スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    -------- : スポンサー広告 :
    Pagetop

    パタゴニアマークのフィツロイの実物がスゴい

    DSC05122
    3475146862_29e9b5b108

    ブランド・パタゴニアのマークがアルゼンチンのフィッツロイ山をモチーフにしているのは有名な話だが、実物はもっと存在感があってカッコいいことが本紙の取材でわかった。

    フィツロイがよく見えるという展望台へいざトレッキング。片道4時間の道のり
    DSCN4494

    天気悪っ
    DSCN4507

    きつつきさん
    DSCN4522

    お馬さんがいました
    DSCN4515

    来ないでぇぇ!
    DSCN4519

    気を取り直して行きます
    DSCN4607

    ただの雪かと思いきや…
    DSCN4564

    氷河ぢゃん!!!
    DSCN4555
    DSCN4566

    小川があったので
    DSCN4619

    無駄に手を突っ込んでみる(※1人です)
    DSCN4625

    虹が
    DSCN4588

    いい紅葉してます
    DSCN4659

    3時間経過。展望台への急坂が始まる
    DSCN4635

    乳酸がいくらあっても足りないレベル
    DSCN4655

    雨風が強くなってきてズブズブ
    DSCN4672

    頂上に到着
    DSCN4662

    あ、
    DSCN4664

    すごいロケーション。でも……
    DSCN4690

    見えましぇん
    DSCN4691

    氷河のほうから
    DSCN4698

    ものすごい勢いで風が吹きつけてきたので、避難
    DSCN4686


    このまま終わったらブログが炎上しかねないと判断し、YOHEI特派員が撮った素晴らしき写真たちを掲載する。

    photo by YOHEI
    DSC05122

    DSC05138

    夜明け前にたたずむ
    DSC05063

    朝焼けで赤く
    DSC05081
    DSC05151

    鏡面
    DSC05110

    [南米支局 2012年3月30日 13:00]


    今日の世界新聞のランキングは……

    10位(↓)

    人気ブログランキングに参加しています。
    ランキングが上がれば、
    世界新聞の記事をたくさんの人に読んでもらうことが出来ます。
    記事を読んで面白いと思ったら、応援の1クリックお願いします!
    ↓ ↓ ↓ ↓

    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
    スポンサーサイト

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    tag : フィッツロイ

    2012-03-30 : 社説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    ビクトルの話 【デスクの部屋】

    DSCN4757

    フィツロイに2回登ったら、2回とも雲がかかっていた(この時期天気はよくて見れないことはほとんどないらしい)というミラクルを演じた自称「山に嫌われた男」デスクです。

    麓の街・エルチャルテンにいます。場末のゲストハウスに泊まってるんですけど、ここにすごい男がいます。

    パラグアイ人のビクトル。

    彼との出会いは3日前、山から帰ると、知らない男がキッチンに立っていました。パラグアイ人だという彼とちょっと話をして、僕はネットを始めました。すると、ビクトルがやってきて、皿を差し出します。「アミーゴ、コミーダ(ご飯)!」。旨そうなパスタ。

    どうやらビクトルは僕にご飯を作ってくれたようです。数時間前に初対面してちょっと話しただけの男に。それからビクトルは僕に3日間夜ご飯を作ってくれました(※超旨い)。

    ビクトルは管理人じゃありません。あくまで客です。といっても旅行者ではなく、アルゼンチンの果ての街まで出稼ぎにきているのです。

    パエリア
    DSCN4990

    イワシパスタ
    DSCN4470

    何を作っても手が込んでる
    DSCN4735

    僕だけじゃありません。ビクトルはその場にいる人のご飯を勝手に作っちゃうんです。初対面の人でも関係ありません。「アミーゴ!」って笑顔で皿を差し出す。

    「ビールはいるか?」「朝飯作ったぞ」「フルーツはどうだ?」

    ひたすらみんなの面倒を見ます。あげくの果てには宿のオーナーにもビールを薦めたり…。立場完全に逆転してますやん。

    でもそれは全然押しつけがましくなくて、媚びてる感じも一切ない。

    あーこんな人っているんだなぁって感動すら覚えました。あれだけ他人のことを考えられる人。そういうことが自然にできる人。

    「みんなで食べるのが好きなんだ」

    ってビクトルは笑います。

    DSCN4995

    感謝を込めてみんなでビールを買ったんですが、ビクトルは「これ、今から開けよう」って結局、みんなで飲むことに。

    ビクトルは英語が話せないので、実はほとんどコミュ二ケーションが取れていません。でも、僕を含めてみんなメロメロです。

    エンパナーダ(肉パイ)をプレゼントしたら、ビクトルは「どうも」と覚えたての日本語で言って、口をつけたかと思うと「ハッ」として言いました。聞き取れなかったけど「大丈夫か?お前の分はあるのか」と言ったんだと思います。多分。ビクトルなら言いそうなことです。

    ありがとう、ビクトル。

    DSCN4759


    今日の世界新聞のランキングは……

    10位(↓)

    人気ブログランキングに参加しています。
    ランキングが上がれば、
    世界新聞の記事をたくさんの人に読んでもらうことが出来ます。
    記事を読んで面白いと思ったら、応援の1クリックお願いします!
    ↓ ↓ ↓ ↓

    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-03-29 : その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    【速報】 パタゴニアの氷河、「青くて困っちゃう」

    DSCN4128

    3月下旬、アルゼンチンのパタゴニア(カラファテ)の氷河が例年にも増して「青くて困っちゃう」な状況なことが分かっかった。

    アルゼンチン湖という湖沿いに氷河が広がる

    より大きな地図で アルゼンチン湖 を表示

    クルーズツアー(約11000円)に参加。高い……。
    DSCN3935

    DSCN4018
    DSCN4196
    DSCN4028
    DSCN4093
    DSCN4062
    DSCN3973

    氷河の洞窟。中には入れず
    DSCN4079

    スぺガツィーニ氷河。見ることができる氷河の中で先端部の高さが最高の氷河。高さ80~135m
    DSCN4144
    P3260010
    DSCN4128

    ぺリトモレノ氷河。一番有名な氷河。表面積195キロ平方メートル
    DSCN4236
    DSCN4046
    DSCN4266

    何故青く見えるのかというと、氷河の氷は透明度が高いので、青い光以外は吸収してしまうからなのだそうだ。それにしてもこんなに青いとは思わなかった。

    [南米支局 2012年3月28日 10:00]

    今日の世界新聞のランキングは……

    8位(←)

    人気ブログランキングに参加しています。
    ランキングが上がれば、
    世界新聞の記事をたくさんの人に読んでもらうことが出来ます。
    記事を読んで面白いと思ったら、応援の1クリックお願いします!
    ↓ ↓ ↓ ↓

    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-03-28 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    危険すぎてガイドブックに載っていないというアルゼンチンの動物園 【告知】

    58
    『危険すぎてガイドブックに載っていないというアルゼンチンの動物園』


    氷河のせいで若干青めに焼けてしまったデスクです。

    今週のGIGAZINEへの連載です。

    南米にいるバックパッカ―の間では、わりと有名な動物園なんですが、日本にいる人たちはあまり知らなかったようで。結構反応いいです。むつごろうさんもびっくり!!!

