スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    -------- : スポンサー広告 :
    Pagetop

    「五体投地」は誰のために祈る? @チベット

    P8201537-1

    チベット

    人々が

    祈る

    姿が印象的

    だったので

    忘れないうちに

    載せておきます。



    まずは、

    チベット仏教信者の

    聖地

    ジョカン(ラサ)。



    ここでは

    五体投地

    する人が

    たくさんいました。

    五体投地(ごたいとうち)とは、五体すなわち両手・両膝・額を地面に投げ伏して、仏や高僧などを礼拝することである。仏教において最も丁寧な礼拝方法の一つとされ、対象への絶対的な帰依を表す。 wikipedia



    P8191453-1

    P8201581-1
    本堂

    P8201558-1

    P8191447-1
    楽しそうにおしゃべりしながら五体投地する人もいた

    P8201580-1
    少年の五体投地パフォーマー。目立つ場所で五体投地をして、お金をめぐんでもらうパフォーマー的な人が何人かいた

    P8201542-1

    P8201573-1
    マニ車を回すひと



    続いて、

    四川のチベットエリア

    塔公(タ―ゴン)。

    P8121079-1

    P8121113-1
    本堂の中

    P8121062-1


    同じチベット仏教でも

    様々な祈りのスタイル

    があったなぁ。



    ひざまづいて、額をつける人。

    全身をつける人。

    ひたすら手を合わせる人。

    楽しそうな人。

    切実な人。



    宗教のことは

    よくわからないが、

    彼らが

    自分のために祈ってるんじゃ

    ないことだけはわかった。

    下記バナーを1クリックして世界新聞を応援してください。クリックすると、登録ランキングサイトに飛び、当サイトにポイントが入ります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


    スポンサーサイト

    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : チベット ラサジョカン 五体投地

    2011-08-30 : 社会 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    伝説の美少女「クマリ」はどんだけ可愛いのか?【後編】 @ネパール

    前編はこちら



    気を取り直して、

    さらに待つこと

    数分、

    窓の内側に

    人影が。












    P8260072kumari

    また、

    違うっっ!



    そして

    諦めて

    帰ろうかと、

    思った

    その時…













    P8121084kumari

    絶対違う!



    申しわけない。

    悪ふざけが過ぎたようだ。



    結局、クマリ

    30分遅れくらいで

    姿を見せた。



    どうやら、

    ある程度観光客が

    集まったタイミングで

    出てくるようだ。



    それにしても、

    クマリ

    神秘的だった。



    係の

    「kumari coming!」

    の声とともに

    「no photo!」

    の嵐。

    いつの間にか

    係員が5人くらい出てきている。

    監視の目が光る。



    そんな中、

    クマリ

    ちょこん

    と窓から上半身

    を覗かせる。



    7歳くらいであろうか。

    まだまだ幼い。

    皆の視線を受けて、

    戸惑ってているのか、

    目をきょろきょろ。



    目の周りのメイクが

    何とも

    ミステリアス。



    赤い服

    が暗い背景に映えて、

    ある種

    ホラーな空気を

    を醸し出している。



    となりの窓から

    観衆を

    監視をしている

    世話係のオヤジに

    何かを囁くクマリ



    たぶん、

    「もういい?」

    「もういい?」

    って聞いていたのだろう。



    そして

    クマリは姿を消した。

    この間

    20秒。



    不思議な時間だった。



    カトマンドゥ

    クマリの館に住むクマリは

    ロイヤル・クマリと呼ばれていて、

    国王もひれ伏す、

    国の運命を占う予言者だという。



    日常では、人々の病気の治療、願望を叶える祈願をしているらしい。



    そんな

    ありがたい、

    生神にこういうこと

    を言うのは恐れ多いが



    クマリは

    神秘的で一見の価値あり。

    ただ、

    特別可愛い

    という訳ではない。



    これが

    当サイトの結論である。

    P8260078くまり
    現在、カトマンズに住むロイヤル・クマリ

    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : クマリ カトマンドゥ

    2011-08-28 : 社会 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    生きた女神「クマリ」はどんだけ可愛いのか?【潜入レポ】 @ネパール

    クマリを見に行ってきた。

    クマリ(Kumari、Kumari Devi)とはネパールに住む生きた女神

    密教女神ヴァジラ・デーヴィー、ヒンドゥー教の女神ドゥルガーが宿り、ネパール王国の守護神である女神タレジュやアルナプルナの生まれ変わりとされており、国内から選ばれた満月生まれの仏教徒の少女が初潮を迎えるまでクマリとして役割を果たす。カトマンドゥのクマリの館に住む国王もひれ伏すロイヤル・クマリが最も有名であり、国の運命を占う予言者でもある。 wikipedia


