スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    -------- : スポンサー広告 :
    Pagetop

    ピンクシティでインドが牙をむいた 【雑記】 @ジャイプル

    デリーから電車で5時間。

    (約350円/特急/寝台)

    昨日の夜、ジャイプルって街に着いた。

    ここは『ピンクシティ』と呼ばれるくらい

    ピンクらしい。



    まだ見てないので何がどうピンクで、

    ぺーパー師匠と比べてどれだけピンクなのか、

    その辺りのことはなんとも言えんが。



    そんなことより。

    ここにきてインドが本領発揮してきた。



    昨日、ジャイプル駅に着いたのが20時。

    ホームでお出迎えのリキシャーマンについていった。

    暗いし、宿探すの大変だからまぁいいかって。

    20ルピー渡して「一泊200ルピー(約400円)でwifiができるとこに連れてけ」って。



    行ったら、確かにwifiだけど全然予算オーバーなの。

    で結局、何軒か回ってヘトヘトになって、

    もういいやって

    ショボいのに250の宿に泊まることに(もちろんwifiない)。



    なんかジャイプルだけ高いぞ。

    んなハズないよな。



    P9300345-1

    P9300346-1

    P9300348-1



    で、宿は決まったのにリキシャーが全然帰ってくれない。

    明日の市内観光にリキシャーを使えと。

    断り続けてると、最後には一日100ルピー(200円)でいいからって

    勝手に握手させられて「じゃなー明日10時なー」って帰っていきました。



    あいつら絶対100で終わらせへんやろな。



    P9300327-1
    夜歩いてたら催ものやってた。




    で、やっとメシにありつけると思ったら

    どこもレストラン開いてない。

    空いてるレストラン入ったけど高くてアホらしくなって出てきた。



    宿の周辺、なんか雰囲気悪いし。

    今までで一番悪いかも。

    暗くて、人通りないけど、目つき悪い連中だけはいるし。



    レストラン諦めて、カップ麺買ったら、

    「お湯は俺にまかせろ」って男が現れて、レストランへ。

    お湯待ってると、

    「さぁ明日のプランを考えよう」

    お前もか…。



    カップ麺諦めて、路上オムレツ屋で待ってたら

    キマってる感じの2人組が声かけてきて

    ジャイプルではタバコ吸ったら100ルピー罰金だ。俺によこせ」

    とか言いだして。



    「何でお前に渡さないとあかんねん」

    て日本語でキレちゃいました。



    今思うとその前にそんな法律ないやろって話やね。

    キレ方間違えたね。



    早くもジャイプル嫌な感じ。



    今まで平和すぎたんやね。

    インド甘く見てたわ。



    P9300349-1



    ブログランキングに参加しています!
    ランキング上がるとテンション上がります。
    1日1クリック!応援よろしく!


    人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    tag : デリー 電車 ジャイプル ピンクシティ

    2011-09-30 : その他 : コメント : 1 : トラックバック : 0
    Pagetop

    インドエリート養成校「IIT」に潜入! 【後編】 @デリー

    DSC_0163-1


    前編はこちら




    ◆IITはブランド




    適当な校舎を選んでシレっと中に入る。

    入口にはいかついガードマンが3人待機していたが、特に止められることもなく。

    トラ柄ハットにタンクトップに無精ひげの東洋人を

    まさか学生と思ったわけでもないだろうから、そこらへん緩いらしい。




    一階は広いフロアに机が並べらていて、学生が静かにお勉強している。

    自習スペースみたいなところか。




    続いて上の階へ。

    講堂がいくつもある。




    しかし…。

    どの講堂にも学生はいない。

    気付けばもう18時。




    やってもうた…。

    下手したら講義に混ぜてもらうつもりだったのに。



    DSC_0153-1

    DSC_0150-1



    仕方なく講堂に入り、一番前の真ん中の席に意味もなく座り、

    「ここでインドのエリート達が

    日夜勉強に励んでいるわけだ」

    なんて無駄に浸ってみる。




    IITの学生は、MBAに進む学生が多いみたいだ。

    話を聞いた4人中2人が、IITのMBAに進むって言ってた。




    残りの2人は会社に入ってエンジニアとして働くつもりだそうな。




    インドはホントに街中に仕事のない人が溢れているが、

    「一般的にはインドで就職先を探すのは難しいけど、

    僕らはそうじゃない。一定レベル以上から選ぶことができる」

    ってさ。




    それはやっぱり、

    「IITがブランドだから?」って聞くと「YES」。




    でもブランドだけじゃないよな。

    実際彼らはスゴいよ。




    話していて

    論理的思考をかなり鍛えられてるんだなって感じたし、

    あと、彼らは英語がペラペラだった。

    (授業はすべて英語らしい)

    それは外界のインド人が話すファッキンイングリッシュとは全く別物だった。




    そして、社会的な話を振っても受け答えがはっきりしていた。




    「インド社会の一番の問題は?」っていう漠然とした質問にも、

    「インドが発展しているのは経済だけ。貧富の差がすごく激しい。

    だから金を持ってる人と、貧しい人をつなぐブリッジが必要なんだ」

    みたいな答えがかえってきた。




    ちなみに彼は一年生。

    信じられる?




    何だろう。

    彼らからは「インドを背負って立つ」っていう静かな意思を感じた。



    DSC_0151-1

    DSC_0143-1



    ◆「夢は宇宙関係のエンジニアになること」



    校舎を出ると日が暮れて、

    溜まっていた学生の姿も少なくなっていた。



    家路につく歩く学生達を見て、日本社会からドロップアウトしたダメな東洋人は、やっぱり、

    「こいつら楽しいのかなぁ」

    って思ってしまう。

    「みんな彼女いないって言ってたしなー」。



    DSC_0180-1



    一緒に正門まで帰った彼に

    「夢はなんだ?」

    って質問をあえてしてみる。



    一年生の彼は

    「俺の夢は宇宙関係のエンジニアになることだ」

    って答えた。



    それを聞いておじさんはちょっと嬉しくなってしまったのだった。



    DSC_0145-1
    トイレもインド離れしたキレイさ

    DSC_0214-1
    カフェテリア




    ブログランキングに参加しています!
    ランキング上がるとテンション上がります。
    1日1クリック!応援よろしく!


    人気ブログランキングへ

    テーマ : 政治・経済・時事問題
    ジャンル : 政治・経済

    tag : IIT 学生 MBA インド エリート

    2011-09-29 : 社会 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    インド一の難関「IIT」の学生が秀才すぎる @デリー

    DSC_0210-1
    話を聞いたIIT生たち

    DSC_0230-1



    ◆IITに落ちたらMIT(マサチューセッツ工科大学)に行く



    インド一

    優秀な大学、

    インド工科大学。
    (Indian Institutes of Technology/IIT)

    「IITに落ちたらMIT(マサチューセッツ工科大学)に行く」

    と言われるほどの難関校で、

    その学力水準は

    世界でも屈指だと言われている。



    経済成長著しい

    インドにおいて

    NO.1の大学って

    どんな感じなのか?



    そこに通ってる

    エリート予備軍

    とお話がしたい!



    という訳で

    潜入してきた。



    ここだけの話、

    奴らトンでもない

    エリートでっせ、

    お嬢さん。



    ◆浮ついた感じは一才ない



    インド工科大学デリー校は

    ニューデリーから

    地下鉄で20分

    の郊外にあった。



    正門からキャンパスに入る。

    DSC_0207-1

    すげーキレい。

    いや

    日本の基準からいくと

    普通なのだが、

    インド離れしたキレいさ。

    ウンコひとつ落ちてない。

    すげー探したけど落ちてなかった。



    すごく広くて、

    普通に一般人も歩いていて、

    リキシャも走ってる。

    さすがに牛はいなかった。

    すげー探したけどいなかった。



    まぁ、

    一個の街みたくなっている。

    DSC_0218-1

    DSC_0227-1

    DSC_0188-1

    DSC_0194-1

    進むにつれ学生の姿がちらほら。

    校舎が林立するエリアへ。



    校舎は

    日本の古い大学

    のおもむき。



    ためしに学生達に

    道を尋ねてみる。



    2組に無視され、

    1組(女子大生)

    キャハハと
    笑われ、

    2組が優しく教えてくれた。

    DSC_0170-1

    DSC_0183-1

    図書館前

    に学生が

    たくさん溜まっている。



    みんなスゲー

    ラフ。

    Tシャツに短パンて奴もけっこういる。

    少なくとも金持ちのボンボンという

    雰囲気はない。



    浮ついた感じは一才なく、

    日本の大学の

    テニスサークルなんかによくいる

    無駄にアクセル全開野郎

    は1人もいない。



    静かに

    おしゃべり

    といったところ。



    ◆IITは入ってからが地獄



    あと、メガネが多い。

    計測してみたら、

    20人中7人がメガネだった。

    これは外界

    の割合からすると異常。



    それと関係があるかどうか

    はわからないが、

    (俺はきっとあると思う)

