチのスプラッシュマウンテンみたいながたくさんあるところです。

    名前忘れたけど存在感あった
    DSCN0726


    DSCN0670

    これも忘れた
    DSCN0712


    8時間のツアーだったんですが、二人ともオールだったので、寺を2つ残して、まさかのトゥクトゥクで

    爆睡。
    DSCN0667

    空気を読んだドライバーはツアーの途中で僕たちを宿に連れて帰りました。

    ありがとう!



    応援の1クリックお願いします!
    クリックした時点でポイントが入る仕組みになっています。
    ↓ ↓ ↓ ↓

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-05-31 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 1
    Pagetop

    フォアグラの真実

    DSCN8774


    言っときますけど、

    まだブダペストですよー!



    そう。

    「沈没」はもう目の前です。


    先日、久々にレストランというものに行ってきました。
    DSCN8754

    地元でもなかなかの高級レストランだって。
    DSCN8755

    客もなんか品があるね
    DSCN8769


    目的はひとつ。

    フォアグラです(真ん中のやつ)。約1500円。
    DSCN8761

    ハンガリー、何気にフォアグラが名物です。

    僕くらいの美味しんぼともなるとやっぱ本場でフォアグラ食べない訳にはいきませんからね。

    「男はフォアグラだ」ということで宿の皆を引き連れてやってきました。


    どどーーーん。
    DSCN8774

    美味そー!!!
    DSCN8779

    はっきり言って油が滴ってますね。
    DSCN8791

    で、一口食べて気付いたね。



    フォアグラって、

    レバーに近いね。




    俺、レバー嫌いだからね。



    というようなことを言うと、

    一緒に食べに行ったみんなが、
    DSCN8790


    「マジかよこいつ」

    という目で僕を見ていました。



    ブログランキングに参加しています。
    記事を読んで面白いと思ったら、応援の1クリックお願いします!
    ↓ ↓ ↓ ↓

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-05-08 : カルチャー : コメント : 1 : トラックバック : 0
    Pagetop

    変なおじさん感謝祭

    DSCN7373


    恋する咲きログがですね、

    今、ウユニ大感謝祭をしております。

    非常にまずいですね。

    形勢的に。



    こっちは恋もしてないし、

    何なら、

    足臭いですし。



    という訳でキラーコンテンツ投下します。

    ウチはね…





    ダリでいきますよ!
    DSCN7337

    ダリはスペインの画家でシュルレアリスムの代表的な作家です。

    1123509346

    絵とかあんま興味ないねんけど、この人の絵はなんか好きやねんなぁ。

    69a89f1c8c2e82089d58df9ed0827d68

    dali


    パリにいた時、ダリのミュージアムがあるってんで、

    行ってきました。

    DSCN7302

    地下の展示フロアへ
    DSCN7306

    DSCN7308

    色々展示されてますよー
    DSCN7377

    あ、あれは…
    DSCN7315

    かの有名な…
    DSCN7385

    足長象タン
    DSCN7384

    やっぱこの人アホですね
    DSCN7350

    でも好き
    DSCN7341


    ちなみにダリは講演会で潜水服を着て登壇したはいいものの、酸素供給が上手くいかずに死にかけたことがある(1936年、ロンドン)。


    でね、フロアくまなく見て回って

    あることに気付いて愕然としたよね。



    ダリの絵ないし。



    なんか多分、この時企画展みたいなんやってて、スケッチとかオブジェのみの展示やったっぽい。

    まじでか……。

    またやってもうたっぽい。


    唯一それっぽいやつ
    DSCN7328

    こういうのばっか
    DSCN7340
    DSCN7389
    DSCN7336
    DSCN7332
    DSCN7320

    基本的に訳わかんないよね。


    でもこの書体かっこいい
    DSCN7375

    ダリの名言らしきもの
    DSCN7364
    DSCN7361
    DSCN7366

    かっけー!


    髭遊び
    DSCN7359
    DSCN7358
    DSCN7355
    DSCN7354
    DSCN7351

    うわーこの発想
    DSCN7357

    これとか半端ない。乱れ髭。
    DSCN7352

    お茶目すぎる!!!

    なんか、最後は絵ないけどどうでもいいやーって境地に達していました。

    変なおじさん最高。


    DSCN7363


    今日の世界新聞のランキングは……

    2位(←)

    ブログランキングに参加しています。
    記事を読んで面白いと思ったら、応援の1クリックお願いします!
    ↓ ↓ ↓ ↓

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-05-01 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    リサ

    僕はこの旅でどうしても会いたい女性がいました。

    いや、会わなければいけない女性。



    彼女の名はリサ。



    どんなときも微笑みを絶やさず僕らを見守ってくれたリサ。

    彼女に会いにパリに来たと言っても過言ではありません。



    ああ、愛しのリサ……



    いや、リサと言っても、






    risa

    スティッグマイヤーではありませんよ。

    ちなみに本名は松本梨沙子・アリシア・ステッグマイヤーです。

    僕はいまだかつてこれほどオールバックが似合う女性を知りません。

    ブログはこちら




    ほら、パリでリサと言えば…

    モナのリサですよ!

    DSCN6637


    リサはかの有名なルーブル美術館にいます
    DSCN6841

    荷物検査の大行列。でもどんどん流れるからそんなに待たない
    DSCN6556

    早速リサへの道順が示してあります
    DSCN6578

    進みます
    DSCN6582

    またあった
    DSCN6587

    広いところに出た。奥の彫刻も有名なやつですよね
    DSCN6592

    まだ先です
    DSCN6739

    だいぶ奥にいますね、リサのやつは
    DSCN6600

    さすがに飾られてる画がいちいちすごい。
    DSCN6712
    DSCN6822
    DSCN6829

    ビーナス像
    DSCN6783

    ここはね、芸術とか興味なくても行ったほうがいい。それくらい圧巻です。

    まだー?
    DSCN6594

    この回廊のどっかにいるはずなんですが
    DSCN6607

    この部屋、ゴージャスでまじすごかった
    DSCN6746

    お、ここのようです
    DSCN6613

    ごったがえしています
    DSCN6615

    あれは…
    DSCN6617

    DSCN6621
    DSCN6623

    リサ…
    DSCN6696

    DSCN6637

    見れば見るほど素敵な表情です。
    DSCN6692



    それにしても…



    みんなどんだけリサのこと好きなんすか。
    DSCN6665
    DSCN6657
    DSCN6646
    DSCN6674
    DSCN6682