    記事はこちら


    【デスクの食卓】
    牛ステーキ(約200円)

    P3260120
    P3260122

    スーパーで売ってた安売りの肉をホテルのキッチンで焼いたんですが、硬いのなんの。アルゼンチンは牛肉が有名なんですが、肉は日本が一番旨いね。


    今日の世界新聞のランキングは……

    8位(←)

    人気ブログランキングに参加しています。
    ランキングが上がれば、
    世界新聞の記事をたくさんの人に読んでもらうことが出来ます。
    記事を読んで面白いと思ったら、応援の1クリックお願いします!
    ↓ ↓ ↓ ↓

    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外ニュース
    ジャンル : ニュース

    2012-03-26 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    バス40時間軟禁の一部始終 【デスクの部屋】


    より大きな地図で toカラファテ を表示

    世界の果てからデスクです。今、パタゴニアのカラファテ。ブエノスアイレスから南へ4800キロ。バスで40時間。ついに来るとこまで来た感じ……でもないか。

    でも、この旅で一番の陸路移動やったんちゃうかなぁ。

    夜20時、ブエノスのターミナル。チケット見たら、乗り場の表示が「37~51番の間のどこか」。おかげで、その間を何往復したことか。しかも、バス1時間遅れてどうゆうことやねん。経由地ガジェゴスまで約16000円。
    DSCN3660

    我ながら買い込んだなぁ
    DSCN3702

    無駄にペコちゃんスマイル。言っておくけど、自分撮りだかんね。髭剃ろ
    DSCN3717

    旅のお供にエンパナーダ。南米でメジャーな肉パイみたいなもん。これ旨かったた試しがない
    DSCN3679

    2日目の朝。車窓からは嗚呼草原
    DSCN3751

    【15時間経過】途中の街のターミナルにて。ちょっとキテる
    DSCN3739

    ほどよく不毛感が
    DSCN3754

    突然、ポリスが犬と乗ってきて、この犬が俺の荷物にやたら反応しやがったお陰で、詰め所で身体検査されるハメに。俺と見るからに怪しいアルゼンチン人だけってどういうことやねん
    DSCN3831

    2日目の夕陽
    DSCN3793

    【30時間経過】3日目の朝。ヒコ―キ使えばよかった
    DSCN3814

    最後の日の朝になって初めて飯が配られる。どゆこと?
    DSCN3818

    【36時間経過】経由地のガジェゴスに到着
    DSCN3833

    殺風景もいいとこ
    DSCN3838

    ターミナルにはストーブが
    DSCN3834

    うんこしたくてトイレに行ったら、はいきたこのパターン
    DSCN3841

    ローカルバスに乗り換えてさらに4時間
    DSCN3844

    荒野をゆく。ちょっとただごとではない荒涼感
    DSCN3850

    こういう移動中に出会う何気ない風景が ス キ
    DSCN3871

    休憩で立ち寄ったレストランで買ったグラタンパイみたいなやつ。めちゃ旨。約100円
    DSCN3853

    いい雲してる
    DSCN3873

    ついにカラファテ到着!
    DSCN3878

    明日は氷河見てきまーす。


    今日の世界新聞のランキングは……

    8位(←)

    人気ブログランキングに参加しています。
    ランキングが上がれば、
    世界新聞の記事をたくさんの人に読んでもらうことが出来ます。
    記事を読んで面白いと思ったら、応援の1クリックお願いします!
    ↓ ↓ ↓ ↓

    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-03-25 : その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    ブエノスアイレスにまさかの丸ノ内線!?

    DSCN3596

    アルゼンチンはブエノスアイレスを走る地下鉄が実は日本の地下鉄のモデルになっており、今でもその車両が走っていることは先日お伝えした(記事はこちら)とおりだが、タレコミによりブエノスには丸ノ内線の車両も走っていることがわかったので取材した。

    ブエノスの地下鉄はsubuteと呼ばれる
    DSCN3586

    ホームに降ります
    DSCN3626

    1番線に丸ノ内線が到着しまーす
    DSCN3629

    おお…
    DSCN3596

    よく分からんが丸の内線っぽい!
    DSCN3600

    車内
    DSCN3618
    DSCN3624
    DSCN3612

    名残
    DSCN3610
    DSCN3634
    DSCN3621

    流しがいました
    DSCN3598

    ボディはかなり年季入ってます
    DSCN3646

    落書き車両
    DSCN3632

    派手にやってくれてます
    DSCN3606

    おお、この車両くすんじゃって真っ黒
    DSCN3616
    DSCN3615

    この車両は日本で1995年に引退した後、ブエノスに送られたそうだ。落書きはともかく、日本の古い車両が地球の裏側で走っているという事実に男ならずともロマンを感じずにはいられないではないか。

    [南米支局 2012年3月23日 10:00]

    今日の世界新聞のランキングは……

    8位(←)

    人気ブログランキングに参加しています。
    ランキングが上がれば、
    世界新聞の記事をたくさんの人に読んでもらうことが出来ます。
    記事を読んで面白いと思ったら、応援の1クリックお願いします!
    ↓ ↓ ↓ ↓

    人気ブログランキングへ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-03-23 : 社会 : コメント : 2 : トラックバック : 1
    Pagetop