    IITはテストが多いことで

    有名で、

    入ってからが

    地獄らしい。

    DSC_0203-1

    学生に聞いてみると、

    セメスター(4か月)に

    3回テストがあって、
    (1つの大テスト+1つの中テスト)

    それ以外にもプレゼンや

    「サプライズテスト」

    なんてものがあるという。

    試験期間中は一日

    9時間くらい勉強するそうだ。
    (3年生談)



    通常時も

    週5日、

    一日7時間くらい授業があるらしい。
    (1年生談)



    「お前たちはそれでいいのか?」

    「青春のど真ん中を生きてるんだぞ、

    女のコとあんなコトやこんなコトするべきでしょうに!?」

    とは

    言ってないが、

    それとなく聞いてみる。



    「全然ハードじゃないよ。そうだな。
    60%くらいエンジョイしてる。少なくとも退屈ではないね」(1年生談)

    「まぁ、勉強は大変だよ(苦笑)。
    でもそれを含めてエンジョイしてるよ」(3年生談)



    キーーーーーっ。

    可愛くねぇ。

    エンジョイ、エンジョイって、

    ホンマにエンジョイしてんのか!?



    日が傾く中

    チャイを片手に談笑する

    学生達を尻目にいよいよ

    校舎の中へ。


    <続く>

    DSC_0165-1
    購買部でチャイを買う学生



    ブログランキングに参加しています!
    ランキング上がるとテンション上がります。
    1日1クリック!応援よろしく!


    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 政治・経済・時事問題
    ジャンル : 政治・経済

    tag : 優秀 大学 インド工科大学 Indian Institutes of Technology IIT インド エリート

    2011-09-28 : 社会 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    【インド耳かきチャンピオン】に会いに行く @デリー

    P9260162-1

    ひざまくらを

    はじめとする

    日本ではお馴染みの

    耳かき

    ビジネス。



    ここデリーにも

    耳かきビジネスがあるという

    ことを聞きつけた。



    なんと耳かきの

    インドチャンピオン

    がかいてくれるらしい。

    P9260172-1

    さっそく、

    彼がいるという

    公園へ向かった。



    公園の一番目立つベンチで待つ

    こと5分。



    「May I help ミミカキ?」



    キタッ!

    そこには40くらいのおじさんが。



    「お前は耳かきチャンピオンか?」

    「Yes sir. I,m chanmipon」

    「証明できるものはあるのか?」



    すると男はメモ帳を

    取り出して、

    ページを開く。

    P9260159-1

    P9260127-1

    そこには、

    たくさんの耳かき感想文が。



    日本人からのメッセージも

    多数寄せられている。



    悪評もちらほら。

    そうとは知らずに

    こいつバカだな。



    「違う、証明書をよこせ」



    黙る男。



    こいつはチャンピオンじゃない。



    見切りを付けた

    僕は男を追い返す。



    その後、

    何人もの「チャンピオン」が

    俺のもとへ。

    しかし、

    誰も証明するものは持ってない。



    あきらめかけたその時、

    1人の男が私の元へ。



    「お前はチャンピオンか?」

    「Yes Look.」



    男がふところから手帳を取り出す。



    「またか」

    そう思いながら目を落とす。



    何!?

    P9260158-1

    耳かきチャンピオンinデリー。



    確かに書いてある。



    しょうがない。

    こいつで手を打とう。

    P9260157-1

    P9260130-1
    証拠写真も持ってた

    まず、

    値段交渉をしようとすると、

    いきなり

    耳を掴んでくる。



    「ミルダケ」



    見て一言。



    「ウーン、バッチイ」



    うるせぇ!

    どこでそんな日本語覚えた!?



    すると男、

    耳かきをつっこんでくる。

    拒否すると

    「TRY ダケ No money 」



    そしてかきとった

    耳垢を見せて

    言った。



    「Look. you are バッチイ man」



    インド人からバッチイ

    って言われるとなんか傷つく。



    自分の耳がどれだけ汚れてるか

    見せて、

    耳かきするように仕向ける。



    なかなか巧みだ。



    交渉の末、

    両耳

    40ルピー
    (約80円)

    でやってもらうことに。

    P9260165-1

    まぁ普通だ。

    普通に気持ちいい。



    すると男が

    右耳に液体を入れてくる。

    「its medichine」

    仕上げに消毒してくれるようだ。



    「ヒダリ モ medichine ok? extra」

    extra?

    「お前、40でやるって言っただろ?

    左も薬入れろや」

    「ヒダリ medichine extra」

    「じゃ、いらねぇ」

    「ヒダリ デッカイノ aleady 」

    「If medichine using can remove」

    「ミミ アタマ カラダ conecting.

    So. ミミ バッチイ ハ アタマ カラダ バッチイ」



    片方だけ薬を

    体験させておいて、

    もう片方にはデカイのが残ってると。

    それを取るには追加料金てか。

    んで、このままだと、

    頭と体にも良くないってか。



    こいつ、

    なかなかの商売人だ。



    最後にチャンピオンは

    キレイになった右耳



    バッチイままの左耳に

    「ハロー、ハロー、ハロー」

    と三回囁き

    親指を立てて

    「Perfect」



    そう言い残して

    去っていったのだった。

    P9260134-1
    耳かきされる現地人

    いつも1クリックありがとうございます。皆さんのクリックで記事更新のモチべも上がります!

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : お笑いネタ
    ジャンル : お笑い

    tag : ひざまくら インド ビジネス ルピー 耳かき

    2011-09-27 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    インドの映画館は、六本木レベル @デリー

    インドの映画館に潜入してきた。



    この映画館、

    全てが

    インド離れした

    クオリティーを持っていた

    のだった。



    場所はデリーの

    中心にある

    コンノートプレイス。



    ココは新たに

    都市開発された

    激しく

    コスモポリタン

    なエリアで、

    街並みもヨーロッパを思わせる。

    P9250087-1

    驚くことに、

    ウンコひとつ

    落ちていないではないか!

    ココはホントにインドか!?



    で、映画館。

    P9250093-1

    P9250094-1

    P9250095-1

    まず、インド離れした

    入場料。



    300ルピー!
    (約600円)

    ※VIP席しか空いてなくて100ルピー追加された。



    今俺が泊まっているホテルの

    2泊分の値段である。

    P9250092-1

    俺がみたのが、

    mausam

    ってラブロマンス。

    ほんとは

    インドで社会現象になってる

    ボディーガードが見たかったのだが…。


    館内に入ろうとすると

    問題発生。



    カメラ、ライターはもちろん、

    なんと

    カバンまで持ち込めない!

    入口では、

    インドの

    ショッピングセンターや駅で

    お馴染みの身体検査の列。

    (という訳で館内の写真はケータイで隠し撮りました)



    テロとか、

    相当警戒してるんだろうな。



    ちなみに、

    チケット売り場の

    前には映画に来た

    客目当てで

    貧しい子供たちが。

    「鉛筆とルピーを交換して」

    って。

    DSC_0043-1

    DSC_0046-1

    館内に入る。

    ここは…。

    六本木か?



    六本木の映画館か?

    っていうくらいキレイ。

    ボーイもいて、

    ピシッとしてる。

    DSC_0037-1

    DSC_0034-1
    映画館の中のラウンジ。エアコンで寒いくらい

    あと、

    客も完全にハイソな方々。



    隣の席のおばさまは

    シャネルのバッグ持ってた。


    ん?

    なんでバック持ってるの?