    リサは僕だけのリサではないのでした。

    というか、「リサ」じゃなくて「リザ」だよね。

    リサって言いたかっただけだよ。


    今日の世界新聞のランキングは……

    4位(←)

    3位との差はわずかです。
    応援の1クリックお願いします!
    ↓ ↓ ↓ ↓

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-04-26 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    決闘ごっこ

    DSCN6095


    前回、海老蔵が摘発された記事を書きましたが、

    実は、中世犯罪博物館にはもっとアホらしい展示があって、是非とも見てもらいたいなと。



    これ。
    DSCN6089

    この本にはなんと「男女間の決闘」について定められています(1467年/ハンスターホルン著)。

    中世ドイツでは、異性と白黒つけたい時、この本に従って決闘したという訳です。

    以下青字は館内の説明を引用


    まず、基本ポジションはこんな感じ。決してふざけてませんよ。
    DSCN6090

    武器は男性がこん棒、女性は布で覆われた石。注目すべきは男性が穴に入っている(帯の位置まで穴に入らないといけない)こと。対して女性は自由に動き回ることが可能。男にはハンデがあったということですね。

    ちなみに男が負ければ首を切られ、女が負ければ手を切られたとのこと。女が勝つことは滅多になかったそうです。

    ではここから実際に決闘の様子を見て行きましょう!


    実況はこの人……






    古館アナ
    ふる2

    さぁ、中世最大の決戦の火ぶたが切っておとされようとしております。これから繰り広げられるであろう壮絶サバイバルに血湧き肉踊る興奮を禁じえません



    さぁ、両者の入場です!!!



    赤コーナー……






    嫁~!!!
    よめ



    青コーナー……






    旦那~!!!
    だんな






    えらい人「始めなさい」
    DSCN61572



    さぁ、無制限一本勝負のデスマッチが今、始まりました!
    DSCN6090


    この二人の対決は「旦那が肉屋の娘と浮気したので殺してやりたい」という妻からの申し出により実現したということです。





    あぁーっと、先に仕掛けたのは嫁!しかし合い打ちだ!
    DSCN6096





    まさに実力伯仲、
    DSCN6097






    両者一歩も譲りません!
    DSCN6092



    会場のボルテージは最高潮!!!興奮の坩堝と化しております!
    1






    こっ、これはー、





    嫁の憎しみのアイアンクローが炸裂!
    DSCN6095

    しかーし、






    旦那、それを見事に返したー!これは…人間トーテムポール状態であります。勝負は決まったか!?
    DSCN6091


    いや、嫁、、、



    奇跡の…



    大脱出!逃れた!
    DSCN6093


    からの、





    ヘッドロック!
    DSCN6094

    最後は、






    なんと旦那の股間を握りぶした!!!
    DSCN6098

    嫁、まさかの逆転劇で大金星を手にしました!



    さぁ、負けた旦那は首切り台へ……。
    DSCN6209

    これも勝負の定め。我々にできることは最後まで見届けること以外にありません…。


    ランキング首位陥落…。

    みんなの1クリックで返り咲きます!
    ↓ ↓ ↓ ↓

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外ニュース
    ジャンル : ニュース

    2012-04-17 : カルチャー : コメント : 1 : トラックバック : 0
    Pagetop

    【速報】 パタゴニアの氷河、「青くて困っちゃう」

    DSCN4128

    3月下旬、アルゼンチンのパタゴニア(カラファテ)の氷河が例年にも増して「青くて困っちゃう」な状況なことが分かっかった。

    アルゼンチン湖という湖沿いに氷河が広がる

    より大きな地図で アルゼンチン湖 を表示

    クルーズツアー(約11000円)に参加。高い……。
    DSCN3935

    DSCN4018
    DSCN4196
    DSCN4028
    DSCN4093
    DSCN4062
    DSCN3973

    氷河の洞窟。中には入れず
    DSCN4079

    スぺガツィーニ氷河。見ることができる氷河の中で先端部の高さが最高の氷河。高さ80~135m
    DSCN4144
    P3260010
    DSCN4128

    ぺリトモレノ氷河。一番有名な氷河。表面積195キロ平方メートル
    DSCN4236
    DSCN4046
    DSCN4266

    何故青く見えるのかというと、氷河の氷は透明度が高いので、青い光以外は吸収してしまうからなのだそうだ。それにしてもこんなに青いとは思わなかった。

    [南米支局 2012年3月28日 10:00]

    今日の世界新聞のランキングは……

    8位(←)

    人気ブログランキングに参加しています。
    ランキングが上がれば、
    世界新聞の記事をたくさんの人に読んでもらうことが出来ます。
    記事を読んで面白いと思ったら、応援の1クリックお願いします!
    ↓ ↓ ↓ ↓

    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-03-28 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    危険すぎてガイドブックに載っていないというアルゼンチンの動物園 【告知】

    58
    『危険すぎてガイドブックに載っていないというアルゼンチンの動物園』


    氷河のせいで若干青めに焼けてしまったデスクです。

    今週のGIGAZINEへの連載です。

    南米にいるバックパッカ―の間では、わりと有名な動物園なんですが、日本にいる人たちはあまり知らなかったようで。結構反応いいです。むつごろうさんもびっくり!!!

    記事はこちら


    【デスクの食卓】
    牛ステーキ(約200円)

    P3260120
    P3260122

    スーパーで売ってた安売りの肉をホテルのキッチンで焼いたんですが、硬いのなんの。アルゼンチンは牛肉が有名なんですが、肉は日本が一番旨いね。


    今日の世界新聞のランキングは……

    8位(←)

    人気ブログランキングに参加しています。
    ランキングが上がれば、
    世界新聞の記事をたくさんの人に読んでもらうことが出来ます。
    記事を読んで面白いと思ったら、応援の1クリックお願いします!
    ↓ ↓ ↓ ↓

    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外ニュース
    ジャンル : ニュース

    2012-03-26 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    ブエノス地下鉄と銀座線、まさかの関係とは!?