    ネパールの首都、カトマンドゥのダルバール広場にクマリの住まいであるクマリの館(Kumari Bahal)があり侍従達に囲まれて暮らす。特別な儀式以外には外出はせず、クマリの館の中で生活をする。 学校に行く事も不可能なために勉強は館の中で行い、友人と遊ぶこともある。 wikipedia



    世間から隔離されて、

    館に住みつづける

    少女。

    めちゃ、神秘的ではないか。



    そして、

    クマリになるための

    条件を読んで

    驚いた。

    クマリは初潮前の幼い少女から選ばれ。家柄は重要であり、ネワール族の仏教徒の僧侶・金細工師カーストのサキャ(Shakya)の生まれでなければならない。

    以下は32もある条件の一部である。

    健康である
    すべての歯が欠けていない
    菩提樹のような身体
    牛のような睫毛
    獅子のような胸
    鹿のような脚
    アヒルのように柔らかく透き通った声
    黒い髪と目

    また、身体的には怪我の跡や不自由な箇所がないことも条件である。 動物の頭部が並べられた暗い部屋に閉じ込められて耐えることも必要とされる。 国や国王との占星術における相性が良く、これらすべての条件をクリアした少女がクマリとなる。wikipedia 



    これがホントなら、

    どんだけ美少女なんだ!



    ということで、

    早速

    クマリ

    に会いに行ってきた。



    カトマンズの中心に

    ある名所、

    ダルバール広場の一角に

    クマリの館はあった。

    P8260064くまり
    外観

    P8260071kumari
    内観。クマリ待ちの観光客

    しかるべきお布施を払うと、

    クマリが中央の窓(写真下)

    から顔を出してくれるらしい。



    これは、

    他の観光客のお布施に

    便乗するしかない。

    P8260058kumari

    受付の女性によると

    16:30には

    必ず顔を出すという

    ことだったので、

    1時間待つとする。



    そして、

    時刻は

    16:29。

    いよいよだ。



    16:30。

    観衆の視線が

    中央の窓に注がれる。



    16:31。

    あれ。

    クマリこない。



    16:35。

    依然としてこない。

    中には諦めて

    帰り出す観光客も。



    僕もさすがに、

    外に出て、

    たむろしていた

    ネパ―ルの学生



    「ノ―、クマリ!」

    と訴えてみる。

    しかし

    「イエス、クマリ!」

    と返される。



    彼らのアドバイスに従い、

    もう一度、

    中で待ってみる。



    そして、時刻が

    17:00を

    過ぎたころ。



    窓の内側で

    何かが動く。

    「来たっ」





















    P8260063kumari

    違うっっっ!



    <後編へ続く>

    下記バナーを1クリックして世界新聞を応援してください。クリックすると、登録ランキングサイトに飛び、当サイトにポイントが入ります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : クマリ ネパール 生きた 女神 カトマンズ ヒンドゥー

    2011-08-27 : 社会 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    恥ずかしめ屋さん 【世界のありえない商売】 @カトマンズ

    P8260076-1

    カトマンズマーケット

    歩いていたら、

    様々な露店に混じって



    あきらかに

    おかしい

    店(?)

    があった。



    さて、

    このおじさん、

    何屋でしょう?



    ヒントは

    赤い円形の物体。



    答えは…

    体重計り屋さんです。



    一回5ルピー(5円)ですって。



    女性からしたら

    なんで

    金払ってまで

    他人に

    体重暴かれないといけないんだ

    って話ですね。



    20分くらい見てたんですけど、

    もちろん

    客ゼロでした。

    P8260075-1
    頭をかかえる店主

    下記バナーを1クリックして世界新聞を応援してください。クリックすると、登録ランキングサイトに飛び、当サイトにポイントが入ります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : カトマンズ マーケット

    2011-08-27 : ビジネス : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    ウマくないけど中国で500店舗! 日系「味千ラーメン」の勝因

    P7280667-1

    味千

    をご存じか。



    え、知らない?