    映画が始まるまで

    VIP席の観客に

    イソイソと

    ボーイが

    ジュースやらポップコーンを運ぶ。

    日本人並みの機敏さ。



    いよいよ、

    映画が始まる。

    DSC_0021-1

    ヒンドゥー語

    なんで

    内容はなんとなくしかわからない。



    でも観客の反応を見てる

    だけで楽しめた。



    とにかく、

    リアクションが大きい。



    笑うところでは、

    手を叩いて笑うし、

    女優が登場すると、

    指笛を吹く奴もいた。



    あんま静かに

    見るモンじゃないらしい。



    2時間が過ぎた時、

    いきなり

    画面に

    アルファベットの

    文字が現れて、

    スクリーンが暗くなり、

    場内が明るくなる。



    「え?終わり!?」

    「めっちゃいいとこだったのに!」

    なんて思ってると

    みんな全然席を立たない。



    そう、

    あれは

    途中休憩だったのだ。

    to be continue

    だったのだ。



    それにしても

    すごいところでぶった切る。

    めっちゃクライマックス

    のシーンで切られたので

    結構興ざめであった。



    あと、

    途中、キスシーンが出てきたのだが、

    やっぱお国柄か

    影を作って

    露出を押さえていた。

    DSC_0017-1

    で、

    映画の

    内容だが、

    相当ファッキンなストーリー展開だった。

    シリアス系なのに、

    最終的には

    ある意味コメディーで終わってしまった。



    一緒に行った

    イタリア人の

    「Very Indian story」

    というのが

    全てを物語っていた。



    まぁ

    主演の

    女優

    (ソナム・カプール:Sonam Kapoor)

    がインド人離れしたキレイさで

    それだけが救いだった。

    sonam

    sonamu3

    sonam2

    下記バナーを1クリックして世界新聞を応援してください。クリックすると、登録ランキングサイトに飛び、当サイトにポイントが入ります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : インド 映画 映画館 ソナム

    2011-09-26 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    世界一周に踏み出せない人へ 【旅立つための3ステップ】

    P7150017-1

    P8040831-1
    世界を1年半くらいしてるryoくんのパック。いい味でてる



    に踏み出すための3ステップ



    先で

    俺が仕事辞めて

    一年くらいかけて

    行してることを知ると

    驚く人が結構多い。



    そして

    珍しいモノでも見るような目で

    こう続ける。

    「よく踏み切れましたね!?」

    って。



    特に、

    有給と週末を組み合わせて

    どうにか

    海外行しているような

    社会人に

    そういう反応が

    多い。



    そういう人に向けて

    俺がまでにやったことを

    まとめておこうと思う。



    ただ、

    これはあくまで

    旅に踏み出すためのステップ

    みたいなもので、

    世界一周

    を推奨する気はないので

    あしからず。

    したい人はすればいい。


    P8231873-1
    エベレスト周辺の景色



    1 理由を決める



    これがないと、

    わりと

    何も始まらない。



    別に理由は何でもいい。



    「三国志が好きだから、時間のあるうちに、中国のゆかりの地を回りたい」(大学生男性)

    「日本とは違う環境に身を置いて感性を研ぎ澄ませ、曲をつくる」(30代男性/ミュージシャン志望/)

    「仕事で疲れたから、どっか南の島で死ぬほど休みたい」(40代男性)




    俺が出会った理由にはこんなのがあった。



    もっと言うなら、

    旅の後の自分を

    イメージする
    ことも大事。

    旅を終えたあと



    自分は何を得ているのか。

    どんな自分になっているのか。



    まぁ、

    必ずしも

    そんなシリアスになる必要はないけど、

    旅を終えて

    自分がハッピーなのかどうかは

    イメージできるでしょ。



    なんとなく、

    「ここら辺を旅行したい」

    じゃなかなか実行できない

    ことが多い。



    それなりの

    決断をして旅をするなら

    自分に対して

    理由が必要なのだ!



    P9100249-1
    インド-ネパール国境にて。バスのルーフから



    2 期限を決める



    ありきたりだけど、

    超重要。



    まず、

    「●月●日に旅立つ」

    って決めてしまう。

    すると、

    人間不思議なもんで

    無意識に

    それに向けて準備を進めていくもの。



    「●月●日に旅立つには、

    まず、●日までにA子を説得して

    ●日までに●万円用意して

    ●日までにを航空券を取って

    ●日にA子と最後の晩餐」



    みたいに。



    で、これはかなり重要なのだが、

    他人に宣言すること。

    「俺は●月●日に行っちゃう」

    って

    出来るだけ

    たくさんの人に言っちゃう。



    特に、

    「こいつには負けたくない」

    みたいなライバル的

    存在に宣言すると効果抜群。



    そうすりゃもう

    あとに引けなくなるよ、あんた。

    P8161351-1



    3 旅モードに突入する



    いよいよ最終段階。



    俺から言わせれば、

    旅は旅立つ前から始まってる。

    なーんて。



    具体的に何をしたかと

    言うと

    ルームシェア



    出発の2カ月前から

    会社の同僚の

    ワンルームに

    3人で住んだ。



    俺の場合は

    長期旅行だったので、

    「これから1年旅行するんだから、

    それに近い状況でならしておこう」

    という意図があった。



    効果は絶大だった。



    コレは

    自分の部屋がない

    という意味で

    かなり

    旅してる感覚に近かった。



    あとは、

    アパートを引き払った

    手前、

    もう行くしかない。

    というのもあった。



    「ルームシェアはちょっと気合い入りすぎだろ」

    って言う人にお勧めなのが、

    人と会って話すこと。



    これからする旅のことを

    ひたすら話す。

    相手なんかおかまいなしに話す。



    そうすると、

    旅してる自分が

    明確にイメージできて


    テンションが上がり

    「アタシ、ほんとに行くんだわ!旅立つんだわ!キャー!」

    って

    自然と旅モードに

    なるはず。



    あと、

    人と話すことで

    思ってもみない

    旅の可能性

    に気付くこともある。

    「あ!そういうこともできるんだ!アタシ!キャー!」

    みたいな。



    そんな感じで

    出発日まで

    旅モードを維持したら

    あとは旅立つだけ!

    P9130415-1
    ガンジス河にて



    ***



    と、偉そーに

    語って

    俺は実際に出発まで

    半年かかった。

    当初、

    決めてから4か月で

    行くハズだったので

    2カ月もずれ込んだ格好だ。



    まぁそれでも

    一応旅立てたのだから

    もし、

    なかなか踏み出せないって

    人の参考になれば

    と思います。

    P7150014-1

    P7150006-1
    出発の朝の空

    「アタシも旅だっちゃうかも!」とか思った人は下記バナーを1クリックしてください。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 世界一周

    2011-09-25 : 社説 : コメント : 2 : トラックバック : 0
    Pagetop

    インドのマックは金持ちの社交場 @バラナシ

    P9160599-1

    インドの

    マクドナルドへ行ってきた。



    インドのマック、

    全然

    ファーストフードではなかった。



    バラナシの

    ショッピングモールの中に、

    マックがあるという。



    ショッピングモールに

    入ろうとすると

    いかついガードマンに止められる。

    その場で

    入口で荷物&身体検査。

    タバコとライターを没収される。



    中に入ると、

    なんと、

    エアコンがかかっているではないか!



    歩く人々の身なりも

    こぎれいで

    人とリキシャとウンコが

    狂い咲く

    外とは

    まさに別世界だ。



    いよいよ、

    マック。

    P9160569-1

    P9160570-1

    カウンターに行ってビビった。

    高いとは思ってたけど、

    こんな高いとは。



    全てのセットが

    100ルピー
    (約200円)

    越えである。

    P9160571-1

    ここインドでは

    100ルピーあれば、

    アグラからデリーまで電車でいける。

    街の食堂のTALI

    (カレー定食的なもの)

    が30ルピー。

    チャイが一杯5ルピー。

    チャイ20杯分である。



    店員の対応も

    「Yes Sir」

    から始まって

    インド離れした丁寧さだ。



    迷った末に

    一番

    インドを主張

    していた

    マハラジャバーガー

    セットを頼む。

    150ルピー!

    (300円)



    俺が泊まってた

    ゲストハウス(シングル)の

    一泊と同じ値段!

    DSC_0024-1

    席に座って

    店内を見回す。



    なるほど、

    ここは金持ち連中の社交場だ。



    年齢層は若い。

    20代が大半。

    学生もちらほら。

    DSC_0025-1

    みんなインドらしからぬ

    カジュアルな

    シャツを着こなしており

    伝統衣装や、

    サリ―を着てる人は1人もいない。



    あとで

    聞いてみると

    やはり

    インドにおいて

    マックは

    まだまだ

    高嶺の花らしい。



    ちなみに、

    中国のマックも

    相場より

    高く感じたが

    (セットが25元くらい/300円)
    →中国では街の食堂で10元出せばお腹いっぱいになる。

    ここまで

    高貴な空間ではなかった。

    P9160572-1

    P9160579-1

    で、

    肝心のマハラジャバーガー。



    うん、マズい。



    パティが

    チキンで出来ているのだが、

    (ほぼすべてのハンバーガーがチキンだった。
    これもお国柄だ)