    アルゼンチンはブエノスアイレスを走る地下鉄が実は日本の地下鉄のモデルになっており、今でもその車両が走っていることがわかった。

    現在、ブエノスアイレスには6つの路線が走っており、そのうち1913年に開業した最も古いA線が日本の最古の地下鉄銀座線を作るときに参考にされたという。

    ブエノス地下鉄の改札はこんな感じ
    IMG_0905

    カードタイプの切符を機械に通して入場
    P3150787

    電車が参ります。白線の内側までお下がりください
    P3150779
    P3150775

    中に入ると……
    P3150771

    おお!めちゃシブい。
    IMG_0906

    木の座席が何とも言えません
    P3150760

    扉も木
    P3150765

    とにかく味がある。日本の地下鉄のモデルになったというのもうなずける。
    P3150763
    P3150781
    P3150783
    P3150764
    P3150769

    銀座線の開業(1927年)から85年。改良が重ねられた今の銀座線には当時の面影は見る陰もない。一方で、当時と同じ姿を維持し走り続けるブエノスの地下鉄に、男ならロマンを感じずにはいられない。

    ※ちなみに読者のタレコミによるとブエノス地下鉄には丸ノ内線の車両が走っているという。その件に関しては追って取材したい。

    [南米支局 2012年3月21日 11:30]


    今日の世界新聞のランキングは……

    8位(1ランクアップ!)

    人気ブログランキングに参加しています。
    ランキングが上がれば、
    世界新聞の記事をたくさんの人に読んでもらうことが出来ます。
    記事を読んで面白いと思ったら、応援の1クリックお願いします!
    ↓ ↓ ↓ ↓

    人気ブログランキングへ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-03-21 : カルチャー : コメント : 2 : トラックバック : 0
    Pagetop

    世界で2番目に美しい本屋さんで、優雅な時間に浸ってきた 【告知】

    00

    ヨーロッパへの航空券が絶望的に見つからないのでアルゼンチン永住権も視野に入れ始めたデスクです。ったくどの検索サイトも人様をバカにしてますよ。出し惜しみしやがって……。どなたかバカ正直な検索サイトがあったら教えてください。

    さておき、今週のGIGAZINE連載です。世界で2番目に美しい本屋に行ってきました。1番じゃないところが最大ポイントです。

    記事はこちら

    今日の世界新聞のランキングは……

    10位(←)

    1日1クリックしてデスクを帰国させてあげよう
    ↓ ↓ ↓ ↓

    人気ブログランキングへ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-03-18 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    ウルグアイに「大塚愛」のヌード画!?

    otsuka

    ウルグアイ情報筋によると、ウルグアイの世界遺産の街・コロニアルデサクラメントにある画廊にタレント「大塚愛」のヌード画が飾ってあるという。

    コロニアルデサクラメントはラプラタ河をはさんでブエノスアイレスの対岸の港町。

    より大きな地図で コロニア を表示

    ブエノスアイレスのフェリー乗り場へ
    P3140493

    ターミナル内は結構洒落てる
    P3140496

    かわいい船のマークの横で無駄に決まってるお兄さん
    P3140503

    イミグレのお姉さん、スタンプわざわざこんなとこに押さなくても…。ウルグアイは世界の中心ってか
    P3140502

    乗りこみます
    P3140511

    おお、だだっ広い
    P3140517

    ゲーセンも併設。2009年版バーチャストライカーなどがあった
    P3140512

    貧乏人は自由席へ。といってもなかなか快適
    P3140522

    甲板に出るとそこは欧米人の社交場だった
    P3140528

    河の茶色いことカフェオレのごとし
    P3140568

    ブエノスアイレスを仰ぐ
    P3140554

    3時間でコロニアルデサクラメントに到着(約3100円)
    P3150601

    画廊があるという旧市街へ向う
    P3150619

    どうしようもなくのんびりした街
    P3150628

    世界遺産の街並み。全女子が大好物であろういわゆる「かわいい」街並み
    P3150639
    P3150709
    P3150638

    例の画廊がある通り
    P3150640

    いよいよ画廊に入ります
    P3150653

    ま、まさか…
    P3150642

    おお
    P3150645

    これは…
    P3150647

    大塚愛!? 乳出してるし
    P3150644

    画廊のお姉さんに確認したところ、「ああこのモデルの彼女ね『さくらんぼ』としか聞いてないわ」と言ったとか言ってないとか。

    [南米支局 2012年2月2日 14:00]

    今日の世界新聞のランキングは……

    10位(↓)

    1日1クリックしてデスクを帰国させてあげよう
    ↓ ↓ ↓ ↓

    人気ブログランキングへ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-03-15 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    南米「水かけ祭り」、犠牲者数千人に…【動画あり】

    DSCN3150

    2月中旬~下旬にかけて南米でカーニバルが開催されたが、それに並行して各地で「水かけ祭り」なるものが横行し、旅行者を悩ませている。これはカーニバル期間中とその前の数週間に行われるもので、要は水をかける「いたずら」。見知らぬ人に対して、水鉄砲で水をかけたり、泡スプレーを噴射したりする。中にはタライの水をぶっかけるという過激な犯行も目撃されている。