    ボリビアにあるという、「海のない沖縄」

    P2290435

    ボリビア第二の都市・サンタクルスから車で約2時間。そこに「海のない沖縄」がある。コロニアオキナワ。第二次大戦後、沖縄からの移民が作った街である。

    1954年から入植を開始し、今年58年目を迎える街の現在とは。

    OKINAWAの文字

    より大きな地図で コロニアオキナワ を表示

    サンタクルスは日系人が多い街。公文がありました
    P2280412

    街の中心部。ボリビアとは思えない洗練っぷり
    P2280387

    サンタクルスから乗り合いタクシーでオキナワへ
    P2290416

    日本の中古車でした
    P2290415

    車窓から。ひたすら草原が広がります
    P2290427

    オキナワの入り口。日本語で「めんそーれ、ようこそ沖縄」の横断幕がかかっていました
    P2290428

    着きました。想像以上にのどかです
    P2290578

    街というよりは道沿いにレストランや商店が並んでいる感じ。日系の人は見あたりません
    P2290562

    コロニアオキナワ建設計画は、第2次世界大戦によって廃墟と化した沖縄を救護する目的で、ボリビア在住の沖縄県出身者によって立案された。沖縄の疲弊を根本的に解決するためには集団的に移住者を呼び寄せる必要があると考えたという。(オキナワ日本ボリヴィア協会HPより)。そんなオキナワは、今では「小麦の首都」と呼ばれるなど、入植から農業とともに発展してきた。

    街をちょっと探検してみると……

    あちこちに日本を感じます
    P2290475
    P2290467
    P2290484
    P2290474

    文化会館にあったNHKの番組表
    P2290485

    「拓魂」。プライドですね
    P2290478

    資料館には当時の様子が展示されています
    P2290513

    こんなジャングルを切り拓いたのです。信じられます?
    P2290544

    入植初期の家
    P2290524

    どんな想いでここに来たのか
    P2290500
    P2290499


    P2290495

    1968年に大洪水があったようです。
    P2290547

    移住後の道は険しく、熱病が発生して15名の死亡者が出たのをはじめ、洪水・干ばつ、風土病などで何度も他の土地への移転を余儀なくされた。それでも、移住は1954年の第1陣から1965年の第19陣まで続き、合計584家族、3385名の沖縄出身者がコロニア・オキナワに移住した。

    公園。お年寄りがゲートボールしたりするそうです
    P2290477

    売店の品ぞろえ
    P2290564

    こんな真新しい店もありました
    P2290567

    街のレストランへ
    P2290457

    荒々しい獣の味がしました
    P2290440

    謎のジュース。ミントが入っていてすっきりほろにが
    P2290444

    店で飼われていた鳥
    P2290450

    それにしても全然日系人を見かけません
    P2290432

    現在、街に住む日系・日本人はボリビア人約1万1千人に対して、約700人。しかし、街に日本人の姿はほとんどなかった。「みんな(1世の人)齢をとっちゃって、あまり外には出ない(出れない)んだよ」。2世だという男性は続ける。「若い人は大きくなるとみんな街へ行っちゃうしね」。街に仕事がないのが一番の原因なのだそうだ。

    日本人が切り拓いた街に日本人がいない。海のない沖縄で見たのは寂しい現実だった。

    [南米支局 2012年3月22日 10:00]


    今日の世界新聞のランキングは……

    8位(←)

    人気ブログランキングに参加しています。
    ランキングが上がれば、
    世界新聞の記事をたくさんの人に読んでもらうことが出来ます。
    記事を読んで面白いと思ったら、応援の1クリックお願いします!
    ↓ ↓ ↓ ↓

    人気ブログランキングへ

    テーマ : 海外ニュース
    ジャンル : ニュース

    2012-03-22 : 社会 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    ブエノス地下鉄と銀座線、まさかの関係とは!?

    アルゼンチンはブエノスアイレスを走る地下鉄が実は日本の地下鉄のモデルになっており、今でもその車両が走っていることがわかった。

    現在、ブエノスアイレスには6つの路線が走っており、そのうち1913年に開業した最も古いA線が日本の最古の地下鉄銀座線を作るときに参考にされたという。

    ブエノス地下鉄の改札はこんな感じ
    IMG_0905

    カードタイプの切符を機械に通して入場
    P3150787

    電車が参ります。白線の内側までお下がりください
    P3150779
    P3150775

    中に入ると……
    P3150771

    おお!めちゃシブい。
    IMG_0906

    木の座席が何とも言えません
    P3150760

    扉も木
    P3150765

    とにかく味がある。日本の地下鉄のモデルになったというのもうなずける。
    P3150763
    P3150781
    P3150783
    P3150764
    P3150769

    銀座線の開業(1927年)から85年。改良が重ねられた今の銀座線には当時の面影は見る陰もない。一方で、当時と同じ姿を維持し走り続けるブエノスの地下鉄に、男ならロマンを感じずにはいられない。

    ※ちなみに読者のタレコミによるとブエノス地下鉄には丸ノ内線の車両が走っているという。その件に関しては追って取材したい。

    [南米支局 2012年3月21日 11:30]


    今日の世界新聞のランキングは……

    8位(1ランクアップ!)

    人気ブログランキングに参加しています。
    ランキングが上がれば、
    世界新聞の記事をたくさんの人に読んでもらうことが出来ます。
    記事を読んで面白いと思ったら、応援の1クリックお願いします!
    ↓ ↓ ↓ ↓

    人気ブログランキングへ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-03-21 : カルチャー : コメント : 2 : トラックバック : 0
    Pagetop

    沈没のバラッド 【デスクの部屋】

    DSCN3562

    タイタニック号並みに沈没のデスクです。

    ブエノスにきてなんと1週間が過ぎました。残り期間4ヵ月の中、1週間も同じ地に留まり続けることがあろうとは。4ヵ月の中の1週間て、要するに7%ですよ。沖縄の完全失業率が7.5%ですからね。ただごとではありませんよ。

    何故僕が戦艦大和ばりに沈没してしまったのか。それは……はっきり言って……今後のルートが決まらなかったから!!!いろいろ情報集めたり、正直、面倒くさいです。「それが旅のだいご味だろ」とかわかってます。わかってるんですけど、もう僕にとっては旅は日常だから綺麗ごとだけじゃない。

    ま、旅人失格です。

    で、実は、もうひとつ、僕が沈没した理由があるんです。

    これです。H2
    DSCN3563

    宿にあるたくさんのマンガ
    DSCN3568

    H2ってめちゃくちゃ粋やねんなぁ。ストーリーはそんなにおもろい訳やないねんけど、つい手が伸びてしまう。

    大の大人が見事に高校生たちに翻弄されているという訳です。

    とりあえず、4/4にフランクフルトに飛びます。それまでどこ行こうかなぁ。


    今日の世界新聞のランキングは……

    9位(←)

    人気ブログランキングに参加しています。
    ランキングが上がれば、
    世界新聞の記事をたくさんの人に読んでもらうことが出来ます。
    記事を読んで面白いと思ったら、応援の1クリックお願いします!
    ↓ ↓ ↓ ↓

