スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    -------- : スポンサー広告 :
    Pagetop

    アポ無しでウルルンは可能か? @インドの砂漠村

    PA050395-1




    ◆砂漠の村へ突撃訪問

    もし、TV番組のノリで、辺境の村に突然おしかけたとしたら…

    果たして泊めてもらえるものなのか?



    という訳で砂漠の村へ突撃訪問してきた。



    題して…



    ウルルンを夢見る日本人が、砂漠の村で、ぼったくりに遭った~。



    PA050002-1

    褐色の大地に緑がまばらな地平線がひたすら続く。

    ジャイサルメールからスクーターで走ること3時間。

    村探しは難航していた。



    これまで、2つの村と交渉したが、村が遠すぎるなどの理由でうまくいかず。

    日も落ちてきた。

    あきらめて道端で寝ようか。

    そんな矢先に彼らと出会った。



    ◆まさにウルルンだ…

    砂丘の向こうに明かりを見つける。

    たくさんの人の気配。

    村だ!



    話しかけると何人かの村人が

    笑顔で迎えてくれる。



    しかし、なんと…英語が全く通じない。

    「泊まらせてくれ」

    ボディランゲージを駆使して訴える。



    すると、こちらの要求をくみ取った彼らは村の中へ招いてくれる。

    なんと、僕らのためにベッドまで運んできてくれた!


    PA060464-1

    PA050404-1

    PA050390-1



    村の入り口には焚火がたいてあり、傍にはラクダが休んでいる。

    中には藁ぶき屋根の家が5つくらい立っていた。

    白い伝統衣装を着た男たちと子供に囲まれ、チャイをごちそうになる。

    遠くから色鮮やかなサリ―を着た女性たちがこちらを興味深げに眺めている



    これは、まさにウルルンではないか…。



    村長みたいな男も現れ、みんなで写真をとったり、楽しい時を過ごす。



    PA050397-1

    PA050366-1


    しかし、ウルルンは長くは続かなかった。




    ◆500ルピーよこせ!

    もう一人の日本人が僕に耳打ちをする。

    彼はほんのすこしヒンディーができる。



    「なんか、500ルピー(1000円)とか言ってます」

    「ここに泊まるなら払えってことみたいです」



    何度も村長に確認をするが、彼らが金を要求しているのは間違いみたいだ。



    PA050418-1
    金だ!金!

    ウルルン気分を壊された一行。

    「行こうか。あっちで寝よう」

    村から離れた道端でテントを張ることにする。



    500は高い(今泊まっているホテルは100ルピー)し、そんなのウルルンじゃない。



    しかし、何故か彼らは後をついてくる。

    テントを張ってる最中もニヤニヤ僕達を観察している。



    PA050438-1

    「帰れ」と言うと「チャイ代100ルピーよこせ」ときた。

    (チャイの相場は5ルピー)


    それでも、キレたことが功を奏したのかしぶしぶ村へもどっていく男達。

    やっとメシにありつける。



    ◆こん棒を持った男

    しかし、まだ終わってなかった。



    メシを食っていると、さっきとは別の1人の男が。

    手にはデカイこん棒。

    何かわめいている。

    かなり怒っているようだ。



    なだめると、帰って行ったが、さすがに身の危険を感じた。

    去り際に男がジェスチャーを交えて一言。

    「ハッパ(吸う?)」



    嗚呼。

    やはりここはインドなのだ。

    インドでウルルンはお金を払わないと無理なのだ。



    ちなみに、宿の関係者によると、

    僕らが行った村は外人の入域が禁止されているエリアだという。

    「あそこら辺の村は貧しいんです。だから治安がよくない。無事でよかったです」。



    PA060450-1






    ブログランキングに参加しています!
    ランキング上がるとテンション上がります。
    1日1クリック!応援よろしく!


    人気ブログランキングへ
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 海外ニュース
    ジャンル : ニュース

    tag : インド ジャイサルメール

    2011-10-06 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop
    コメントの投稿
    非公開コメント

    Pagetop
    « next  ホーム  prev »

    デスク

    松崎敦史

    Author:松崎敦史
    1981年5月28日生まれ。大阪府出身。A型。2005年株式会社白夜書房に入社。フットサル雑誌「フットサルナビ」の編集者として5年間働く。2011年7月世界一周旅行へ。ニュースサイトGIGAZINEで連載。当ブログがブログ村旅行カテゴリーで1位獲得。2012年7月帰国。2013年4月、脳内トラベルメディア・世界新聞をリリース。

    もろもろお気軽にご連絡ください!
    atsugk☆gmail.com

    タレコミ募集中!

    世界新聞社では、
    「ココ取材してきて」
    「こんな面白いことあったよ」
    「今ココでコレが流行ってる」
    そんなタレコミを24時間体制で受け付けております。
    atsugk☆gmail.com

    購読料について

    下記バナーを1日1クリックしてください。定期購読の場合、クリックが2日に1回でよくなる特典がございます。
    ※ビール券はあいにく切らしております。
    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 人気ブログランキングへ

    訃報

    ・テツ&トモ
    ・日本経済

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    為替

    今日の運勢

    編集長のつぶやき

     

    定期購読はこちら

    コラボ、執筆依頼、苦情はこちら

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    旅行
    331位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    海外旅行
    121位
    アクセスランキングを見る>>

    検索フォーム

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。