    本紙は計らずもボリビアのウユニとオル―ロの犯行現場に遭遇することとなった。


    <ウユニ>

    ウユニでは街をカーニバル行進している人に向い、外野が犯行を重ねた
    DSCN3170

    ウユニは参加型のカーニバル。住民が草を持って踊り歩く
    DSCN3175

    チャンスをうかがう悪ガキ達
    DSCN3112

    泡スプレー噴射!
    DSCN3137
    DSCN3150
    DSCN3127

    水風船スタンバイ
    DSCN3185

    ポーイ!
    DSCN3188

    わざわざ車でタンクを運んできている…。手にはバケツ
    DSCN3155

    ほんとにぶっかけた。これはさすがに悪意がある
    DSCN3152

    派手にぶっかけられてガチギレするおっさん
    DSCN3164

    家の上からもあるので、油断は許されない
    DSCN3227

    記者も犠牲者の1人に…
    DSCN3207




    <オル―ロ>

    カーニバル会場にて
    P2190029

    ちびっ子たちの水かけ戦争勃発
    DSCN3078
    DSCN3038
    DSCN3049

    売り子もぐちゃぐちゃ。鼻がマンガみたくなってる
    DSCN3099

    泡もしたたるいい女
    DSCN3142

    観光客の犠牲者
    DSCN2961

    一説によるとその犠牲者は数千人にのぼるとされ、日本外務省は女性旅行者に対して「顔に水がかかって問題がある人は、それなりのを装備を揃えていくように」と注意を呼び掛けている。

    saubizer
    外務省推奨の特注サンバイザー

    [南米支局 2012年3月5日 10:00]



    目標は海外ニュース1位。
    本日…9位(↓)

    1日1クリックの応援よろしくお願いします!
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-03-05 : カルチャー : コメント : 1 : トラックバック : 0
    Pagetop

    「魔女通り」、日本人のデートスポットに

    DSCN2539

    ボリビアの首都ラパスに「魔女通り」なるものがあり、日本のミーハーな女性観光客を震え上がらせていることが本紙の取材でわかった。

    観光客が集まるサガルナガ通り近くの路地には、リャマのミイラなど得体の知れない「魔女道具」を扱う店が数件軒を連ねており、異様な雰囲気を放っている。


    こんな感じで5軒くらい並んでいる
    DSCN2584

    リャマのミイラ(フサフサバージョン)
    DSCN2558

    リャマのミイラ(乾燥バージョン)
    DSCN2534

    リャマの藁人形
    DSCN2612

    香水。何かの植物の根が入ってる。石鹸みたいな香り
    DSCN2549

    様々な効力を示したいかがわしい石鹸たち
    DSCN2544

    これから何を作ろうというのか
    DSCN2594

    あるまじろーん(ミイラ)
    DSCN2588

    昼間っからヤな雰囲気を醸し出してます
    DSCN2573

    翼をそんな無造作に置かれても
    DSCN2581

    けろりん
    DSCN2537

    これらのグッズは現地にキリスト教が浸透する以前からアイマラ族(先住民)の間で行なわれていた儀式に用いられる道具なのだとか。ちなみにリャマのミイラは家を新築する際、地面の下に埋めて家内安全を祈願するのに用いられる。

    もちろん本物の魔女が買い物に訪れることはほとんどなく「えーやだーなにこれこわーい」といった具合に日本人カップルに格好の話題を提供するB級スポットになり下がっている。


    [南米支局 2012年3月2日 15:00]


    目標は海外ニュース1位。
    本日…8位(↓)
    1日1クリックの応援よろしくお願いします!
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-03-02 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    「みんなが主人公」南米のカーニバルに潜入

    DSCN1940

    2月中旬~下旬、南米各地において、カーニバルがのっぴきならない盛り上がりを見せ、日本人観光客を圧倒し続けている。カーニバルと言えばリオ……と思ったあなたは既にマルシア(もしくはラモス)。南米でカーニバルといえば各都市、それこそ村単位で開催されているのだ。本紙はペルーのチチカカ湖畔の街・プーノのカーニバルへ潜入、ラテンの真骨頂に酔いしれた。

    あるチームの前夜祭にお邪魔。酒を振舞ってくれたり、驚くほどウェルカム
    DSCN1838

    日本人女子大生とぺルー人の熱いセッション
    DSCN1878

    教会に集結するブラスバンド
    DSCN1726

    カーニバル当日。街にはたくさんのチームが存在し、期間中街を練り歩き、予選→決勝と踊りを競う。

    チームは基本的にはこんな構成になっている。

    まず、チームの旗
    DSCN1933

    青年。足についた鈴を鳴らして踊る
    DSCN1961
    DSCN1956

    ちびっ子
    DSCN1932

    スカートヒラヒラなおばさま方
    DSCN1995
    DSCN2053
    DSCN2017

    鬼。スペイン人侵略者を鬼(ディアブロ: diablo)と重ね合わせ、恐れを持って踊りに表したと考えられている(wikipedia)。
    DSCN2036

    若い女性。ひらりひらりと
    DSCN1937


    ブラスバンド。こう見えて飛んだり跳ねたり
    DSCN2175

    みんなの笑顔を見ているとこっちまで楽しくなってくる。

    ドヤ顔
    DSCN2122

    色もの
    DSCN2217

    みんないい顔
    DSCN2083
    DSCN2118
    DSCN2223

    観客はお目当てのチームがくると盛り上げる
    DSCN2007

    きれいどころ。カメラを向けると、みんな挑んでくる。
    DSCN2128
    DSCN2066
    DSCN1979
    DSCN2064
    DSCN1971
    DSCN2090

    カーニバルではみんなが主人公なのだ。

    [南米支局 2012年3月1日 10:00]


    目標は海外ニュース1位。
    本日…8位(←)

    1日1クリックの応援よろしくお願いします!
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-03-01 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    【告知】世界各地で食したウマウマな日本食まとめ・前半戦

    00.jpg

    『世界各地で食したウマウマな日本食まとめ・前半戦』

    皆さまこんにちは。デスクです。

    日本人バックパッカ―の聖地、ウユニ塩湖に到着しました。ウユニは曇りです(2/19)。Wi-Fiをはじめ絶望的に何もない街ですが、僕らには夢があります。

    明日ウユニ行ってきます。

    さて、今週のGIGAZINEへの連載です。

    旅も後半戦ということで、今まで世界各地で食べてきた日本食のまとめを書いてみました。ボリビアで食べたマスの刺身定食は絶品でした。


    目標は海外ニュース1位。
    本日…7位(↓) 
    1日1クリックの応援よろしくお願いします!
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-02-20 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    チチカカ湖の「若返りの水」に全米が注目