    人気ブログランキングへ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-03-20 : その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    アルゼンチンリーグで暴動。日本人旅行者に催涙弾

    P3190201


    19日行われたサッカーのアルゼンチン1部リーグでサポーターによる暴動が発生。数人がケガをし、日本人観光客にも催涙弾を浴びるなどの被害が及んだ。

    事件が発生したのはサンロレンソ×コロンの試合が行われたブエノスアイレス郊外のEstadio Pedro Bidegaín(サンロレンソのホームスタジアム)。

    そびえるスタジアム
    P3190083

    地元サンロレンソ(アルゼンチンリーグのビッグクラブのひとつ)は下位に低迷し、降格の危機に瀕している。ちなみに現地在住のサッカー通によるとサンロレンソサポーターは「アルゼンチン1アツい」らしい……。

    スタジアムへ向かうサンロレンソサポーター
    P3190068

    すれ違うバス。戦いはもう始まってる、みたい……
    P3190070

    スタジアムに入る
    P3190083

    サポーターが陣取るゴール裏
    P3190146
    P3190112
    P3190123

    ゴール裏からスタジアムを見渡す
    P3190125

    試合前から歌って跳ねて明らかに飛ばし過ぎのサポーター
    P3190134

    続々とサポーターが集結。野太い応援歌が会場にこだまする
    P3190189

    試合は前半、ホームのサンロレンソが先制しハーフタイムへ。すると先制でテンションアゲアゲのサポーター達に向けて……

    放水!
    P3190159

    水をかけられてさらにアゲアゲの図
    P3190169

    メインスタンドにも水やり。決していじめている訳ではなく暑い日恒例の「サービス」らしい
    P3190176

    そして、後半、後の暴動の原因となったひとつの判定が生まれる。

    相手チームがサイドからボールを中に送るも、オフサイドがあったとして副審が旗を上げる。プレーをやめるサンロレンソ選手たち。しかし、相手チームの選手はそのままシュート。これがゴールへ転がる。すると、なんと主審はゴールの判定。審判に詰め寄るサンロレンソの選手達。試合中断。しかし、判定は覆らず、1-1の同点に……。

    確かに副審は旗を上げていた。しかし主審がこれを見逃していたことから今回の事態が起こった。

    会場は騒然……。

    審判に向けて「プ―タ!プ―タ!(「売春婦の息子」)」と怒り狂うサポーター
    P3190179

    その後、サンロレンソは反撃を試みるも、試合はそのまま同点で終了。

    現実を受け入れられない様子のサポーター。
    P3190207

    立ち上がれない人もいた
    P3190193

    そして会場全体に湧きあがる審判への「プ―タ」コール
    P3190194

    しばらくすると……

    一部のサポーターが金網の下に集まり始めたと思ったら、
    P3190195

    登り始めた……。下のほうで柵を金網に叩きつけている
    P3190201

    ここからはもう、軽い戦争状態に。判定が不服なサポーターが機動隊と衝突。機動隊が催涙弾で威嚇射撃をすると、サポーターは石や瓶を投げて応戦。装甲車が出動し、放水。逃げ惑うサポーター。

    本紙記者もその現場に巻き込まれてしまったのだが、さすがに身の危険を感じた。どこから何が飛んできてもおかしくない状況だった。写真を撮る余裕がなかったことがその凄まじさを物語っているではないか(!)

    ポリスのヘリも出動
    P3190209

    警察車両がスタジアムのゲートを封鎖
    P3190214

    サポーターと睨み合う機動隊
    P3190212

    警察がものすごい勢いで集結
    P3190218

    しばらくして暴動鎮圧。サポーターもバスでお帰りします
    P3190217

    群衆が凶暴に変化していく過程を見せつけられた気分だった。

    [南米支局 2012年3月19日 15:00]

    今日の世界新聞のランキングは……

    9位(↑)

    人気ブログランキングに参加しています。
    ランキングが上がれば、
    世界新聞の記事をたくさんの人に読んでもらうことが出来ます。
    記事を読んで面白いと思ったら、応援の1クリックお願いします!
    ↓ ↓ ↓ ↓

    人気ブログランキングへ

    テーマ : 欧州サッカー全般
    ジャンル : スポーツ

    2012-03-19 : スポーツ : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    世界で2番目に美しい本屋さんで、優雅な時間に浸ってきた 【告知】

    00

    ヨーロッパへの航空券が絶望的に見つからないのでアルゼンチン永住権も視野に入れ始めたデスクです。ったくどの検索サイトも人様をバカにしてますよ。出し惜しみしやがって……。どなたかバカ正直な検索サイトがあったら教えてください。

    さておき、今週のGIGAZINE連載です。世界で2番目に美しい本屋に行ってきました。1番じゃないところが最大ポイントです。

    記事はこちら

    今日の世界新聞のランキングは……

    10位(←)

    1日1クリックしてデスクを帰国させてあげよう
    ↓ ↓ ↓ ↓

    人気ブログランキングへ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-03-18 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    ウルグアイに「大塚愛」のヌード画!?

    otsuka

    ウルグアイ情報筋によると、ウルグアイの世界遺産の街・コロニアルデサクラメントにある画廊にタレント「大塚愛」のヌード画が飾ってあるという。

    コロニアルデサクラメントはラプラタ河をはさんでブエノスアイレスの対岸の港町。

    より大きな地図で コロニア を表示

    ブエノスアイレスのフェリー乗り場へ
    P3140493

    ターミナル内は結構洒落てる
    P3140496

    かわいい船のマークの横で無駄に決まってるお兄さん
    P3140503

    イミグレのお姉さん、スタンプわざわざこんなとこに押さなくても…。ウルグアイは世界の中心ってか
    P3140502

    乗りこみます
    P3140511

    おお、だだっ広い
    P3140517

    ゲーセンも併設。2009年版バーチャストライカーなどがあった
    P3140512

    貧乏人は自由席へ。といってもなかなか快適
    P3140522

    甲板に出るとそこは欧米人の社交場だった
    P3140528

    河の茶色いことカフェオレのごとし
    P3140568

    ブエノスアイレスを仰ぐ
    P3140554

    3時間でコロニアルデサクラメントに到着(約3100円)
    P3150601

    画廊があるという旧市街へ向う
    P3150619

    どうしようもなくのんびりした街
    P3150628

    世界遺産の街並み。全女子が大好物であろういわゆる「かわいい」街並み
    P3150639
    P3150709
    P3150638

    例の画廊がある通り
    P3150640

    いよいよ画廊に入ります
    P3150653

    ま、まさか…
    P3150642

    おお
    P3150645

    これは…
    P3150647

    大塚愛!? 乳出してるし
    P3150644

    画廊のお姉さんに確認したところ、「ああこのモデルの彼女ね『さくらんぼ』としか聞いてないわ」と言ったとか言ってないとか。

    [南米支局 2012年2月2日 14:00]

    今日の世界新聞のランキングは……

    10位(↓)

    1日1クリックしてデスクを帰国させてあげよう
    ↓ ↓ ↓ ↓

    人気ブログランキングへ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-03-15 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    世界最大の滝・イグアスに飲み込まれてきた 【告知】

    おかーーー
    70

    さーーーー
    71

    ーーーーーん  ※デスクが乗っています
    72

    親孝行してますか?