    天下の

    味千ラーメンを。



    そりゃそうだろう。



    知っていると答えたあなた、

    ずばり、

    熊本周辺の人か、

    中国関係の人でしょう。



    味千ラーメン中国

    500店舗を展開する

    日系ラーメンチェーンである。

    P7280669-1

    味千との出会いは

    この旅の初日までさかのぼる。



    上海にて、

    たまたま入ったラーメンチェーン。

    珍しく、

    お茶が出てきたり、

    メニューに日本語があったり、

    もしや

    と思ったら…

    味千だったのだ。



    ただ、

    このときはもちろん

    味千

    は?なにそれ?

    状態である。



    それが、

    中国で訪れる

    都市にあるわあるわ。

    味千。



    味千何者?



    ということで、

    調べてみた。

    味千は熊本に本社(重光興業)がある

    ラーメンチェ―ン。



    中国だけでなく

    海外店舗652、

    という派手な

    海外展開っぷりである。



    対して

    国内店舗数は92。

    そのほとんどが熊本周辺にある。



    どうりで知らないわけだ。

    P7280676-1

    では、

    何故、

    こんなにも味千は

    中国で躍進できたのか?



    フランチャイズシステムやら、

    中国の店舗は、

    中国の代理企業が経営していることなど、

    いろいろ要因はあるだろう。



    だが、

    中国滞在中に味千に通い詰めた

    結果、

    当サイトは「味」

    が勝因なのではいかと。

    P7150041-1
    ラーメン一杯30元(360円)

    そうはいっても、

    別にウマくはない。

    普通である。



    よくあるとんこつスープに

    ちょっとニンニクを利かせた感じ。

    日本ではとても差別化

    できるシロモノではない。

    クオリティ的には

    ラーメン花月くらいのレベルかと。



    ただし、

    その味、

    中国人にとっては

    新鮮だったりする。



    「中国のラーメンと全然違う。濃厚でおいしい」(大学生@武漢)
    「味千は中国で有名。上海の人はああいう新しい味は好き」(教師@上海)



    そもそも中国のラーメンというのは

    牛肉面など濃い系をのぞき

    スープの味が薄く、

    スープを味わうという

    文化がないような気がする。



    そこにきて、

    味千の

    豚骨濃厚スープ。

    コレが受けたのではないか。



    ようは、

    味千は

    中国で言うラーメン

    とは違う、

    別の食べ物

    「味千ラーメン」

    として定着した感がある。



    余談だが、

    中国の味千は

    ラーメン以外のメニューも豊富に用意されている。

    寿司、鉄板ライス、かき氷などのデザートetc



    そして、

    店内は富裕層

    の家族連れでにぎわっている。



    そう、

    中国人にとって、

    味千は

    ファミレスだったりもするのだ。

    P7280672-1

    ちなみに、

    僕は

    ラーメン以外にも

    かつ丼と

    餃子(日本式)

    にトライしてみた。



    これは…。

    日本の味千の本部

    の管理が

    行きとどいてないこと

    を伺わせる

    残念な

    シロモノであった。

    P7280679-1

    下記バナーを1クリックして世界新聞を応援してください。クリックすると、登録ランキングサイトに飛び、当サイトにポイントが入ります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : ビジネス
    ジャンル : ビジネス

    tag : 中国 味千 ラーメン 海外 展開 熊本

    2011-08-26 : ビジネス : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    武警がウロウロ…ガイドは口を閉ざす… 暴動から3年【ラサ潜入レポ】

    P8181391-1
    ポタラ宮をイメージして作られたラサ

    18日から3日間、

    ラサに滞在しました。



    現在、

    チベット自治区への外国人個人旅行

    禁止されています。

    なので外人はみんな成都などで

    ツアーを組んで行くことになります。

    基本、ガイドの監視下というわけです。



    2008年暴動もあって、

    まだまだ物騒なイメージがあったラサ

    でも、入ってみると

    街は平安そのもの。



    ただ、

    大きな通りの角には、

    銃を手にした武装警察が

    ガラス張りのボックスに入って

    待機してたり、

    P8201584-1
    ガイドに「警察は絶対撮っちゃダメ」って言われたから撮りました

    P8191464-1

    マーケットにも武警がウロウロしてたり、

    依然として当局の警戒っぷりが伺えましたわ。



    あとはやっぱり、

    ラサ中国化!



    街はかなり近代化が進んでいて、

    目立った高層ビルはないものの、

    ファーストフードあり、

    百貨店あり、

    コンビニあり、

    他の中国の地方都市とあまり変わらない

    感じ。

    P8201614-1
    ファーストフード店に僧侶

    漢族の流入が

    進んでいるとは聞いていたけど

    街を歩いた感覚だと、

    チべタンと漢族の割合は

    7:3

    くらいか。

    P8201606-1

    で、まぁ中国が必死なんですわ。

    まず、街中に中国

    国旗国旗国旗。

    なんとあのポタラのてっぺんにまで!