    ボリビアのチチカカ湖に浮かぶ「太陽の島」。彼の地には「若返りの水」が湧き出ており、アンチエイジングを求めた人でにぎわいを見せている。

    太陽の島とはインカ帝国の初代皇帝が降臨したと言われる島であり、そんなありがたい島であれば若返りの水があってもおかしくないというもの。

    いざ。島までは約1時間半。
    DSCN2280

    チチカカ湖は3810m。空が近い
    DSCN2301
    DSCN2334

    船は欧米人カップルたちの社交場
    DSCN2299

    あれが…太陽の島
    DSCN2316

    近づいてきた
    DSCN2320

    岸壁にインカ文明の遺跡
    DSCN2331

    到着
    DSCN2336

    島の子供たち
    DSCN2340

    どうしようもないくらい段々畑が広がる
    DSCN2391

    この階段を登った先に「若返りの水」がある
    DSCN2356

    これが…
    DSCN2358

    採取に成功
    DSCN2369

    味は水。この水、水源がわからないというのがまた神秘的である。

    日本から来たというおばちゃん
    DSCN2363

    日本からきたおばちゃんに「若返り」の水だということを教えてあげると「あらやだ、それは飲まない手はないわね。あたしら丘の上のホテルをとってて『もう登れない』と思ってたところだったんだけど、これを飲めばいいわけね。ところでお兄ちゃん、この水、いつから効くのかしら?フフフ」と無駄口を叩いていた。

    ちなみに、この水源を世界のいくつかの企業が投資先として検討しており、日本の「アンチエイジングモンスター」こと叶姉妹も買占めを検討しているという。本紙が姉妹に直撃すると「どうかしら…ねぇ美香さん」と一蹴されてしまった。

    恭子のメンズの1人、ジョンが水の買占めに動いているという噂も
    TKY201006080397

    [南米支局 2012年2月16日 20:00]


    目標は海外ニュース1位。
    本日…7位(↑)
    1日1クリックの応援よろしくお願いします!
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


    テーマ : 海外ニュース
    ジャンル : ニュース

    2012-02-16 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    カネにまみれたチチカカ湖、浮島のロマンはどこへ

    DSCN1792

    「汽船などが航行可能な湖として世界最高所」の湖、チチカカ湖。そこにはトトラ(葦のような植物)で作られた浮島・ウロス島があり、今もインディヘナ先住民を中心に約700人が生活している。

    実はこのウロス島、救いようのないくらいツーリスティクな島だったのである。

    ウロス島といえば、チチカカ湖。チチカカ湖といえばウロス島。植物でできた島が浮いていて、おまけに人が生活している。それだけでロマンを誘うものである。

    12日、本紙チチカカ取材班は湖畔の街プーノからのウロス島半日ツアーに参加。古代湖と言われる神秘の湖に漕ぎだした。


    この船でいざ
    DSCN1755

    こんな島がたくさん浮かんでいる
    IMG_4173

    俺の島
    IMG_4175

    鮮やかすぎる民族衣装
    IMG_4094

    ウロス島に到着。島の家族がお出迎え
    DSCN1766

    おいでませ
    DSCN1771

    敷き詰められたトトラ
    DSCN1772

    確かに浮いている
    DSCN1805

    島に上陸して数分。ガイドの指示で座らされるツアー客たち
    DSCN1791

    すると、ガイドが前に立ち何が始まるのかと思いきや…

    ミニチュアを使い島の作りを解説。さながら理科の授業
    DSCN1794

    「食べられるから」と客にトトラが配られる。素直にかぶりつくノリのいい日本人たち
    IMG_4101

    精巧すぎるミニチュア。ロマンもクソもない
    DSCN1801

    実演の裏で着々と進む土産物の準備
    DSCN1779

    そして次の島へ(ウロス島はたくさんの島で構成されている)。この島もまた、泣きたいくらいにツーリステックな島であった。

    伝統船(トトラで出来ている)をモーターボートで押す。ズルはいけない
    IMG_4119

    ツーリス島へ
    IMG_4123

    レストランで食事をとる観光客
    IMG_4142

    島には売店やレストランもある
    IMG_4147

    ソーラーパネル…
    IMG_4144

    これでツアーは終了。しかし、実は、ひとつの極めつけにツーリスティクな出来事が起こっていた。観光客を乗せた船が一つ目の島を離れようとしたとき。なんと、島から見送る家族が日本語で「チューリップ」を歌いだしたのだ。「さーいたー、さいーいたー」。ツアーに参加していた10数名の日本人を意識してのことだろう。家族の顔は決して笑っていない。こんな元気のないチューチップは聞いたことがない。これではチューリップが咲くはずもない。何ともいえない奇妙な空間だった。

    歌い終わると何故か船に乗りこんでくる少女たち。

    我々の横に座り、再び歌う少女。依然として笑わない
    DSCN1819

    あまりに笑わないので、我々のテンションも下がる
    DSCN1821

    そして、歌い終わるとチップをねだる。

    子供が回収した金を親が数える
    IMG_4136

    というようにロマンのかけらもない浮島ツアーであったが、後に、島の住人は収入のほぼすべてをツアーから得ているということをホテルのオーナーが教えてくれた。

    [南米支局 2012年2月15日 12:00]


    目標は海外ニュース1位。

    本日…8位(↑)過去最高位!