    デスクです。今週のGIGAZINE連載です。勢い余ってイグアスの滝に突っ込んだときのことについて書きました。

    安否確認はこちら


    今日の世界新聞のランキングは……

    9位(↑)

    1日1クリックしてデスクを帰国させてあげよう
    ↓ ↓ ↓ ↓

    人気ブログランキングへ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-03-14 : その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    「肉汁のフォークランド紛争」勃発!アルゼンチンに避難勧告

    アルゼンチンではとんでもないクオリティーの牛肉が驚くほど安い値段で出回っている」。これは南米を旅行する日本人バックパッカ―の間では定説となっており、日本人宿「日本旅館」では夜な夜な肉祭りが開催されている。

    とにかく近所のスーパーへ
    P3120065

    肉の塊がゴロゴロごろりん
    P3120064

    チョリソーぶらさがりの刑
    P3120070

    サーロイン(約360円)
    P3130075

    目もくらむような鮮やかな赤
    P3130109

    チョリソーも購入
    P3130089

    ぷりんぷりん
    P3130096

    宿に戻り、いざ調理開始。

    にんにく刻みます
    P3130111

    塩こしょうして熱したフライパンに投入
    P3130119

    返すとこんがりええ感じ
    P3130125

    お次はチョリソー
    P3130136

    はじけてくるのはチョリソーの宿命
    P3130140

    火を通すために最後は開いて
    P3130147

    完成!
    P3130155

    美味い。肉がやわらかくて、油が甘んまい…
    P3130158

    今回食したサーロイン、日本で買えば1500円はくだらないだろう。何故アルゼンチンではこんなに良い肉が安く手に入るのか。ひとつに生産量が多いことがあげられる。なんとアルゼンチンでは人口が4000万人弱に対して、牛は5000万頭もいると言われているのだ!

    hikomaro

    先日、そんなアルゼンチン肉情報を聞きつけた彦摩呂(本名・原吉彦)氏がアルゼンチンに緊急渡航。牛肉をほおばり「肉汁のフォークランド紛争やぁ~」と不謹慎な彦摩呂節を披露し、アルゼンチン政府から国外退去を宣告された。

    [南米支局 2012年3月13日 10:00]

    今日の世界新聞のランキングは……

    10位(↓)

    クリックしてデスクを帰国させてあげよう
    ↓ ↓ ↓ ↓

    人気ブログランキングへ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    tag : アルゼンチン

    2012-03-13 : その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    ブエノスアイレスの悲劇 【デスクの部屋】

    どうもデスクです。残念ながら連日の登場です。ネタがないから出てきた訳ではありませんのであしからず。

    3/12、パラグアイの国境の街からバスで21時間、アルゼンチンの首都・ブエノスアイレスに着きました。「日本旅館」という日本人宿にいます。

    古い洋画に出てきそうなエレベーターで5階へ
    P3120061

    リビング。TVはNHKも流れます。地震のニュースをやっていました
    P3120059

    部屋を開けると、驚愕の事実……
    P3120054

    僕の部屋は洗濯干場でもあるんだそうです
    P3120057

    久々のドミトリーライフの始まりです
    P3120056

    ところで、ブエノスアイレスにはボカジュニア―ズというサッカーチームがあります。なんと…その試合が今日あるというじゃありませんか!!!しかし、このボカジュニア―ズ、かなりの人気チームでチケットの入手が超困難だというのです。ホームの試合では公式チケットを買うことはもはや不可能でダフ屋だのみだと。しかもダフ屋はかなりの高確率で偽チケットを裁いてくると言うのです。

    それでもダメもとで行ってきました。

    ボンボネーラ(ボカのホームスタジアム)に着きましたが…
    P3120047

    開始2時間前に行ったにも関わらずダフ屋がいません。周りにいたサポーターいわく遅かったようです。そんな時、ある男が近づいてきて言いました。「サポーターと一緒に入れてやってもいいぜ」。どうやら、サポーターはチケットなしで特別にスタジアムに入る方法があるようです。あんた誰なんだという話ですが、男に約4000円払って入れてもらいます。これしか方法がありませんし…。

    サポーターの列の中に入れてもらいます。
    P3120048

    身体検査などは順調にクリアしたのですが……

    スタジアムに入る直前で止められてしましました
    P3120050

    まぁズルはいけないということですね。

    皆さん、僕が出てきた理由がわかりましたね。なんと、やはりネタがなかったのです!!!

    今日の世界新聞のランキングは……

    9位(←)

    1日1クリックしてデスクを帰国させてあげよう
    ↓ ↓ ↓ ↓

    人気ブログランキングへ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-03-12 : その他 : コメント : 1 : トラックバック : 0
    Pagetop

    イグアスでも脱いだらスゴいんです 【今日のデスク】

    P3091491
    イグアスの滝にランニングで行ったら、この有様。というか脱いだらスゴいんです

    皆さまこんにちは。噂のデスクです。

    読者の方から「デスクは普段どんな生活をしているの?」というプライバシー侵害も甚だしい質問メールが2通くらい届いたので、このコーナーで定期的に発信していきたいと思うに至った訳です。

    結論から言うと、イグアスのアルゼンチン側の街・プエルトイグアスにいます。今日は滝にも行かず、ひきこもって原稿を書いていました。

    奮発して2000円の宿にいます
    P3091506

    片方のベッドはこんな状態。A型です
    P3091507

    入ってすぐのところに、謎の押し入れがあります
    P3091508

    残念ながら座敷わらしはいません
    P3091509

    シャワーとトイレの距離感が冷静と情熱の間くらいに近い
    P3091493

    今日の夜飯はピザパンです。イグアスは物価が高いので絶望的にパンばかり食べています
    P3091503

    ひとつ相談があります。

    このコーナー、アリなんでしょうか。

    明日はイグアスを出てブエノスに向います。


    今日の世界新聞のランキングは……

    9位(←)