    さすがにヤな感じ。



    あと、

    北京やら何やら

    道に中国の都市名が入ってたり。

    P8201598-1

    ここは中国だ!

    って。



    チベット自治区

    なのに、

    看板の

    チベット語表記が

    漢字表記より小さいのは

    どうなんでしょ。

    P8181399-1

    まぁそんな感じで

    いろいろありますが、

    一番は感じたのは

    言論統制ですね。



    チべタンのガイドの姉ちゃんは

    終始、

    彼女自身、

    僕らの

    発言

    に気を使っている様子でした。



    特に公共の場では。



    「今から行くレストランは警察関係者がいる可能性があるので、

    政治的な話題はナシね」

    僕が、

    「ナーバスになりすぎなんじゃないの?」

    って冷やかすと、

    「当たり前でしょ!」

    って怒られました。



    懲りずに、

    いろいろナイーブな質問してたら

    こう言われました。



    「私たちは過去のことは話せるけど、

    現在のことは話せないの」



    やっぱり、

    あれだけの暴動が起きた

    (犠牲者など、真実は定かではないですが)

    訳で、

    目に見えないところで

    チベット問題は

    色濃く

    ラサ

    陰を落としているようです。

    P8201623-1
    ジョカンというチベット仏教信者にとっての「聖地」で五体投地を繰り返す人々。その写真を撮る中国人観光客

    下記バナーを1クリックして世界新聞を応援してください。クリックすると、登録ランキングサイトに飛び、当サイトにポイントが入ります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : バックパッカー
    ジャンル : 旅行

    tag : チベット 中国 成都 外国人 個人旅行 ツアー 2008年 暴動 ラサ チべタン

    2011-08-25 : 社会 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    『天空鉄道』に舞い降りた天使 @青蔵鉄道 【世界の美女図鑑 vol.7】

    P8171368-1

    成都ラサ

    を結ぶ青蔵鉄道

    通称、

    「天空列車」

    にまさに、

    「天使」

    が舞い降りました。
    P8171360-1

    食堂車で

    友達と席待ちをしていた彼女。

    誘ったら、

    あっさりテーブルに来たのでちょっと

    おしゃべりしました。



    すごくひとなつこい感じで

    しぐさがいちいち

    可愛くて、

    中国にもこういう娘いるんだって

    感動しました。



    こんな妹がいたら

    人生狂わされること

    必至です。



    えくぼが超キュート!
    P8171361-1

    記事を読んでおもしろいと思った方は、下記バナーを1クリックしてください。当ブログのランキングが上がります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ





    テーマ : バックパッカー
    ジャンル : 旅行

    tag : 中国 成都 ラサ 青蔵鉄道

    2011-08-25 : ピンク : コメント : 1 : トラックバック : 0
    Pagetop

    秘境「美人谷」に行ってみたら… @中国/ダンパ

    P8131256-1

    先日、

    成都からバスで10時間くらいの街、

    ダンパ丹巴)に行ってきた。

    P8131230-1
    チべタンが住む谷、Jiaju valley

    この街、なんと

    古来より、

    美人谷」

    として有名な場所らしい。



    ちなみに「ダンパ

    の語源はチベット語のギャロン

    「女王の谷」を意味しているとのこと。

    中国の資料にも『美人谷』と紹介されているらしい。



    で街から

    タクシーを飛ばし、

    チべタンが住む谷、

    Jiaju valley

    に行ってきたのだが、



    美人どころか人がいない。

    いても年寄りばかり。

    P8131251-1

    チべタン

    家に誘われたと思ったら、

    中にも美人はいない。

    挙げく、

    家を出ようとすると、

    金を要求される始末。



    結局3時間くらい歩きまわったが、

    美人は見つけられず。



    一応、

    一番若いチべタンの写真

    を載せておく。

    P8131273-1

    聞くと、

    美人谷と言われたのは昔のことで、

    今は美人たちは

    都市に出稼ぎに行っていて

    村にはいないそうな。



    無念…。
    記事を読んでおもしろいと思った方は、下記バナーを1クリックしてください。当ブログのランキングが上がります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : バックパッカー
    ジャンル : 旅行

    tag : ダンパ 丹巴 チベット チべタン 美人

    2011-08-18 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    道のど真ん中にエロい忘れ物 @成都