    これが

    なんとも

    ヌメヌメしてる。



    味は

    もちろん、

    カレー味だった。

    P9160580-1
    箱に記載されていたNON VEGマーク。ベジタリアンの国、インド

    下記バナーを1クリックして世界新聞を応援してください。クリックすると、登録ランキングサイトに飛び、当サイトにポイントが入ります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 政治・経済・時事問題
    ジャンル : 政治・経済

    tag : インド マクドナルド マック バラナシ

    2011-09-24 : 社会 : コメント : 0 : トラックバック : 1
    Pagetop

    実はイタリア人女性と2人で旅してます @デリー 【雑記】 

    P9221202-1

    昨日、

    カジュラホからアグラ

    経由して

    デリーに着いた。

    P9211105-1
    カジュラホ駅のホーム

    カジュラホ
    9/21 夕発

    電車/6時間/約700円

    アグラ
    9/22 早朝着
    9/22 夕発

    電車/5時間/約280円

    デリー
    9/22 夜着



    タージマハル

    アグラ

    には泊まらない

    という強行軍だったので

    かなり疲れましたわ。



    というのも、

    カジュラホから一緒に旅してる

    イタリア人のILAが



    「アタシはアグラは日帰りで十分」

    デリーでお土産を買うのに3日は必要。早くデリーにつきたい!」

    デリーで映画も見たいの」

    とか

    如何なく

    お姫様っぷりを発揮し、

    わがままを言いだしたので

    付き合ってあげたのです。



    ILAは今週の日曜には

    イタリアに帰るので

    追い込みモードに

    入っているのです。

    P9221209-1

    P9221284-1
    偽物のサリ―を着てガイドから説明を受ける日本人

    P9221270-1

    P9221225-1
    タージでいちゃつくカップル

    タージマハル

    ルーマニア人の

    女の子とILAの

    3人で回ったんですが、

    2人とも文句タラタラでしたわ。



    大半が

    インド人の悪口でした。



    とにかく客引きが

    ウザいと。



    まぁ、

    俺的には

    想定内だったんですが。



    ILAなんか

    ちびっ子物乞い

    に金をせがまれて、

    真顔で

    「WHY?」

    とか言いますからね。



    まぁ、

    それでも

    欧米人にしては

    全然マシなほうなんだと思う。



    だって、ILAは普段はめっちゃいい娘。

    フランス人グループと

    俺とILAで一緒に話してたときも、

    自分はフランス語もペラペラ

    (スペイン語もペラペラ)

    なのに

    俺のためにみんなに

    英語で喋ろうって呼びかけてくれたり。



    まぁ、

    2人で

    アグラの宿で

    仮眠とったとき、

    いきなり、

    ズボン脱いで、

    寝出したときは

    ビビったけどな。



    眼中にナシってことですわ。



    カジュラホ出る時、

    駅のホームで

    「NO CITY、NO FOOD、NO SEX、BYE BYE CAJYURAHO!」

    と叫んだILA。



    ILAって

    そういう娘です。


    P9190973-1
    サマになってる

    P9201057-1
    猿の写真を撮るのに夢中なILA

    下記バナーを1クリックして世界新聞を応援してください。クリックすると、登録ランキングサイトに飛び、当サイトにポイントが入ります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    tag : タージマハル アグラ デリー 電車

    2011-09-23 : その他 : コメント : 1 : トラックバック : 0
    Pagetop

    インド人は「ジキジキ」がお好き @カジュラホ 【雑記】

    P9211063-1
    カジュラホの街

    日本人はなんで

    こうも

    インドブローカー連中に

    人気があるのだろう?



    カジュラホはすごく

    小さな村。

    田舎は

    客引きマシだって

    聞いたのになー。



    外を歩くと、



    「ジャパーン」

    「チョットミルダケ!」

    「リキシャノル?」



    の応酬である。

    P9211073-1
    ちびっ子ブローカー

    P9211074-1
    彼の名は木村拓也

    それに加えて

    カジュラホ

    の連中は

    まじ下ネタ好き。



    まぁエロ寺があるくらいだから、

    終始

    そういうノリなのだ。



    ジキジキ スキ?」

    ジキジキ マンコ、チンコ トモダチ」

    「インドジン ト ジキジキ タカイ 」



    すぐジキジキの話だ。



    ジキジキとは

    SEXのこと。



    すげー、

    紳士だったホテルマンも

    2人になった途端

    一緒に旅してる

    女を指して



    ジキジキしたのか?」

    「どんな味だった?」



    とか聞いてくる。



    まぁ、

    そういう

    街である。



    ちなみに、

    インド人を買ったら

    相場は

    一晩

    3000~5000ルピー

    (6000円~10000円)

    らしい。



    買わないけど。



    アーグラ―に移動します。

    P9190900-1
    カジュラホ名物、ジキジキーホルダー

    テーマ : 日記
    ジャンル : 日記

    tag : ジキジキ カジュラホ

    2011-09-22 : その他 : コメント : 1 : トラックバック : 0
    Pagetop

    【18禁】エロ過ぎる寺にいってきた @カジュラホ

    10位~4位はこちら


    カジュラホの

    エロ彫刻ランキング、

    ベスト3

    を発表!



    3位 絡みつく男女

    P9180767-1

    絡みつきっぷりが半端ない。

    このがっつきっぷり、

    もはや、神様ではない。



    2位 行列のできる女
    P9180865-1

    農作業帰りに、

    一発ってこと!?

    いい汗かいてる。



    1位 SEXマンダラ
    P9180805-1

    これに似た

    パターンがいくつかあったのだが、

    コレをチョイス。

    全く無駄がない。





    <番外編>

    P9180821-1

    P9180838-1

    P9180878-1

    P9190902-1

    DSC_0004-1

    下記バナーを1クリックして世界新聞を応援してください。クリックすると、登録ランキングサイトに飛び、当サイトにポイントが入ります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 日記
    ジャンル : 日記

    tag : エロ カジュラホ

    2011-09-21 : ピンク : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    【18禁】世界で一番エロい寺 @カジュラホ/インド

    P9180738-1

    インド中にその名を轟かし、

    杉原彩が

    性地

    とあがめる

    かどうかは知らないが、

    とにかく、

    エロい寺が

    あるというので行ってきた。



    バラナシから西へ電車で

    12時間。

    カジュラーホーという村に

    エロ寺はあった。



    どうも、

    村の中心にある、

    「西の寺群」

    がエロ寺の

    総本山みたいだ。



    エロ寺は

    ヒンドゥー経の寺院で

    10世紀~11世紀に建てられたらしい。

    エロいのに

    世界遺産に登録されている。

    P9180798-1

    公園の中に

    こういう寺が5個くらい立っていて、

    P9180768-1

    P9180766-1

    P9180814-1

    壁面にずらっと

    彫刻が埋め込まれている。



    全てがエロい訳ではなくて、

    よく見ていくと

    たまに

    エロい彫刻がある。



    それにしても

    エロかった。

    PTAも真っ青、

    新婚旅行なんかで来ようもんなら

    その夜のベッドは炎上、

    カジュラホベイビー必至

    のシロモノで

    である。



    それでは、

    エロ彫刻の数々を

    ランキング形式で

    お送りする。





    10位 正常位
    DSC_0014-1

    キンタマリアリズム。




    9位 69
    DSC_0009-1

    インドでもシックスナインって言ってた。

    女が下。




    8位 そそる尻
    P9180875-1

    フェチにはたまらない。天女のお尻。




    7位 立ちバック
    DSC_0008-1

    DSC_0007-1

    このアングル、いいね。




    6位 像は見た
    P9180750-1

    像が覗き見してる。




    5位 やりすぎ注意

    P9180840-1

    ピストンしすぎて足が風化。




    4位 ミッションインポッシブル
    DSC_0012-1

    ガイドがミッションインポッシブルって連呼してた。




    さぁ、

    ここからが本番。

    未知なる

    複数プレイゾーンに突入!

    ベスト3は

    次回!



    見たい人は下のランキングバナーをクリック!

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 面白画像
    ジャンル : お笑い

    tag : エロ インド ヒンドゥー 世界遺産

    2011-09-20 : ピンク : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    ガンジス河でバタフライしたらどうなる? 【人体実験】

    P9160659-1

    5178BH9Q0QL._SL500_AA300_

    ganjis

    やってまいました。

    ガンジス河でバラフライ。



    全然、

    沐浴するつもりは

    なかったんです。



    そんな

    見た目、

    めっちゃ汚い河

    って訳ではないんですが、

    僕はスキンがすごく

    ナーバスですし。



    でも最終日に

    河に行ったら


    君は

    このまま、

    バラナシを去って

    いいのかい?