    1日1クリックの応援よろしくお願いします!
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外ニュース
    ジャンル : ニュース

    2012-02-15 : カルチャー : コメント : 2 : トラックバック : 0
    Pagetop

    マチュピチュに「パロT」勢ぞろい。リャマハなど日本勢健闘

    DSC_0051

    世界の観光地で見かける「パロディTシャツ」。有名ブランドやメーカーと、現地の名産をかけたものが一般的な訳だが、「こんなしょーもないもん誰が考えるの?」といつも感心しきりなのである。本紙は南米ぺルーのマチュピチュにてなかなか救いようのない「しょーもない」Tシャツをいくつか発見することに成功。ここペルーではアンデスの動物、リャマやアルパカ、コカ(葉)をパロった作品を多く見ることができた。


    リャマハ(ヤマハ)。日本人だらけのマチュピチュならではの作品
    DSC_0041

    リャマハ(ヤマハ)。語呂自体のセンスは良い
    DSC_0033

    STAR WASKA(STAR WARS)。何にもかかっていないというパロTの風上にも置けない作品
    DSC_0032

    LLAMA(PUMA)。字あまりも、クオリティーは低くない
    DSC_0036

    PERU(PUMA)。Pしか合ってない
    DSC_0035

    そのままコカコーラ。デザイン的にもgood
    DSC_0037

    コカス(アディダス)。刺繍でいくことで葉の質感を再現した力作
    DSC_0040

    365日、続々登場する世界中のパロTを監視する、公共パロT機構によると、ペルーのパロTのクオリティーは「それほどしょーもなくないし、デザイン的に優れている訳でもない」という微妙な位置にあるようだ。

    [南米支局 2012年2月10日 10:00]


    目標は海外ニュース1位。
    本日…10位(↓9位)
    1日1クリックの応援よろしくお願いします!
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 本日気になったネタ
    ジャンル : ニュース

    2012-02-10 : カルチャー : コメント : 1 : トラックバック : 0
    Pagetop

    南米高級バスでビンゴ大会のサービスが開始

    ある旅人筋から「南米の高級バスのクオリティーが半端ない」「車内でビンゴ大会が開催」という情報を得た本紙は、清水から飛び降りるくらいの緊張感で、リマ→クスコ間で高級バス「CRUZ DEL SUR」に乗車してみた。料金は17時間乗車して約5500円といいお値段。


    高級感あるカラーリング
    DSCN0778

    噂通り色々ついてる模様
    DSCN0781

    お姉さんが迎えてくれる。愛想がよかったのは最初だけ
    DSCN0783

    なんとデスクの席は2階の一番前の席。童心に帰られずにはいられないシチュエーション
    DSCN0784

    牛皮かどうかは定かではないがとりあえず皮張りの座席
    DSCN0787

    中途半端に約130度倒れる
    DSCN0868

    ブランケットと枕のセット
    DSCN0791

    足もラクラク
    DSCN0826

    なんと、このバス、wifiが使えるではないか。初めての体験。そうこうしていると、

    ディナーが出てきた!
    DSCN0829

    メインはビーフのクリーム煮。なかなかのお味
    DSCN0842

    車窓から。段々、マチュピチュっぽい雰囲気に
    DSCN0859

    そして、何といってもこのバス最大のウリと言えばビンゴ大会。優勝者にはバスの無料券が当たるとか。しかし、いつまでたってもビンゴゲームが始まる気配がない。しばらくすると、ビニール袋片手にお姉さんがやってきて、皆手を突っ込んでいる。まさか…。

    そう、ビンゴゲームは急遽くじ引きに変更になったのだ!さすが南米ラテンノリ…。

    クジが配られる。学級会レベルの手作り感
    DSCN0852

    ハズレ…
    DSCN0850


    こうして高級バスの旅を終えた訳であるが、物価からすると、5500円というのは少々高すぎではないかというのが感想だ。クジがハズレたから言っている訳では断じてない。

    [南米支局 2012年2月2日 10:00]


    目標は海外ニュース1位。
    本日…9位(←)
    1日1クリックの応援よろしくお願いします!
    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外ニュース
    ジャンル : ニュース

    2012-02-07 : カルチャー : コメント : 1 : トラックバック : 0
    Pagetop

    【告知】ペルーでコーラを注文すると黄金のコーラが出てくる

    00_m.jpg

    「ペルーでコーラを注文すると黄金のコーラが出てくる」
    ※リンク先が間違っていたので、修正しました。ご迷惑おかけしました。(2/7 11:00)

    どうもデスクです。今、ぺルーの首都リマ→クスコ(マチュピチュ)のバスの中です。なんとwifiがあります。ただ、パソコンがフル充電で1時間しかもたないという悲劇的な台所事情なので悠長なことは言ってられません。

    さて今週のGIGAZINEへの連載です。

    伝説の黄金インカコーラについて書いてみました。ペルーがインカコーラの国ってのは知ってましたが、あれほどとは。。ご一読を。

    目標は海外ニュース1位。
    現在…9位(←)
    1日1クリックの応援よろしくお願いします!
    人気ブログランキングへ

    テーマ : 本日気になったネタ
    ジャンル : ニュース

    tag : コーラ

    2012-02-06 : カルチャー : コメント : 1 : トラックバック : 0
    Pagetop

    ペルーでちんちんが出土。インカ史上最大の声も

    DSCN0635

    インカタイムズは、2月5日、ペルー郊外のスーパーにて「chinchin」(以下ちんちん)という名の埋蔵品が、インカあるある発見隊の手により発見されたと報じた。

    DSCN0613
    リマ郊外にあるちんちんの発掘現場

    DSCN0610
    大きなちんちん

    DSCN0612
    中くらいのちんちん

    DSCN0630
    小さなちんちん

    DSCN0615
    三角のちんちん

    これだけ多種のちんちんが発掘されるのは異例のことで、ペルー遺跡大臣のフジモト氏は「インカ文明史上最大の発見だ」と翌日、臨時国会を招集し、ちんちん世界遺産登録準備委員会を発足させた。

    DSCN0635
    キリンのちんちん

    DSCN0633
    テントウムシのちんちん

    DSCN0637
    色とりどりのちんちん。黒いちんちんも

    DSCN0649
    ちんちんの断面

    この件を受けて本紙は「性なる探究者」こと杉本彩氏にコメントを求めたが、「たべたい」とシンプルに見解を示しただけだった。

    20120116_suppin_17
    いつもハングリーな杉本氏

    [南米支局 2012年2月5日 10:00]


    世界新聞社9位が定位置に…。
    購読料のかわりに下のランキングバナーを1クリックしてください。
    支払いが滞っている方は怖いお兄さんが取り立てにいきます。