    P8161345-1

    成都の街を歩いていたら、

    道のど真ん中に

    大きな箱が。



    見ると

    ダッチワイフ

    だった。



    最後までやってくれるぜ、

    中国

    記事を読んでおもしろいと思った方は、下記バナーを1クリックしてください。当ブログのランキングが上がります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 中国 成都 ダッチワイフ

    2011-08-17 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    人民がハマる過激なチークダンス 中国「大人の社交場」潜入レポ 【後編】

    前編はこちら



    僕が選んだのが、

    成都娘っぽい

    少し色黒のお姉さん系。

    一番可愛い娘を選んだつもり。



    ホールに行き、

    手を合わせる。

    なんかぎこちない。

    すげー、照れくさい。



    彼女が何かを喋りかけてくるが、

    もちろん理解できない。

    とりあえず、

    「リーベン(日本人)」

    と連呼しておく。



    しかし、2曲を踊り終えるころには

    二人の呼吸も合い(!?)

    一体感のようなものが生れてきたではないか!



    なるほど。

    これは楽しい。

    たしかに

    『コイビトキブン』

    だ。



    調子に乗って

    肩に手を回すと

    察したのか、

    女がどんどん密着度を高めてくる。

    もう、

    何から何まで

    全て当たってる感じである。



    オヤジ達と同じように

    抱きついて揺れてるだけ。



    すごく気分がいい。



    4曲目に突入。

    熱くなってきた

    熱い。

    ただ、この汗ばんだ感じが

    かなりいい。



    結局、4曲目が終わり、

    50元を払って彼女とサヨナラをした。



    もう一人くらい踊りたいところ

    だったが、

    アクシデントが発生し、

    それは叶わず。



    どうしても、

    この異様な空間を写真に納めたく、

    一回だけフラッシュをたいたところ、

    会場は騒然。

    警備員5人と大勢の野次馬に囲まれてしまい、

    罵声の嵐。

    そのまま逃げるように会場を後にしたのであった。

    P8100936-1

    Aさんによるとこのテのホールは

    中国でも西側(成都重慶)独特のモノらしい。



    踊ったあとに手コキ

    はたまた本番まで移行

    する店もあるらしい。

    僕が行った店も以前は手コキをしていたのだが、

    当局の取り締まりが厳しく

    今のスタイルに落ち着いているらしい。



    個人的にはすごく楽しめた。

    暗闇の中でチークダンスというのが

    すごくノスタルジックで、

    風情があった。

    何より、中国の素人人民が

    可愛いらしかった。


    記事を読んでおもしろいと思った方は、下記バナーを1クリックしてください。当ブログのランキングが上がります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : バックパッカー
    ジャンル : 旅行

    tag : 成都 お姉さん 可愛い 中国 重慶 手コキ 本番

    2011-08-16 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    人民がハマる過激なチークダンス 中国「大人の社交場」潜入レポ 【前編】

    成都地元民だけが通うという、

    社交場

    があるというので行ってきた。



    ネタ元は同じ宿に宿泊する

    韓国人のAさん。

    Aさんは中国暮らしが長く、

    成都に数件なじみの場所があるという。



    「ホントニ、ジモトノヒトダケデス」

    「オンナノコトダンス、コイビトキブン、スゴクタノシイ」



    割と流喋な日本語でAさんは語った。



    ちょっと怪しいディスコのような場所らしい。



    成都の中心から少し離れたホテルから

    タクシーを走らせること10分。

    大通りから

    一本入った路地に立つビルに

    Aさんが入っていく。



    ビルは薄暗いし、小汚いし、

    アングラさ全開である。

    1人では死んでも入りたくない。

    P8100937-1
    社交場は3階にあった


    ホールに通じる階段の踊り場に受付があって、

    おじさんに入場料5元(60円)を払う。

    安っ!

    なるほどこれなら地元民も通える。



    ホールのドアを開けると

    思ったより広い。

    50畳くらいはありそうな

    暗闇の中にミラーボールがきらめいている。

    怪しい!怪しすぎる!