    ってガンジス河

    静かに

    語りかけてきて、


    P9160652-1

    ちょっとだけ、

    腰までって

    思って入ったら、

    P9160654-1

    いつのまにか

    頭をつけてて

    P9160657-1

    気付いたら

    バタフライしてました。

    P9160655-1

    P9160662-1

    P9160656-1

    めっちゃぬるくて、

    底にはいろんな

    モノ

    が溜まってるみたいで

    ヌルヌル

    ゴツゴツしました。



    ちなみに、

    ガンガ―に頭まで入った人は

    僕の周りへの調査によると



    54%ですね。



    熱出して寝込んでます。



    これから

    エロ彫刻で有名な

    エロ寺

    がある

    カジュラホー

    にいきます。

    P9160615-1

    下記バナーを1クリックして世界新聞を応援してください。クリックすると、登録ランキングサイトに飛び、当サイトにポイントが入ります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : ガンジス河 ガンガー バタフライ

    2011-09-18 : その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    30男が会社を辞めて世界一周に出た理由 【告知】

    ちょっと

    宣伝です。



    開国ジャパン

    という

    団体のサイトに

    コラムを書きました。



    5年間の編集者生活から

    辞めて、

    世界一周に至る

    までの

    想いとかを

    ぶちまけています。



    あー、

    こいつは

    こんな感じで

    飛び出しちゃった

    んだって

    面白がってもらえればと。


    記事はこちら
    【コラム】世界一周から起業へ。『旅メディア』を創る!
    開国ジャパン



    ご存じの方

    も多いでしょうが、

    開国ジャパン

    日本人のグローバル化を

    促進するため

    幅広い活動を

    展開している団体。



    サイトには

    海外で活躍する日本人

    コラムがたくさん

    載ってます。



    かなりおもろいです。



    元編集者としては

    書籍化したら

    面白いだろうな~

    って。


    一回訪れてみてください!


    開国ジャパン
    http://kaikoku-japan.net/

    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 開国ジャパン 世界一周 海外 日本人

    2011-09-17 : ABOUT : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    インド人詐欺師のありえない日本語 @バラナシ

    P9140443-1

    「ハッパ、チョコ、イル?」

    ゲストハウス付近を

    歩けば、

    5m間隔で

    そんなお誘いを受ける今日この頃。



    インド人ブローカーたち

    は何故か、

    ひたすら

    日本人をカモろうとしてくる。



    そして

    彼らは

    こちらがびっくりするほど

    日本語が流ちょうだ。



    インドにきて、

    たった5日で

    楽しい日本語たちに

    遭遇したので紹介したい。




    ◎チクビ メッチャ スケテル ヤン

    沐浴場にいたら
    「ボート ノル?」
    って声をかけられた。
    断ったら、
    上記の言葉とともに、
    チクビを優しくなでてきた。



    *ボチボチ デンナ

    みやげ屋について行って
    店主があまりに
    日本語流喋なんで、
    もうかってる?
    って聞いてみたら、
    100点万点の回答。

    P9140511-1
    左がボチボチの彼。日本人の嫁がいて「ボンヤスミ デ キセイ シテル」。





    ☆ア、チョット マッテ

    カトマンズのゲストハウス街・タメルを
    歩いていたら店のほうから
    「ア、チョット マッテ」。
    思わず、ちょっと待ってしまった。
    「アノウ スミマセン」てのもあった。



    ●シンダラ チンコ モ マンコ モ ナイカラネ

    これもみやげ屋についていった時。
    18歳の調子ノリ客引きと
    火葬場の話になって、
    俺が「今日、女性の死体を見た」
    って話したら
    直後に笑いながら言った。
    深い。

    P9150547-1



    <番外編>
    ◆MY JOB IS ILLEAGAL

    沐浴場にいたら、
    「ニホンジン デスカ?」
    って声をかけてきて、
    「何?」
    って返すと、
    彼はそう切り出した。
    どんな前置きやねん。


    下記バナーを1クリックして世界新聞社を応援してください。クリックすると、登録ランキングサイトに飛び、当サイトにポイントが入ります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : インド人 日本人 日本語

    2011-09-16 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    ネパールで出家してみた 2 @ネパール/ルンビニ

    前編はこちら

    侶の太鼓に合わせて

    うちわ太鼓を叩く。



    しばらくすると、

    侶が、

    「そのまま外に行ってください」。

    そのままって?

    「コレ持ってですか?」

    無言でうなづく侶。



    だって、

    うちわ太鼓、

    結構重いのコレ。



    侶に連れられ、

    すぐ外にあるパゴタに向う。

    P9090159-1

    パゴタは3層に分かれていて

    4方向に仏様が埋め込まれている。

    仏様の前に来たら、

    その前で一礼

    というか三回おじぎ。



    最後に一番上層

    の正面の仏様の前で、

    三礼。

    そして

    三回お祈りする。



    このお祈り。

    これから何十回とくり返すことになる。



    まず掌を顔の前で合わせ、

    それを胸に下ろし

    しゃがんで

    床に頭をつける。



    この時は

    床が濡れていたので、

    頭はつけない。

    P9080020-1

    本堂に戻って

    1時間くらいお経を唱えて

    おつとめ終了。



    食堂に移動すると

    ご飯が並べられていた。



    食事の前には

    お祈り、

    食法(食事の前に読むお経)と

    南無妙法蓮華経である。



    10分くらいおあずけ。



    やっと

    食事を口に運ぶと、

    うん、まずくない。

    けど、うまくもない。

    味が薄い!



    野菜の煮込みご飯

    って感じ。



    しばらくすると、

    侶たちが

    奇妙な行動を取り始める。



    食べ終えた

    皿に水を少し入れて、

    指でよごれをこすり、

    なんとそれを

    そのまま飲む!



    「こうすれば、洗剤も使わないで済むでしょう」
    「洗う水も少ない」
    「これを日本全体でやればどれだけ環境にいいか」



    例のパッチで登場の

    お上人の御言葉。

    恐れいりました。



    翌日は朝から

    「恐怖の村巡礼」

    だ。



    ドーン、ドーン、ドーン。



    いきなりの太鼓の音に飛び起きる。

    時計を見ると4時半。

    部屋が暑すぎて、

    ベッドが硬過ぎて

    ほとんど眠れなかった。



    侶とともに

    まだ暗い外へ出る。



    足元が全然見えないし、

    眠いし、

    しんどい。



    途中、

    なんどか

    立ち止まり、

    三礼。

    仏様がいるらしい。

    P9090040-1

    P9090046-1

    P9090062-1

    村に入ると子供たちが

    手を合わせて道端で待っている。



    そして自分から

    太鼓を取って

    叩く。



    何がびびったって

    「南無妙法蓮華経」

    と唱えながら

    叩く子供がいたこと。



    こういう活動をもう

    10年くらいにわたって

    やっているらしく、

    浸透してるのだろう。

    P9100226-1

    そのまま4時間くらい

    いくつかの村を回る。



    喉がかわくし、

    めっちゃ

    キツかったけど、

    子供たちが

    ラブリー過ぎて

    癒された。

    P9090077-1

    P9100204-1

    P9090153-1

    P9090152-1

    P9090151-1

    P9090126-1

    P9090108-1

    P9090086-1

    村人は

    ほんとに貧しい暮らしをしている。

    竪穴式住居みたいなところに

    住んでいて、

    裸の子供もたくさんいて

    これが現代か!?

    って思った。

    P9090117-1

    でも、

    子供たちは

    無邪気に輝いてて。



    に帰る途中、

    僧侶が店に寄ったので

    干からびて息も絶え絶えの修行者に

    何か飲みものでも

    買ってくれるのかと思ったら、

    普通に洗剤を買っていて、

    ずっこけそうになった。



    帰って、

    昼飯を食おうとしたら、

    昨日と全くおなじメニューで

    またずっこけそうになった。



    そんな感じで

    2泊3日の修行を終えた。



    最後に

    お上人の御言葉。



    「私達はね、貧乏な生活をしてるけど、

    全然つらくない。何でかって、夢があるから」

    お上人の夢とは

    世界平和。

    「宗教を超えて、世界に共通する

    精神的な軸を築かないといけない」。



    妙法寺

    日本はもちろん

    世界でも20箇所くらいに展開し、

    世界平和を推進する運動をしている。



    うちは太鼓

    は平和のリズムだったのだ。



    を出る前、

    はじめて、

    まじめにとなえてみた。



    難妙法蓮華経。


    P9090049-1

    下記バナーを1クリックして世界新聞を応援してください。クリックすると、登録ランキングサイトに飛び、当サイトにポイントが入ります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ




    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : ネパール 修行 妙法寺

    2011-09-15 : 社説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    ネパールで出家してみた @ネパール/ルンビニ

    P9100214-1

    P9090164-1

    P9090173-1

    何故か

    ネパールで、

    プチ出家することになった。



    悟りなんか

    もちろん

    開けなかったが、

    なかなかおもろい体験だった。



    ブッダ生誕の地であり、

    仏教聖地である、

    ネパール

    ルンビニ



    ブッダ生誕のマーキングが

    あったり、

    菩提樹があったり、

    世界各国のおがあったりと、

    (日本、中国、チベットはもちろん、
    フランスやオーストリアなんて変わり種もある)