    1日1クリックしてデスクを帰国させてあげよう
    ↓ ↓ ↓ ↓

    人気ブログランキングへ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-03-10 : 社説 : コメント : 2 : トラックバック : 0
    Pagetop

    危機管理バックパッカー・YOHEI 【世界人】vol.4

    P3050917

    連載『世界人』の第4弾は、徹底したリスクマネジメント型の旅を実行し、旅人の間で「危機管理バックパッカ―」として恐れられるYOHEI氏。

    男は何を思い旅立ったのか?そして今何を思うのか……。


    ーーあなたの旅とは題して?
    「危機管理の旅」ですね。

    僕は世界一周を「バケーション」ではなく「仕事」と捉えてるんです。仕事でミスは許されませんよね?だから僕は旅でミスをしない。盗難対策から、体調管理、時間の管理まで完璧な仕事を目指します。

    PROFILE
    YOHEI
    1980年生まれ。鹿児島県出身。AB型。フィリピン英語留学を経て、昨年3月から世界一周



    中国で訪れた九寨溝
    kyusaiko

    エベレストベースキャンプにて
    evelest


    ーー何故、旅に出たんですか?
    「人間」として成長したいというのがありました。「社会経験」をある程度積んだと思った時、次は世界で「人生経験」を積みたいなと考えました。

    ーー成長の手段として、何故世界一周だったんですか?
    「幸せの価値観」を得るためです。世界には貧しくても「幸せ」な人達っているじゃないですか。彼らにとっては何が「幸福」なのか。世界で色々な人生を見て、自分にとって何が幸福なのかを考えてみたいんです。

    ーーそう思うに至ったのには何かキッカケが?
    会社で出世するためにゴマをすったり、そういうことが僕には出来なかった。みんな陰で文句を言いながら、でも現実は思い通りにはいかなくて。そういうのって「幸せ」なのかなって。「幸せ」って何だろうって。

    TRAVEL DATA
    旅の資金:300万円
    ルート:フィリピン(英語留学)→東南アジア→中国→ネパール、インド→アメリカ、メキシコ、グァテマラ(スペイン語留学)→南米、中南米、北米→欧州→中東、アフリカ→オセアニア→フィリピン、台湾→中国、韓国
    ※西周りで出発するも「今年のウユニを見るため」に東周りに変更。

    旅のスタイル:世界一周(2年)、陸路中心……現在約1年経過



    YOHEI氏使用のバックパック(70リットル)
    P3050909

    ウユニに立つ
    DSC_0439


    ーー日本ではどんな仕事を?
    ガス会社にいました。営業から工事、修理等、なんでもやらせてもらいました。

    ーー仕事をして感じたことは?
    あの会社にいなかったら世界一周していなかったかもしれません。というのも、2年くらいのスパンでほんとに色々な職種を経験させてもらったんです。それで、ある程度会社(仕事)の仕組みというのがわかった。これ以上やっても、あとは「レベルが上がるだけだな」と感じたんで、次のステップに進むために、旅へ行こうと思いました。

    「最後の保険として」持っているという、GPS。さすが、危機管理バックパッカ―
    P3050906

    ーー旅のルールってあります?
    急がないことですね。何カ国訪問したのではなく、何を得たかを常に考えています。ゆっくり目を凝らして、人を見ていきたい。

    ーー旅で一番のインパクトは?
    マザーテレサですね。間違いなく。インドのコルカタでマザーテレサハウスのボランティアに参加したんです。彼女はほんとすごい。彼女はもともと恵まれた環境に生まれたんです。でもそれを全て捨てて貧しい人のために生きた。理解できないです。人間じゃないですよ……。そして、亡くなった今でも現地でこんなに多くの人に影響を与えている。彼女が貫いた信念を僕の人生にわけてもらいます。

    ボランティアの仲間とともに
    bolantiamember

    マザーハウスに眠るマザーテレサ
    telesa


    ーー1番のピンチは?
    インドでデング熱にかかりました。コルカタの蚊に刺されて、デリーで発症。デングは熱が上がったり、下がったりするのが特徴で、40度近い熱が2日周期で2回押し寄せてきました。窓もない殺風景なゲストハウスで一週間苦しみました。でも、これは全て僕の責任。半そで半パンでいたことを今でも後悔しています。

    ーー旅後のことについて。
    実家が農家なので、農業をするという選択もありますが、今ははっきり決めてません。旅中に社会における自分の役割をしっかり認識して、帰国後全うしたいと思います。

    フィリピン留学で卒業証書を手に
    graduate

    写真提供:YOHEI


    [南米支局 2012年3月9日 14:00]


    目標は海外ニュース1位。
    本日9位(↓)1RANK DOWN
    1日1クリックの応援よろしくお願いします!
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    tag : 世界一周

    2012-03-09 : : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    【速報】日本代表、パラグアイをPKで下し、ベスト8進出!

    P3071014

    サッカーの国際リベンジマッチ・日本対パラグアイは、現地時間3月6日の19時からイグアス居住区スタジアムで行われ、日本代表が1-1からのPK戦(4-3)でパラグアイを下し、史上初のベスト8に進出した。

    P3070957
    イグアス居住区には日系移民が約700人住む

    P3070941
    街中に立つ鳥居

    P3071038
    決選の地イグアス居住区スタジアム

    P3071035
    パラグアイ代表

    「W杯のリベンジがしたい」との日本人旅行者の身勝手な申し出から行われたこの試合、日本は前半10分小口太郎のゴールで先制するも、後半パラグアイに追いつかれ、PK戦に突入。後攻の日本は最後は小口太郎が豪快にけりこみ、大会史上初のベスト8に進出した。



    日本代表には各界から祝福のコメントが寄せられ、2010年W杯でPKを外した駒野友一選手は「僕も上を向いて進んでいこう」と語った。

    koma
    ほっとした表情を見せる駒野選手


    [南米支局 2012年3月7日 20:00]


    目標は海外ニュース1位。

    本日…9位(↓1RANK DOWN...)
    1日1クリックの応援よろしくお願いします!
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-03-07 : スポーツ : コメント : 1 : トラックバック : 0
    Pagetop

    パラグアイで土日限定の大飢饉。死者50人に

    P3050892

    南米パラグアイの首都アスンシオンにて、毎週土日に未曾有の大飢饉が発生していることがわかった。アスンシオンは一国の首都のくせに、土日になると、たちまち街はゴーストタウンに変貌。レストランというレストランが軒並み閉まってしまい、街には食糧を求めさまようツーリストが溢れ、その様子は「アスンシオンの亡霊」と呼ばれている。