    目が慣れてくると、

    ホールの淵に沿ってソファが並べてあるのがわかった。



    そして、

    女達が座っていた。

    P8100929-1

    30人くらいだろうか。

    Aさんによると、

    まだ時間が早く(20:30)

    女の子は少ないとのこと。

    踊っている人もまばらである。



    21時くらいになると、

    続々と女の子が入ってくる。

    ホールに踊る人影が目立ちはじめ、

    オヤジ達が女の子の前を行き来し物色している。



    システムはこうだ。



    男が女を選び

    手を引きホールへ。

    チークダンスを踊り、

    男は踊り終わると、

    一曲につきだいたい10元(120円)くらいを女に払う。

    一曲で終わるのも10曲踊るのも自由。

    終了のタイミングは男がきめる。



    女の子は20代前半が大多数。

    中には30オーバーと推測されるのもいる。

    ドレス的なモノを身につけている女もいるが、

    大半はTシャツにスカート的な普段着。

    50人くらいの中で

    一緒に踊りたいなというのは

    まぁ5人くらいというところ。

    全体的にあか抜けない。



    ホールを観察していると、

    このホールの趣旨が理解できる。



    チークダンスというと聞こえはいいが、

    大半は男が女に抱きついて

    揺れているだけ。

    しきりに耳元で何かを囁いて乳繰り合っている。

    中にはケツを鷲掴みの輩も。



    そしていよいよ、

    僕も1人を選びホールへ向う。

    (続く)

    記事を読んでおもしろいと思った方は、下記バナーを1クリックしてください。当ブログのランキングが上がります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : バックパッカー
    ジャンル : 旅行

    tag : 成都 地元 社交場

    2011-08-16 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    チべタンガイドは北京を夢見る @中国/ダンパ

    P8131275-1

    ダンパという街にいます。

    成都からバスで10時間くらいいったところの

    四川チベットエリアの街です。



    ここは、チベタンが住む谷があって

    そこに立つ塔が有名なところです。

    P8131341-2

    P8131322-2

    で、今日、同室の中国人・ツァイミンとココに行ってきました。

    まぁ塔自体はそれなりのモンです。

    なかなかミステリアスなシロモノでした。



    それより、

    塔の手前にガイドがいたんです。



    塔に入るなら

    20元払えってことなんですけど、

    このチべタンのガイドが、

    なかなか好青年。

    手際よく案内してくれます。



    で、気付いたんですけど、

    彼、

    俺達が写真を撮ってるときとか

    暇があると、

    丸めた雑誌に目を落としてるんです。



    中国政府についての

    会報だって。

    不思議に思ってつっこんでも

    「興味があるから」

    としか答えてくれませんでした。



    別れ際、彼が

    ツァイミンに

    何かを聞いていました。



    「何話してたの?」

    って聞いたら、

    成都→北京までどれくらい金かかるって」

    中国人は北京在住)



    うーん。



    ツァイミンによると、

    彼は

    上海や北京の大都市に行ったことがなくて、

    いつか住みたいらしい。



    彼は若そうに見えて27。

    一日15人しかこない観光地のガイドをやってる彼にとって、


    成都→北京の

    エアー(1300元)

    電車(400元)

    ってどれくらいの重さなんやろう。



    そんなことを考えました。

    P8131326-2

    記事を読んでおもしろいと思った方は、下記バナーを1クリックしてください。当ブログのランキングが上がります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : バックパッカー
    ジャンル : 旅行

    tag : ダンパ 成都 四川 チベット チべタン 中国 上海

    2011-08-13 : 社説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    中国の赤ちゃんのお尻は2回割れる。

    P8070859-2

    中国では路上で、

    普通に、

    親が

    赤ちゃんに

    うんち&おしっこをさせている

    光景に出くわす。



    親たちは考えました。

    どうせ、

    どこでもやるんだから

    この際赤ちゃんのズボンを

    切っちゃえと。

    P8040828-2

    P8070855-2

    P8090881-2

    めちゃめちゃ可愛いです。


    便利だったり、

    都合の良いことは

    即実行。

    格好なんて気にしません。



    いかにも中国人らしい発想かと。

    記事を読んでおもしろいと思った方は、下記バナーを1クリックしてください。当ブログのランキングが上がります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 中国 赤ちゃん

    2011-08-09 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    カウチサーフィン体験レポ ~ゲイの魔の手が忍び寄る!?~ 【後編】