    まぁ、

    とにかく、

    ありがたい場所なのである。

    P9070553-1
    ブッダが悟りを開いた菩提樹

    P9070550-1
    ブッダ生誕のマーキングがあるマヤ

    P9070610-1
    オーストリア

    P9070582-1

    そこの

    日本のおで、

    修行体験ができる

    という。



    ただし、

    その修行というのが、

    厳しいらしく、

    欧米人は泣いて逃げ出す

    かどうかは知らないが、

    日本人すら

    あまり寄り付かないらしい。



    どんなもんなんだと。



    という訳で、

    中国人ながら、

    「アタシもチャレンジしたい!」

    修行同行を申し出た

    ファッキン娘、

    チュンと2人で

    2泊3日で修行してきた。



    の名は

    日本山妙法寺。

    宗派は日蓮宗。



    南無妙法蓮華経である。



    妙法寺は

    ワールドピースパゴタ

    (写真下)

    という

    仏塔の一角にあった。

    P9070615-1

    敷地には

    宿泊施設もあり、

    ちょっとした

    ゲストハウスの趣。

    あんま寺っぽくない。

    P9080015-1

    本堂に向い

    「すいませーん」

    声をかけると、

    「ふぁ、○×☆♪◎」

    という

    うめき声が聞こえる。



    現れたのは

    60歳は過ぎてるかと思われる

    日本の僧侶。



    いきなりパッチ姿である。



    どうやらお昼寝中だったらしい。



    彼によると、

    2時間後に、

    夕方のおつとめがあるらしい。



    ちなみに、

    玄関に書いてあった

    宿泊者の修行内容がコレ。

    P9080017-1

    朝4時半起き…

    かなり

    帰りたくなった。

    P9080024-1

    午後5時。

    夕方のおつとめの時間だ。



    ドーン、ドーン、ドーン



    太鼓の音が響き渡る。



    本堂に入ると、

    僧侶が太鼓を叩いている。



    本堂に座った僕とチュンに

    うちわ太鼓

    なるもの

    が渡される。



    いよいよ修行が始まった。

    <続く>


    下記バナーを1クリックして世界新聞を応援してください。クリックすると、登録ランキングサイトに飛び、当サイトにポイントが入ります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : ネパール 出家 ブッダ 仏教 聖地 ルンビニ 修行

    2011-09-14 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    ガンジス河は今ハズレ!? 【雑記】 @バラナシ

    P9120320-1

    P9120329-1

    P9120311-1

    P9120305-1

    P9120302-1


    いやー、

    ガンジス河、

    すごいっすわ。



    雄大です。



    よく言う、

    「全てを飲みこんで」

    みたいな表現が

    ぴったりっすわ。



    遠目に見るとそう

    思いました。



    でも、

    沐浴場に行って思いました。



    今、ガンジス

    ハズレです。



    一番有名でデカい

    沐浴場に行ったんですけど、

    なんかおかしい。

    想像と違う。



    小さい

    人が少ない。



    人が少ないのは

    昼に来たってことも

    あるんですけど、

    明らかに

    沐浴場が小さい。

    P9120348-1
    ほんとはこの下まで沐浴場がバーンと広がってるらしい。

    P9120351-1

    宿に帰って聞いてみたら、

    雨季

    ガンジスの水位が

    増していて

    沐浴場が水没

    してるって…。



    あと1カ月は

    この調子らしいです。



    まじかぁ。

    こういうの

    想像してたのに。

    CIMG9682

    まぁ、

    それを差し引いても

    バラナシ

    カオスっぷりは、

    すごいですけど。



    人とか

    うしとか

    犬とか

    リキシャとか

    うんことか



    色々

    うずまいてて



    めまいしますよ。

    まじで。

    P9120293-1

    P9120365-1

    P9120362-1

    P9120361-1

    P9130377-1

    P9120346-1

    P9120337-1

    P9120355-1

    下記バナーを1クリックして世界新聞を応援してください。クリックすると、登録ランキングサイトに飛び、当サイトにポイントが入ります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : ガンジス 雨季

    2011-09-13 : その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    「やっぱ、日本はファックしまくりなのか?」 @インド/スノウリ 【雑記】

    P9100249-1
    スノウリへ。バスのルーフに乗らされた

    昨日、

    ネパールインド国境

    スノウリから

    インドに入りました。



    で、今バラナシにいます。



    いやー。

    長かった。



    インドへの入国終えて、

    バスに乗り込んだはいんですけど、

    結局8時間待たされました。



    なんか、

    俺しか客がいないので、

    「このままじゃバラナシへ帰れない」

    とか言いだして。

    そのまま8時間客待ちに付き合わされました。



    あー、インド

    きたかって感じでした。


    P9110271-1
    スノウリ。奥に見えるのが国境

    P9110266-1

    P9110273-1
    インド初カレー

    でも、

    その待ち時間の間に、

    現地少年と触れあえたので

    まぁよかったかな。



    薬局の軒下を借りて

    休んでたら、

    仲良くなりました。



    彼は15歳の高校生。

    めちゃひとなつこい奴。



    やっぱそういう年頃みたいで

    3時間くらい

    下ネタをひたすら

    話してました。



    「やっぱ、日本はファックしまくりなのか?」



    ネパールではヤッたか?」

    「今まで何人とやったんだ?」

    「日本のセクシームービーを見せてくれ。

    pcに入ってるんだろ?」


    と、

    容赦ない感じ。



    「俺はムスリムだから…」

    とか言いながら

    15歳にして2人と経験済みでした。



    彼いわく

    ネパールの初体験の

    アベレージは

    18歳だそうです。



    「日本では女がチンコをなめてくれるというのは、

    ほんとか?」

    「ホントか!すごいな!インドではありえないぞ!」



    めちゃ、

    可愛いらしかったです。



    で、最後に

    「マイフレンド、

    プレゼントだ」

    と店の奥から

    コンドーム

    一ダース

    引っ張りだしてきて

    プレゼントしてくれました。



    ま、そんな感じで

    インドが始まりました。

    P9110277-1

    P9110279-1
    少年からの贈りもの

    下記バナーを1クリックして世界新聞を応援してください。クリックすると、登録ランキングサイトに飛び、当サイトにポイントが入ります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : ネパール インド 国境 バラナシ コンドーム

    2011-09-12 : その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    日本初!? サッカーネパール2部潜入レポ 【後編】

    P9040398-1

    P9040394-1

    前編はこちら

    こいつら…



    試合前にグラウンドで

    ボール蹴ってた奴らじゃないか!!!



    周りのオヤジ達に確認してみる。

    「こいつら2部の選手か?」

    「そうだ!」



    うーむ。

    そういうことか。

    ネパールサッカー、

    俺の想像をはるかに下回ってるらしい。



    ネパールA代表の試合は

    日本代表と対戦したとき

    に何回か見た。

    それから逆算すると

    2部でも

    日本の地域リーグくらいの

    サッカーが見れると思っていた。



    そうこうしてるうちに試合がキックオフ。



    トラップも、キックも、ミスのオンパレード。

    それ以前に、

    フィジカルレベルが低すぎる。

    身体が出来ていないので、

    技術に正確性がない。

    これは…。

    まさに、



    日本の大学の体育会サークルレベルだ!

    P9040405-1


    そして問題は

    グラウンド。

    芝は隅に少し存在するだけで、

    大部分を占める土部分はデコボコ。



    ボールがまともに転がらない。

    イレギュラーバウンドは当たり前の状況。



    という訳で、

    サッカーは両チーム

    キックアンドラッシュ一辺倒!