    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外ニュース
    ジャンル : ニュース

    2012-02-05 : カルチャー : コメント : 1 : トラックバック : 0
    Pagetop

    ペルーの公園に、巨大な抱き合う男女の像

    DSCN0573

    ペルーの首都リマに「巨大な抱き合う男女の像」がある公園があり、アベック達が日夜愛を育んでいる。


    その名も「愛の公園」
    DSCN0575

    濃厚な抱擁
    DSCN0553
    DSCN0570
    DSCN0555

    公園からは太平洋が見渡せる
    DSCN0551

    愛を育むアベック達
    DSCN0572
    DSCN0576
    DSCN0558
    DSCN0585

    本紙は取材を通して1人でこういうところにくると泣きたいくらいに寂しいということが、痛いほどわかった。

    [南米支局 2012年2月4日 15:00]



    世界新聞社依然として10位…。
    購読料のかわりに下のランキングバナーを1クリックしてください。
    支払いが滞っている方は怖いお兄さんが取り立てにいきます。


    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外ニュース
    ジャンル : ニュース

    2012-02-04 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    ペルー旧市街の黒いマクドナルド

    DSCN0478

    2日未明、ペルーの首都リマに黒いマックが存在し、ミーハーな日本人観光者の間でちょっとした観光スポットになっていることが判明した。黒いマックがあるペルーの旧市街は街が世界遺産に指定されており、マックに限らずほとんどの店の屋号が黒く塗りつぶされているという。


    DSCN0435
    DSCN0501
    DSCN0431
    DSCN0437
    リマの旧市街

    DSCN0436
    DSCN0459
    ほとんどの店の屋号が黒く塗られている

    DSCN0464
    ケンタッキー

    DSCN0504
    ピザハット

    DSCN0491
    スターバックス。オリジナルとあまり変わらない

    DSCN0482
    DSCN0484
    黒いマック

    DSCN0495
    中は至って普通


    確かに黒で統一されていて、街並みとマッチしているのだが、そのコンセプトには少々矛盾があるように思われる。

    DSCN0503
    周りの装飾が景観を壊しているのはOKらしい

    DSCN0485
    バーガーキングはOKらしい


    この件を受けて本紙は「黒の最高権威」こと松崎しげる氏にコメントを求めたが「また、あんたらか。黒いってだけでいつも俺のところ来るのやめろよな」と取材拒否を受けてしまった。

    2238
    怒り心頭の松崎氏

    [南米支局 2012年2月2日 10:00]



    世界新聞社依然として9位…。
    購読料のかわりに下のランキングバナーを1クリックしてください。
    支払いが滞っている方は怖いお兄さんが取り立てにいきます。


    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外ニュース
    ジャンル : ニュース

    tag : マック

    2012-02-02 : カルチャー : コメント : 1 : トラックバック : 0
    Pagetop

    【告知】コスタリカの朝マックに赤飯があるというので食べに行ってきた

    11

    コスタリカの朝マックに赤飯があるというので食べに行ってきた


    デスクによる今週のGIGAZINEへの連載です。

    なんと「コスタリカのマックに赤飯がある。しかも朝マック限定」という話を聞きつけたので、首都サンホセのマックへ急いで行ってきました。赤飯だけど、赤飯じゃない。そんな不思議な食べ物でした。


    世界新聞社依然として10位。
    購読料のかわりに下のランキングバナーを1クリックしてください。
    支払いが滞っている方は怖いお兄さんが取り立てにいきます。


    人気ブログランキングへ

    テーマ : 海外ニュース
    ジャンル : ニュース

    2012-01-30 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    なんとエルサルバドルにミスドがあったので行ってきた

    DSCN8315


    エルサルバドルになんとミスタードナツがあったので行ってきました。

    現在、ミスドの主要市場は日本(運営はダスキン)ですが、その他、台湾、韓国、フィリピン、エルサルバドル、タイにも展開しているということです。

    エルサルバドルのミスドは首都・サンサルバドールの高級ショッピングモールの中にありました。


    サンサルバドール郊外にあるショッピングモール
    DSCN8294
    DSCN8290

    入ります
    DSCN8301

    広くてきれい
    DSCN8410

    見るからに富裕層な方々でにぎわってます
    DSCN8318

    外界とは別世界
    DSCN8412

    トイレの手洗い場がこんな傾斜でした
    DSCN8405

    サブウェイ
    DSCN8402

    プーマストア
    DSCN8319

    映画館もどーん
    DSCN8307

    CATの服屋がありました
    DSCN8403

    洒落たカフェ
    DSCN8305

    Sony senterなる店が。店内全てsony製品
    DSCN8399

    館内をうろうろしていると…

    なんと、まぁミスドじゃあーりませんか!ショッピングモール内に全部で4店舗見かけました
    DSCN8323

    外に貼ってあったポスター。ん…メシも食べれる?
    DSCN8324

    店内
    DSC_0001
    DSC_0002

    カウンター
    DSCN8347

    詰め合わせ
    DSCN8344

    フレンチクルーラーとかポンデリングとか全然ありません。これは日本のとは別物ですね
    DSCN8342

    ピザなんかもあります
    DSCN8343

    なんと、バイキングがあります!むしろファミレスにドーナツ屋がついてるようなノリですね
    DSCN8346

    ミスドのゴハンとかどんなもんなん?ということで、4品みつくろってみます
    DSCN8349

    ビフテキ。バーベキューソース味。うまい。
    DSCN8351

    パスタ。クリーム味。なんか青臭くて激マズ…
    DSCN8354

    インゲンと卵の炒め物
    DSCN8355

    ピラフっぽいゴハン。味は薄い
    DSCN8352

    ラズベリージュース
    DSCN8350

    期待はできませんが、一応、ドーナツも食べてみますかー。

    オーソドックスなやついってみます
    DSCN8358

    練乳クリームどーん。激甘…
    DSCN8363

    しめて7ドル!高っ!街で同じようなプレートが2ドルくらいです。
    DSCN8575

    おわかりのように、エルサルのミスドは日本のミスドとは全く別物でした。実は、北米において、ミスタードーナツは90年にダンキンに買収されていて、ほとんど「ミスド」ブランドは残っていません。地理的にいって、アメリカのダンキンが「ミスド」ブランドでエルサルで展開しているようです。なので、ポンデリングもフレンチクルーラーも所ジョージもありません。

    ゴハンがマズイというという一点で、日本のミスド(飲茶ね)と共通してましたが…。


    現在、9位。8位の壁が高いっす…
    下ランキングバナーを1クリックして応援よろしくです。


    人気ブログランキングへ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-01-13 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    コーラ大国・エルサルバドルでコーラ飲み比べ。懐かしのバニラコーラも

    DSCN8408


    全国5千600万人のコーラファンの皆様、こんにちは。

    今日は中米・エルサルバドルに変なコーラがたくさんあったのではりきって飲み比べてみます!