    前編はこちら




    近づく

    jhonの気配。

    彼の浅い息遣いが

    室内にこだまする。

    jhonが足を止めた。



    「来る!」



    自然と黄門様に力が入る。



    しかし、

    johnはそのままキッチンのほうへ抜けていった。

    呆然としながら、

    胸をなでおろす。



    気がつくと、窓の外が明るくなっていた。

    いつの間にか眠ってしまったようだ。



    ****



    とまぁ

    結局、johnは

    ゲイではありましぇんでした。



    むしろ、

    めちゃいい人。



    johnは50歳のイギリス人。

    10年くらい前から

    中国国内を転々としていて、

    2年前から上海に住んでいるとのこと。



    家から5分くらいのところで

    英会話教師として働いています。



    3日間お世話になったんですが、

    基本的に

    johnに合わせて11時くらいに家を出て

    彼が帰宅する19時以降に

    家に戻るという感じ。



    メシも何回かご馳走になりましたし、

    毎朝飯を作ってくれました。

    メトロのカードを貸してくれたり、

    とにかく太っ腹。



    あとは、

    johnの友達の中国人と

    メシを食いにいったり。

    普通に旅してたら会えない人

    と会えたりする。



    ただ、デメリットもなくはないです。

    いくらいい人でも

    こっちは気を使うわけで、

    例えば、あまり遅くに帰ったら迷惑かなとか。

    朝も遅くまでは寝てられません。



    1人になりたい時とかは

    ちょっとしんどいです。



    まぁそれでも、

    カウチサーフィンはそれを補ってあまりあるのかなと。



    なんせ、すべて無償ですからね。



    ところで、

    何でjohnはここまでしてくれたんでしょう?



    johnは

    寂しい

    んだと思いました。



    異国の地で何年も暮らして、

    あまり友達もいない。

    話し相手がほしいんだと思いました。



    「俺には家族がいない。だからイギリスに帰っても居場所がない」

    みたいなことも言ってました。



    あとjohnは、

    日本の文化に興味があって

    リタイアしたら日本に住みたいんだって。

    (日本語学校に通っている)



    そういうのもあって、

    俺によくしてくれたんじゃ

    ないかな。



    別れ際、

    僕は不覚にも

    泣いてしまいそうになりました。

    いつの間にか

    友情が芽生えていたんですね



    こういう心の交流ができるのは

    カウチサーフィン

    ならではだと思います。


    P7170128-2
    ジョンと

    下記バナーを1クリックして世界新聞を応援してください。クリックすると、登録ランキングサイトに飛び、当サイトにポイントが入ります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : バックパッカー
    ジャンル : 旅行

    tag : ゲイ イギリス 中国 デメリット カウチサーフィン

    2011-08-08 : 社会 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    ブリブリセクシーちゃん@成都 【世界の美女図鑑 vol.6】

    P8010792-2


    今泊まってるゲストハウスに、

    ブリブリのセクシーちゃんがいたので

    撮ってみました。



    ツーショットを撮ったとき、

    おっぱいをグリグリしてくれて、

    ちょっと気が遠くなりました。



    一緒にメシも食いにいったんですが、

    みんなのご飯をよそったり、

    なかなかできる娘でした。



    日本人たちに

    日本円をねだっていたのが

    ちょっと面白かったです。



    ちなみに中国の女性は、

    簡単には最初の一線を

    越えさせないらしいです。


    記事を読んでおもしろいと思った方は、下記バナーを1クリックしてください。当ブログのランキングが上がります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : バックパッカー
    ジャンル : 旅行

    tag : ゲストハウス

    2011-08-07 : ピンク : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    チベットへの道は想像以上に険しい @成都

    P7310762-2

    成都という街にいます。

    6日目です。



    普通なら成都って

    間違っても6日も滞在する場所ではないんですが、

    ラサへのツアー待ちです。



    今、チベット自治区には、

    個人で行くことは原則できません。

    旅行会社でツアーを手配して、

    許可証を取り、

    ガイドが同行することが義務づけられています。



    まぁ個人でも行くだけなら行けるかもしれませんが、

    公安の検閲が厳しくて

    中で身動き取れないみたいです。



    チベットへの登竜門、

    成都には、

    たくさんのチベット行きの旅行者が集まります。



    今泊まっている、

    sims and corzy

    というゲストハウスには

    日本人も結構います。



    で、チベットへの道は険しいですわ。



    まずツアー代金。

    3048元(36576円/内成都ラサ鉄道代500元)也

    7日間でネパールへ抜けるタイプ、

    4人で行く場合です。



    中国を普通に旅してる感じだと、

    めちゃ高いです。

    おまけに、

    さっき連絡があって

    さらにツアー価格が上がるみたいです。



    チベットはハイシーズンで

    ラサの観光局的には

    「取れるときにとっておこう」

    もしくは

    「金持ちだけこい」

    という思惑のようです。



    あと、

    ツアーメンバー集め。

    ランクルで回るので

    1人より4人でいくほうが、

    当然安い訳です。



    なんで、メンバーを探しているんですが、

    まぁ集まらない。



    3人までは集まったんですが、

    あと1人が集まらない。



    最近は外にも出ず、

    ゲストハウスのトラベルデスクの前で

    新たな旅行者が来るのを

    刑事ばりに

    ひたすら待ってます。



    昨日なんか、

    メンバー探しに他のゲストハウスまで

    行ったり。



    でも、今ラサへ旅立ってる人たちは

    7月中旬から待っている

    (今年は7/26まで入境許可証の申請がクローズしていた)