    前線にボールを蹴りこみ、

    ディフェンダーのミス、

    もしくはイレギュラーバウンド

    につけこみ

    フリーで抜け出すという

    のが得点パターンのもよう。



    となりに座るオヤジの話では

    2部は15チームが参加して

    開幕したばかりらしい。



    ネパールリーグは

    1部~3部

    まであり、

    2部はもちろんアマチュア。

    1部はプロだと言うが、

    それも疑わしい。



    「グラウンド、よくないね」

    「ネパールはこんなもんさ。Jリーグのようにはいかないよ。
    全てがこれからだ」

    オヤジがにやけて答える。



    オレンジと青のチームが出てきた。

    第二試合が始まるようだ。



    「もしかしたら」

    と少しの期待を持って見てみるが、

    残念ながら

    やってるサッカーは

    ほぼ変わらない。



    オレンジチームの

    5番。

    結構太ってる。

    全然動かず、

    スルーパスだけ狙ってる。

    こういうヤツ、

    部活に1人はいたなぁ。

    DSC_0017-1

    DSC_0015-1
    中央に問題の5番


    第二試合の前から

    観客が増えてきた。

    結局、

    100人くらいは集まったのではないか。



    なんか活気が出てきた。

    DSC_0008-1

    P9040413-1

    観客たちのツボは

    ミス。



    ありえないシュートミスや

    間抜けな

    プレーを指さして、

    笑っている。



    観客たちも

    わかっているのだ。

    自分たちのサッカーの

    レベルを。



    でも、

    それを楽しんでる。



    雨が降ってきた。



    第二試合の

    途中から

    度々スコールに見舞われた。



    屋根を求めて

    オレンジチームのベンチに避難すると、

    みんなこころよく迎えてくれる。

    「どっからきた?」

    「ネパールのサッカーどうだ?」

    「浦和レッズは今強いのか?」

    DSC_0005-1
    オレンジチームのベンチ

    このチームはスタッフが

    5人くらいいて、

    みんな戦況

    に一喜一憂している。

    監督が5人

    いる感じ。



    俺も一緒に応援する。



    田んぼ状態の

    グラウンドで繰り広げられる、

    もはや

    サッカーとは呼べない

    サッカー。



    でも、

    それに

    情熱を傾ける人間が

    ここに

    いる。



    試合は

    オレンジチームが虎の子の一点を

    守って勝利。



    泥だらけの

    ユニフォームを引きずって

    ベンチへ戻ってくる

    選手。

    跳ね上がって迎える

    スタッフと関係者。



    意外と

    楽しみかもしれない。

    これからの

    ネパールサッカー。

    DSC_0002-1

    P9040416-1
    会場の売店

    DSC_0001-1
    みんなバスで来てた

    DSC_0013-1

    下記バナーを1クリックして世界新聞を応援してください。クリックすると、登録ランキングサイトに飛び、当サイトにポイントが入ります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : Jリーグ
    ジャンル : スポーツ

    tag : ネパール サッカー リーグ 日本代表 浦和レッズ

    2011-09-11 : スポーツ : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    日本初!? 驚愕! サッカーネパール2部潜入レポ 【前編】

    P9040403-1

    カトマンズで

    ネパールサッカー2部リーグ

    を見に行ってきた。



    ネパールリーグについて

    webを漁ったり、

    宿のオーナーに調べてもらったり

    したのだが、

    全く試合情報がつかめない。

    リーグがあることだけは

    確かなようだが。



    やっぱ、

    ネパール、

    サッカー盛んじゃないのかな。



    ちなみに、

    ネパールのFIFAランクは136位。

    (2011年8月24日時点)

    日本は15位。

    日本代表はネパールにいつも

    5-0以上でちんちんにしてた

    印象。



    まぁ

    とりあえず、

    カトマンズのスタジアムに

    行ってみることにした。

    P9040313-1

    P9040310-1


    なかなか立派なスタジアムだ。



    スタジアムには

    空手やらテコンドーやら

    様々な協会の拠点がある模様。

    色々なスポーツの選手がちらほら。



    ランニングをしていた

    オヤジをつかまえ聞いてみる。



    すると、オヤジが

    その場にいた

    ありとあらゆるオヤジ達に聞いてくれ、

    最終的にサッカー協会の審判のオヤジにたどり着いた。

    ネパールスポーツ界

    狭い!



    彼いわく、この日、2部の試合があるとのこと。

    ちなみに1部は既に日程終了らしい。



    早速、

    カトマンズの隣町の

    パタンの試合会場へ向かった。


    DSC_0013-1

    入り口で

    20ルピー(20円くらい)払う。



    競技場は古くて簡素。

    でも味があっていい感じ。



    観客はメインにちらほら。

    30人くらい。

    まぁこんなもんか。



    グラウンドでは、

    青年たちがボールを蹴っている。



    コントロールもキックも、

    かなり粗い。

    こりゃ、

    日本の大学の体育会サークルレベルだ。



    前座のチームか何かかな。

    P9040386-1

    P9040395-1
    いちおうテレビもきてた

    ほんとのんびりしてる。

    みんな暇つぶしに

    サッカーを冷やかしてる

    感じ。

    若いのを中心に

    オヤジから、

    子供までいろいろいる。



    しばらくすると、

    グラウンドにユニフォームを着た

    選手が出てきた。

    第一試合が始まるらしい。



    白と黄色のチームの対戦か…

    P9040399-1

    って

    こいつら…


    <続く>

    テーマ : サッカー
    ジャンル : スポーツ

    tag : カトマンズ ネパール サッカー 協会

    2011-09-09 : スポーツ : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    中国人が嫌いなあなたへ 【中国総集編】

    P7290697-1
    観光地で調子に乗りすぎた中国人たち

    ここらで、

    一か月以上

    旅した中国を、

    振り返っておきたい。

    P7160090-1

    P8191492-1
    ラサで。僧侶がいっぱい

    P7280596-1

    P8100917-1
    中国で結構展開してるっぽいブティック。群れてるやん

    P8070857-1
    もともとトイレにドアがない。うんこまる見え

    P8211644-1
    チベットのヤムドク湖

    P7220303-1
    屯渓。清時代の街並みらしい

    旅した感じ。



    悪くない。

    むしろ

    快適だった。



    治安が超いい。

    メシがうまい

    (馴染みがある)。

    ユースホステルが充実してる。



    中国って、

    都会も歴史も自然も

    何でもありの国なんだけど、

    なんだかんだで





    なのである。



    日本では、

    中国人

    のこと

    わりとボロクソだが、

    そんな嫌な思い

    はしなかった。



    旅前は

    俺も中国人のこと、

    好きではなかった。



    でも、

    旅して180度見方が

    変わった。



    彼らは意外に

    優しい。

    基本的に

    面倒見がいい。



    とか言うと、

    ふざけんな

    って言う人もいるか。



    中国も序盤。



    上海で小龍包を爆発させて

    汁まみれになったことがあった。

    すると、1人の中国人がすっと来て、

    何も言わずテーブルにポケットティッシュを

    置いていってくれた。



    すごくさりげなかった。



    あの時は

    「えっ」

    て感じで

    何が起きたのか

    わからなかった。



    中国人がまさか、

    そんなことしてくれる

    なんて。



    でも、

    今思えば、

    中国人らしい対応やったなぁって。



    あとは、

    反日感情がどうとか

    日本では言われることが

    多いけど、

    それも今はどうなんだろう。



    中国では、

    大学生とか、

    若い人と

    からむことが

    すごく多かった。



    彼らからは

    全く感じなかったなぁ。



    それどころか、

    日本語勉強してる奴が

    ほんとに多かったり、

    日本のことすげー

    質問してきたり。



    彼らは

    今の

    日本のこと

    知ろうとしてたよ。



    彼らが過去のことを

    知っているのか、

    彼らはもう、

    「知らない」

    もしくは

    「関心がない」世代

    なのかはわからないけど。



    俺は

    中国人大学生

    と絡むたび、

    こいつら

    ピュアやなぁ。

    って思った。


    P7280628-1
    西安で。どういう関係?

    P8110939-1
    成都で。寝てる

    P8100923-1

    もちろん、

    中国人のヤな部分も

    見た。



    特に、

    働く中国人は

    感じ悪い。

    まだまだサービス

    って発想がないみたい。



    レジでお釣りのお札

    をふりかけみたく

    パラパラ

    まぶされたこと

    もあった。



    想像以上ではなかったけど、

    やっぱり、

    淡は吐くし、



    電車や

    バスの席の下を

    すぐに

    ヒマワリの種
    (中国の国民食!)

    だらけにするし。



    正直、

    中国人は

    デリカシーがないというか、

    あんまりモノを深く

    考えないところは

    あると思う。



    でもそれでも、

    俺は

    満員バスの中で

    他人の定期を

    リレーして押してあげる

    中国人

    の姿を何回も見た。



    今では、

    写真を撮るときの

    ポーズが

    ナルシス

    なのもだいぶ許せる

    ようになった

    気がする。



    中国人って

    不器用なところがあるんだと思う。

    素直に

    笑えない人が多い。



    でもそれを

    引き出せたなら、

    すごく

    いい笑顔するんですよ。

    彼ら。



    だから、

    中国人を

    マクロで

    見るんじゃなくて、

    もう少し1人1人を

    見てもいいんじゃないかな。

    P8110956-1
    チベットで会った大学生チャリダ―。バスの値段交渉してくれた

    P8171368-1
    ラサへの青蔵鉄道で。中国人離れした愛嬌のよさ

    P8181404-1
    ラサで。チべタンの青年たちと


    下記バナーを1クリックして世界新聞を応援してください。クリックすると、登録ランキングサイトに飛び、当サイトにポイントが入ります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 政治・経済・時事問題
    ジャンル : 政治・経済

    tag : 中国 中国人 上海 反日感情

    2011-09-08 : 社説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    物乞いにチンコに頭突きされた、ある夏の日 @チベット

    個人的に

    物乞い

    に興味がある。



    以前書いた上海で遭遇した

    『クオリティーの高い』物乞いの記事はこちら




    彼らの振る舞いは、

    むき出し。

    俺らが見えてないものが

    見えてる。



    突き抜けてる。



    実は

    中国には

    そんなに物乞いはいなかった。



    それでも、

    チベットを中心に

    気になる人がいた。


    P8100916-1
    成都にて。お金をめぐんでくれた人に、すずらんみたいな花のアクセサリーを渡してた。

    P8231877-1
    チベットのティンリーにて。レストランの窓の外からしつこくアピールしてきた。すげー怖い。


    一番強烈だったのが

    この少年。

    P8231884-1

    これも、

    チベットのティンリーにて。

    ティンリーはエベレスト

    の起点になる街。

    かなりチベット色が濃い。


    P8231876-1
    ティンリーの街


    街を歩いてたら、

    猛ダッシュで駆けてきた。

    P8231883-1

    掌をすり合わせて、

    何かを訴える。



    俺が行こうとすると

    腰にまとわりつき、

    足にしがみついてきた。



    さすがに、

    振り払おうとすると

    最終的に以下みたくなった。

    P8231886-1

    どういう状況かわかる?