    あ、エルサルバドルここね

    より大きな地図で エルサル を表示

    中米一の人口密度を誇り、その勤勉な国民性から「中米の日本」と呼ばれたりしてるそうです。ほんとかよ。GDPは98位です。


    ではいきませう!ちなみに全てコーラは40円くらい。激安!

    まずは…

    コカコーラバニラ
    DSCN8438

    実は、日本でも2003年に発売されています。当時、飲んだかどうかは覚えていませんが、その甘ったるいモン同士、冗談のような組み合わせに日本中のコーラフリークが衝撃を受けたことは記憶に新しい。

    開けた瞬間バニラの香りが漂います
    DSCN8440

    飲み口にアーモンドの風味がきますね。うーん。マイルドではあるんですが、甘すぎますな。


    お次は…

    その名もサルバコーラ
    DSCN8212

    もちろんエルサルバドル産。エルサルバドルマークがついています
    DSCN8214

    味は……100円ショップで売ってるコーラみたいなチープ感全開の味です。まずくはない。


    次はスーパーコーラ
    DSCN8427

    これもエルサルバドル産。サルバコーラよりちょっと薄味。


    お次は…コーラシャンパン。泣きたいくらいに牧歌的なパッケージ。いざ!
    DSCN8215

    注ぐと、黄色い液体が
    DSCN8240

    どーん。シャンパンの色ではない
    DSCN8224

    コーラじゃないですね。カナダ人のアンドレに飲ませてみたら「クリームソーダみたいな味じゃないか!なぁジャパニーズ!」と言っていました。めちゃくちゃ甘いです。このコーラシャンパン、エルサルバドルで超メジャー。スーパーとかでかなり積まれちゃってます。


    さぁ、お腹が減ったので、コーラでププサを食べましょう!

    エルサルバドル名物料理ププサ
    DSCN8248

    外は普通のトルティーヤ。中の黒いのは小豆ペースト。
    DSCN8249

    チーズも入ってます
    DSCN8259

    ちょちょちょ、ちょっと待たれい!

    ププサはまだ完成していません!

    いっしょについてくるサルサ(左)とキャベツの酢漬け(右)
    DSCN8245

    どばっと。キャベツの酢漬けがシャキシャキでめちゃうまい
    DSCN8265

    サルバコーラとともに。
    DSCN8263

    これであなたも念願のサルバドール人!


    現在、9位。8位の壁が高いっす…
    下ランキングバナーを1クリックして応援よろしくです。


    人気ブログランキングへ

    テーマ : 海外ニュース
    ジャンル : ニュース

    2012-01-12 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    グァテマラ人がドラゴンボールのキャラを描くとこうなる

    手がもはやスゴッグ
    DSCN7386

    グァテマラ第二の都市・ケツアルテナンゴの公園に、なかなか哀愁のある遊園地がありました。

    こういうこじんまりした感じ
    DSCN7359

    ゲーム機
    DSCN7373

    観覧車。なんと手動で回すみたい
    DSCN7369

    木でできてる
    DSCN7401

    サッカーゲームの駒ね
    DSCN7402

    思いがけず、ドラゴンボールのキャラクターが迎えてくれました。

    こんな感じで遊具に描かれていました
    DSCN7377

    本物より悪そう
    DSCN7382

    前髪がマイケルみたくなってる
    DSCN7379

    違う人が書いた?
    DSCN7381

    うまいじゃん
    DSCN7383

    メガネじゃないって
    DSCN7384

    こっちはグラサンかけてるし
    DSCN7378

    誰?
    DSCN7380

    天才的な絵のタッチもさることながら、これを遊具に採用しようというグァテマラ人の根性がすごい。

    それ以外にも著作権に挑戦を挑むかのような、遊具がありました。

    黄疸がでてる
    DSCN7390

    淡泊すぎる
    DSCN7364
    DSCN7366
    DSCN7365

    脱線しそう
    DSCN7395

    これまじ怒られるぞ
    DSCN7392



    現在、9位。8位の壁が高いっす…
    下ランキングバナーを1クリックして応援よろしくです。


    人気ブログランキングへ


    テーマ : 海外ニュース
    ジャンル : ニュース

    2012-01-07 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop
    ホーム  次のページ »

    デスク

    松崎敦史

    Author:松崎敦史
    1981年5月28日生まれ。大阪府出身。A型。2005年株式会社白夜書房に入社。フットサル雑誌「フットサルナビ」の編集者として5年間働く。2011年7月世界一周旅行へ。ニュースサイトGIGAZINEで連載。当ブログがブログ村旅行カテゴリーで1位獲得。2012年7月帰国。2013年4月、脳内トラベルメディア・世界新聞をリリース。

    もろもろお気軽にご連絡ください!
    atsugk☆gmail.com

    タレコミ募集中!

    世界新聞社では、
    「ココ取材してきて」
    「こんな面白いことあったよ」
    「今ココでコレが流行ってる」
    そんなタレコミを24時間体制で受け付けております。
    atsugk☆gmail.com

    購読料について

    下記バナーを1日1クリックしてください。定期購読の場合、クリックが2日に1回でよくなる特典がございます。
    ※ビール券はあいにく切らしております。
    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 人気ブログランキングへ

    訃報

    ・テツ&トモ
    ・日本経済

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    為替

    今日の運勢

    編集長のつぶやき

     

    定期購読はこちら

    コラボ、執筆依頼、苦情はこちら

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    旅行
    322位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    海外旅行
    118位
    アクセスランキングを見る>>

    検索フォーム

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。