    本紙デスクもこの大飢饉に遭遇。食糧を求めて亡霊と化した地獄の3時間を徹底レポートしたい。

    昼ごはんを探しに日曜の街へ。ほんと誰もいない…
    P3050822

    一番の目抜き通りもこのありさま
    P3050825

    公園の靴磨きもこんな感じ
    P3050887

    「革命広場」。これでは革命も何もない
    P3050890

    レストランも閉まりまくってる…
    P3050904
    P3050900
    P3050896
    P3050898

    空いてるレストラン発見!と思ったら…

    亡霊たちで満席…
    P3050842

    よし、昨日(土曜)空いていた路上バーガー屋に行こう。

    ここもか…
    P3050845

    この葉っぱ、食えるかな…
    P3050844

    もう、ネットカフェの売店でドーナツでも買うかと思ったら、

    むう…
    P3050823

    ここ開いてるけど、高い…
    P3050872

    いかんいかん。パラグアイまで来てそんなこと…
    P3050831

    2時間経過。歩くのも苦痛になってきた…
    P3050829

    はぁはぁ。
    P3050877

    パラグアイの鳩っておいしいのかな…
    P3050899

    それこそ、日本大使館に駆け込もうかと考えたその時…

    開いてる!
    P3050847

    チョリソー!!!
    P3050851

    早く、早くっ
    P3050853

    うますぎる…。勢い余ってハンバーグ、チョリソー、卵、チーズ、全部乗せ(約150円)。
    P3050867

    現地人によると、パラグアイ人は土日はここぞとばかりに家で過ごすらしく、このような現象が生まれるそうだ。一説によると、これまでに30人以上の外国人の餓死が確認されている。これを受けて日本政府はODAの一環として、日本人観光客のために現地でトン汁の炊き出しを計画しているという。

    tonjiru

    [南米支局 2012年3月6日 10:30]


    目標は海外ニュース1位。ランキングが下がってきました…。
    本日…9位(←)
    1日1クリックの応援よろしくお願いします!
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-03-06 : 社会 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    南米「水かけ祭り」、犠牲者数千人に…【動画あり】

    DSCN3150

    2月中旬~下旬にかけて南米でカーニバルが開催されたが、それに並行して各地で「水かけ祭り」なるものが横行し、旅行者を悩ませている。これはカーニバル期間中とその前の数週間に行われるもので、要は水をかける「いたずら」。見知らぬ人に対して、水鉄砲で水をかけたり、泡スプレーを噴射したりする。中にはタライの水をぶっかけるという過激な犯行も目撃されている。

    本紙は計らずもボリビアのウユニとオル―ロの犯行現場に遭遇することとなった。


    <ウユニ>

    ウユニでは街をカーニバル行進している人に向い、外野が犯行を重ねた
    DSCN3170

    ウユニは参加型のカーニバル。住民が草を持って踊り歩く
    DSCN3175

    チャンスをうかがう悪ガキ達
    DSCN3112

    泡スプレー噴射!
    DSCN3137
    DSCN3150
    DSCN3127

    水風船スタンバイ
    DSCN3185

    ポーイ!
    DSCN3188

    わざわざ車でタンクを運んできている…。手にはバケツ
    DSCN3155

    ほんとにぶっかけた。これはさすがに悪意がある
    DSCN3152

    派手にぶっかけられてガチギレするおっさん
    DSCN3164

    家の上からもあるので、油断は許されない
    DSCN3227

    記者も犠牲者の1人に…
    DSCN3207




    <オル―ロ>

    カーニバル会場にて
    P2190029

    ちびっ子たちの水かけ戦争勃発
    DSCN3078
    DSCN3038
    DSCN3049

    売り子もぐちゃぐちゃ。鼻がマンガみたくなってる
    DSCN3099

    泡もしたたるいい女
    DSCN3142

    観光客の犠牲者
    DSCN2961

    一説によるとその犠牲者は数千人にのぼるとされ、日本外務省は女性旅行者に対して「顔に水がかかって問題がある人は、それなりのを装備を揃えていくように」と注意を呼び掛けている。

    saubizer
    外務省推奨の特注サンバイザー

    [南米支局 2012年3月5日 10:00]



    目標は海外ニュース1位。
    本日…9位(↓)

    1日1クリックの応援よろしくお願いします!
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-03-05 : カルチャー : コメント : 1 : トラックバック : 0
    Pagetop

    劣悪環境で働くポトシ鉱山の坑夫に会って「働く」ということをもう一度考えた【告知】

    00

    『劣悪環境で働くポトシ鉱山の坑夫に会って「働く」ということをもう一度考えた』

    記事はこちら

    皆さまこんにちは。デスクです。パラグアイの首都アスンシオンにいます。なかなかツーリストがいないですねぇ。まぁよっぽど時間がある人じゃないと来ない国なんでしょうね、パラグアイ。見どころは少ないけどみんな人懐っこくていいとこです。

    さて、今週のGIGAZINEへの連載です。

    ペルーのポトシ鉱山に潜入したときのことを書きました。坑夫たちはそれは劣悪な環境で働いていて、ガラにもなくいろいろ考えちゃいました。

    ご一読をば。


    目標は海外ニュース1位。
    本日…8位(←)
     
    1日1クリックの応援よろしくお願いします!
    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-03-04 : 社会 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    仕事は「それなり」でいいの価値観 【一周手帳】

    DSCN2791

    どうもデスクです。いい加減、わが社も「社説」らしきものを書いていこうということで「一周手帳」の第1回です。

    ***

    中米、南米を旅してきてずっと感じてきたこと。ここでは「働く」ことの価値観が日本とはまるで違う。

    ボリビアのウユニの街でこんなことがあった。街はカーニバルの最中で、レストランが軒並み閉まっていた。やっとの思いで開いているレストランを見つけるも、店内は同じ境遇のツーリストでいっぱい。僕らがテーブルに着くやいなや、オーナーは言い放った。「もう、ウチは終わりだ。よそへ行ってくれ」。店にどんどんツーリストが押し寄せる中で、である。まだ19時かそこらの時間。オーナーは自ら客の波を断ち切ったのである。