    チンコに頭突きである。

    参った。


    こいつを

    ここまでさせるもの

    って何なんやろう。



    こいつ、

    どんな大人になるんやろう。


    下記バナーを1クリックして世界新聞を応援してください。クリックすると、登録ランキングサイトに飛び、当サイトにポイントが入ります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 政治・経済・時事問題
    ジャンル : 政治・経済

    tag : 中国 チベット

    2011-09-04 : 社会 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    ネパールで日本の代表選挙についてちょっと考える @カトマンズ

    P8241922-1

    P8260021-1

    P8270088-1

    P8241925-1

    カトマンズ滞在、

    3日目だか4日目

    の夜。



    やけに外が騒がしい。



    どうも、

    たくさんの人間が、

    声を上げて

    街を練り歩いているようだ。



    という訳で

    冷やかしに行ってみた。



    通りに出ると、

    50人くらいの

    群衆が

    手を天にかざして

    何かコールを叫んでいる。



    群衆は

    集団を大きくしながら

    通りを

    進んでいく。



    一角で立ち止まる群衆。



    リーダーらしき人物が

    壇に立ち

    演説をはじめた。



    人垣が

    どんどん大きくなっていく。



    やじうまが遠巻き

    にそれをながめる。



    機関銃を持った

    警察が

    続々集まってくる。



    群衆は

    最終的に

    200人くらいには

    なっていたか。



    あとで、

    ネパール人に聞くと

    次の日が

    首相の選挙だったらしい。



    野田佳彦

    が選出された

    民主党代表選挙

    8月29日



    その3日前の出来事だった。


    P8280097-1

    P8280099-1

    P8280098-1


    まぁ、

    それで演説を眺めて

    いたんだけど、

    なんか

    パワーがなかった。



    熱くなってるのは

    演説者と

    取り巻きくらい。



    大多数は便乗して

    騒いでるだけに

    感じた。



    あとで宿のオーナーに

    政治について聞くと、

    「俺は政治は嫌い。みんな政府には満足も期待もしてない。

    カトマンズが毎晩停電するのは知ってるだろう。

    俺にはやるべきことがたくさんあるんだ。

    政治について議論するくらいなら俺は働くよ」

    と苦笑した。



    ネパール

    日本

    両方、

    政治に冷めている

    のは同じかもしれない。



    でも、日本の場合は

    万策つきた

    あきらめ。

    ネパールのは

    発展途上の

    焦燥感、倦怠感

    みたいなものか。



    そういう意味では

    全然違うなと。



    調べてみたら

    ネパールで初めての制憲議会選挙

    が行われたのって

    2008年なんだってね。



    日本では、

    今回の選挙で

    こんな感じで

    デモみたいなの

    あったのかなぁ。



    絶対ないよね。



    デモが、いいことなのか

    悪いことかは

    置いておいて、

    ネパール

    は少なくとも

    これからだって思った。


    下記バナーを1クリックして世界新聞を応援してください。クリックすると、登録ランキングサイトに飛び、当サイトにポイントが入ります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 政治・経済・時事問題
    ジャンル : 政治・経済

    tag : カトマンズ ネパール 野田佳彦 代表選挙 8月29日 民主党 政治 日本

    2011-09-03 : 社説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    物乞いと僕らを分けるもの 【雑記】 @ネパール/ポカラ  

    P9020269-1

    今朝、

    ポカラという街を出て

    カトマンズに帰ってきました。



    ポカラってのは

    ヒマラヤへの

    トレッキングの起点になる街。



    オフシーズンの今、

    街は閑散としていたのですが、

    ツーリストバスの発着所に行くと

    まぁ、

    こんなに外人いたのかと。



    そこには観光客目当ての

    パンを売る少年

    お茶を出す売店

    得体の知れないブローカー連中

    などがひしめいていました。



    で、その中に

    片足のない物乞いがいました。



    松葉づえをつきながら、

    ゆっくり

    ゆっくり

    外人が朝食をとる

    テーブルを回り、

    メッセージボードを差しだします。



    差し出すだけです。



    ボードを差しだしたら、

    じっと相手を見つめるのです。

    微動だにしません。

    ひたすら反応を待ちます。



    根負けしたのか、

    欧米人が

    持っていたパンを半分差し出しました。



    僕がバスに乗りこむと、

    彼は僕の座る窓の下にやってきて

    ボードを差しだしました。



    その目の強さ。



    見つめあえば、

    もう彼のフィールド。



    彼はそれを

    当然の

    権利のように

    主張してきました。

    無言で。



    ツーリストバスから

    見下ろす僕と

    外から見上げる彼。



    外と中。



    もちろん僕には足があるけど、

    違いはただ、

    どこに生まれたか

    それだけのような気がしました。

    P9020278-1

    P9020284-1

    P9020281-1

    下記バナーを1クリックして世界新聞を応援してください。クリックすると、登録ランキングサイトに飛び、当サイトにポイントが入ります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    2011-09-02 : その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    ネパールの混浴風呂でポロリを激写!

    P9010233-1
    タトパ二から見えたヒマラヤのなんとかいう山


    2泊3日で、

    アンナプルナ(Annapurna)

    というヒマラヤの山へ

    トレッキングに行ってきた。



    なんでも

    山の中に

    温泉で有名な

    タトパ二

    という村があるという。



    しかも、

    混浴!




    欧米人のギャルに

    「ヘイ、ユー、ホットスプリングというのはね…

    本来、水着を付けて入っちゃダメなんだよ」

    とか言って

    仲良くなって…

    想像は膨らむ。

    P8310220-1
    お湯は熱くもなくぬるくもなく

    勇んで訪れると

    なるほど、

    露天風呂。



    しかし、

    肝心の欧米人ギャルがいない。



    とりあえず、

    湯に入って待つと、

    ひとりの女性が。



    シャワーで髪を洗いだす女性。

    現地の人も

    日常的に

    利用するようだ。



    客は僕1人。



    すると、

    なんと女性が服を胸の上

    ギリギリまで下げた!







    P8310223-1

    そして次の瞬間。



    モロン



    と、おっぱい

    を解き放ったのだった。



    まぁでも、

    何てことはない。

    彼女は

    毎日ここで身体を洗っているのだ

    そこに

    東洋人の観光客がいた。

    ただそれだけのことなのだ。



    もちろん

    写真は

    自粛したい。


    下記バナーを1クリックして世界新聞を応援してください。クリックすると、登録ランキングサイトに飛び、当サイトにポイントが入ります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : お笑いネタ
    ジャンル : お笑い

    tag : アンナプルナ Annapurna ヒマラヤ 混浴 露天風呂 タトパ二

    2011-09-02 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop
    ホーム

    デスク

    松崎敦史

    Author:松崎敦史
    1981年5月28日生まれ。大阪府出身。A型。2005年株式会社白夜書房に入社。フットサル雑誌「フットサルナビ」の編集者として5年間働く。2011年7月世界一周旅行へ。ニュースサイトGIGAZINEで連載。当ブログがブログ村旅行カテゴリーで1位獲得。2012年7月帰国。2013年4月、脳内トラベルメディア・世界新聞をリリース。

    もろもろお気軽にご連絡ください!
    atsugk☆gmail.com

    タレコミ募集中!

    世界新聞社では、
    「ココ取材してきて」
    「こんな面白いことあったよ」
    「今ココでコレが流行ってる」
    そんなタレコミを24時間体制で受け付けております。
    atsugk☆gmail.com

    購読料について

    下記バナーを1日1クリックしてください。定期購読の場合、クリックが2日に1回でよくなる特典がございます。
    ※ビール券はあいにく切らしております。
    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 人気ブログランキングへ

    訃報

    ・テツ&トモ
    ・日本経済

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    為替

    今日の運勢

    編集長のつぶやき

     

    定期購読はこちら

    コラボ、執筆依頼、苦情はこちら

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    旅行
    272位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    海外旅行
    96位
    アクセスランキングを見る>>

    検索フォーム

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。