    人だったり、

    僕なんかまだまだひよっ子なんでしょうな。



    まぁそんな感じで過ごしております。

    チベットへの道は険しいですわ。


    P8030806-2
    成都名物の火鍋

    記事を読んでおもしろいと思った方は、下記バナーを1クリックしてください。当ブログのランキングが上がります。
    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : バックパッカー
    ジャンル : 旅行

    tag : 成都 ラサ sims and corzy ツアー 入境 ゲストハウス チベット ネパール

    2011-08-05 : その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    中国鉄道「寝相」驚愕コレクション @西安→成都

    中国鉄道

    硬座」で、

    実に様々な寝相に遭遇したので、

    紹介したい。


    P7310756-2
    椅子で机のような寝方を可能に

    P7310758-2
    なんかのたうちまわってた

    P7310747-2
    中国ではほんとに子供を大切にする

    P7310749-2
    滝のイメージ

    P7310753-2
    狛犬のイメージ

    P7310746-2
    2人の関係が気になる



    と、こんな感じで

    「寝れない」と言われる

    硬座でなんとか寝ようと、

    必死な人民たちなのでした。


    記事を読んでおもしろいと思った方は、下記バナーを1クリックしてください。当ブログのランキングが上がります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : バックパッカー
    ジャンル : 旅行

    tag : 中国 鉄道 硬座

    2011-08-05 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    バス待ちのひと@成都 【世界の美女図鑑vol.5】

    P8010767-2

    成都の街で、

    バス待ちしていた彼女。



    もう、恥ずかしがって、

    まともに取れませんでした。



    日本的な美しさが、

    際立っていたんですが。



    無念…。

    P8010770-2

    記事を読んでおもしろいと思った方は、下記バナーを1クリックしてください。当ブログのランキングが上がります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : バックパッカー
    ジャンル : 旅行

    tag : 成都

    2011-08-03 : ピンク : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    ジューススタンドの妹系看板娘@成都 【世界の美女図鑑vol.4】 

    P8010771-1

    成都の街中の、

    ジューススタンドで

    店番をしていた彼女。

    結構ノリのいい22歳、めっちゃキャピってました!



    ちなみに成都って中国で有名な

    美人の産地だそうです。

    記事を読んでおもしろいと思った方は、下記バナーを1クリックしてください。当ブログのランキングが上がります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : バックパッカー
    ジャンル : 旅行

    tag : 成都 美女

    2011-08-02 : ピンク : コメント : 1 : トラックバック : 0
    Pagetop
    ホーム

    デスク

    松崎敦史

    Author:松崎敦史
    1981年5月28日生まれ。大阪府出身。A型。2005年株式会社白夜書房に入社。フットサル雑誌「フットサルナビ」の編集者として5年間働く。2011年7月世界一周旅行へ。ニュースサイトGIGAZINEで連載。当ブログがブログ村旅行カテゴリーで1位獲得。2012年7月帰国。2013年4月、脳内トラベルメディア・世界新聞をリリース。

    もろもろお気軽にご連絡ください!
    atsugk☆gmail.com

    タレコミ募集中!

    世界新聞社では、
    「ココ取材してきて」
    「こんな面白いことあったよ」
    「今ココでコレが流行ってる」
    そんなタレコミを24時間体制で受け付けております。
    atsugk☆gmail.com

    購読料について

    下記バナーを1日1クリックしてください。定期購読の場合、クリックが2日に1回でよくなる特典がございます。
    ※ビール券はあいにく切らしております。
    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 人気ブログランキングへ

    訃報

    ・テツ&トモ
    ・日本経済

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    為替

    今日の運勢

    編集長のつぶやき

     

    定期購読はこちら

    コラボ、執筆依頼、苦情はこちら

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    旅行
    272位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    海外旅行
    96位
    アクセスランキングを見る>>

    検索フォーム

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。