    DSCN2465
    路上ハンバーガー屋

    彼らにとって仕事はほどほどでいいのだ。必要以上に儲ける必要はない。ここ南米ではアジアのような激しい「客引き」にさらされることは少ない。

    DSCN2498
    ボリビア・ラパスの靴みがき

    質に関してもそう。日本では仕事は無条件に「ちゃんと」しなければいけないもの。こっちの人は「それなりに」やっておけばいいくらいに考えているフシがある。日本人は海外に出てサービスにカルチャーショックを受けがちだが、そりゃそうだろう。考え方から違うんだもん。

    そもそも、彼らの中では仕事の優先順位が驚くほど低い。普段、現地人をマネジメントしているボリビア・ラパスの日本食レストランの店長は語る。「彼らにとって仕事はだいぶ下ですよ。僕らが考えるよりずっと下。とりあえず一番はパーティ。家族、恋愛、その次くらい、いやもっと下なんじゃないかな」。仕事よりも大事なものがここにはたくさんあるらしい。

    DSCN2929
    ボリビア・オルロのカーニバルで

    そんな訳で正反対の2つの価値観が存在する。どっちが正しいとか言うつもりはあまりないけど、とりあえずカーニバルで見た彼女の笑顔はすごく輝いていたなぁ。



    目標は海外ニュース1位。
    本日…8位(←)

    1日1クリックの応援よろしくお願いします!
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-03-03 : 社説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    「魔女通り」、日本人のデートスポットに

    DSCN2539

    ボリビアの首都ラパスに「魔女通り」なるものがあり、日本のミーハーな女性観光客を震え上がらせていることが本紙の取材でわかった。

    観光客が集まるサガルナガ通り近くの路地には、リャマのミイラなど得体の知れない「魔女道具」を扱う店が数件軒を連ねており、異様な雰囲気を放っている。


    こんな感じで5軒くらい並んでいる
    DSCN2584

    リャマのミイラ(フサフサバージョン)
    DSCN2558

    リャマのミイラ(乾燥バージョン)
    DSCN2534

    リャマの藁人形
    DSCN2612

    香水。何かの植物の根が入ってる。石鹸みたいな香り
    DSCN2549

    様々な効力を示したいかがわしい石鹸たち
    DSCN2544

    これから何を作ろうというのか
    DSCN2594

    あるまじろーん(ミイラ)
    DSCN2588

    昼間っからヤな雰囲気を醸し出してます
    DSCN2573

    翼をそんな無造作に置かれても
    DSCN2581

    けろりん
    DSCN2537

    これらのグッズは現地にキリスト教が浸透する以前からアイマラ族(先住民)の間で行なわれていた儀式に用いられる道具なのだとか。ちなみにリャマのミイラは家を新築する際、地面の下に埋めて家内安全を祈願するのに用いられる。

    もちろん本物の魔女が買い物に訪れることはほとんどなく「えーやだーなにこれこわーい」といった具合に日本人カップルに格好の話題を提供するB級スポットになり下がっている。


    [南米支局 2012年3月2日 15:00]


    目標は海外ニュース1位。
    本日…8位(↓)
    1日1クリックの応援よろしくお願いします!
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-03-02 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    「みんなが主人公」南米のカーニバルに潜入

    DSCN1940

    2月中旬~下旬、南米各地において、カーニバルがのっぴきならない盛り上がりを見せ、日本人観光客を圧倒し続けている。カーニバルと言えばリオ……と思ったあなたは既にマルシア(もしくはラモス)。南米でカーニバルといえば各都市、それこそ村単位で開催されているのだ。本紙はペルーのチチカカ湖畔の街・プーノのカーニバルへ潜入、ラテンの真骨頂に酔いしれた。

    あるチームの前夜祭にお邪魔。酒を振舞ってくれたり、驚くほどウェルカム
    DSCN1838

    日本人女子大生とぺルー人の熱いセッション
    DSCN1878

    教会に集結するブラスバンド
    DSCN1726

    カーニバル当日。街にはたくさんのチームが存在し、期間中街を練り歩き、予選→決勝と踊りを競う。

    チームは基本的にはこんな構成になっている。

    まず、チームの旗
    DSCN1933

    青年。足についた鈴を鳴らして踊る
    DSCN1961
    DSCN1956

    ちびっ子
    DSCN1932

    スカートヒラヒラなおばさま方
    DSCN1995
    DSCN2053
    DSCN2017

    鬼。スペイン人侵略者を鬼(ディアブロ: diablo)と重ね合わせ、恐れを持って踊りに表したと考えられている(wikipedia)。
    DSCN2036

    若い女性。ひらりひらりと
    DSCN1937


    ブラスバンド。こう見えて飛んだり跳ねたり
    DSCN2175

    みんなの笑顔を見ているとこっちまで楽しくなってくる。

    ドヤ顔
    DSCN2122

    色もの
    DSCN2217

    みんないい顔
    DSCN2083
    DSCN2118
    DSCN2223

    観客はお目当てのチームがくると盛り上げる
    DSCN2007

    きれいどころ。カメラを向けると、みんな挑んでくる。
    DSCN2128
    DSCN2066
    DSCN1979
    DSCN2064
    DSCN1971
    DSCN2090

    カーニバルではみんなが主人公なのだ。

    [南米支局 2012年3月1日 10:00]


    目標は海外ニュース1位。
    本日…8位(←)

    1日1クリックの応援よろしくお願いします!
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2012-03-01 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop
    ホーム

    デスク

    松崎敦史

    Author:松崎敦史
    1981年5月28日生まれ。大阪府出身。A型。2005年株式会社白夜書房に入社。フットサル雑誌「フットサルナビ」の編集者として5年間働く。2011年7月世界一周旅行へ。ニュースサイトGIGAZINEで連載。当ブログがブログ村旅行カテゴリーで1位獲得。2012年7月帰国。2013年4月、脳内トラベルメディア・世界新聞をリリース。

    もろもろお気軽にご連絡ください!
    atsugk☆gmail.com

    タレコミ募集中!

    世界新聞社では、
    「ココ取材してきて」
    「こんな面白いことあったよ」
    「今ココでコレが流行ってる」
    そんなタレコミを24時間体制で受け付けております。
    atsugk☆gmail.com

    購読料について

    下記バナーを1日1クリックしてください。定期購読の場合、クリックが2日に1回でよくなる特典がございます。
    ※ビール券はあいにく切らしております。
    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 人気ブログランキングへ

    訃報

    ・テツ&トモ
    ・日本経済

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    為替

    今日の運勢

    編集長のつぶやき

     

    定期購読はこちら

    コラボ、執筆依頼、苦情はこちら

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    旅行
    195位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    海外旅行
    72位
    アクセスランキングを見る>>

    検索フォーム

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。