スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    -------- : スポンサー広告 :
    Pagetop

    ムンバイの壮絶スラム巡り 【潜入レポ】

    PA170509-1



    ◆拍子抜けのスラム1

    ムンバイのスラムに行ってきました。



    繁華街からバスに乗ること40分。

    DHARAVIスラム。



    大通りから路地に入る。

    細い道が入り組んでいて、家というか、小さな部屋が軒を連ねている。

    この一帯がスラムだって。


    PA170450-1PA170451-1
    PA170453-1PA170464-1

    PA170479-1

    PA170465-1PA170470-1

    PA170460-1
    スラムの中のお店


    正直拍子抜けしました。



    そんなに汚くないし、貧しそうではない。

    人々の身なりも汚くはなかったし。

    というのも、今までバスや電車からもっと壮絶なのを見ていたから。



    ガイドに軽くキレると「ワーストな場所に連れてってやる」とのこと。




    ◆壮絶なスラム2

    それは駅に隣接されていて、まさに僕が行きたかった「壮絶なもの」でした。



    BANDRAスラム。

    PA170549-1

    PA170538-1
    奥に見えるのが鉄道の駅舎

    これはしんどかったです。

    中を歩くのが。



    地面は基本的にゴミでできていて、かなりユルい。

    ハエとかところどころで虫がわいてる。

    聞けば半年前、モンスーンで水没して、さらに火事にもなったらしい。


    PA170514-1PA170517-1PA170495-1PA170531-1


    精神的にあまり長くいたくない感じ。

    とくに大人の視線は冷たかった。



    でも僕が勝手に抱いていたスラムの

    「廃れた」「悲壮感」「怠惰」

    そういう雰囲気は一切なくて、



    みんな淡々と生活している。

    それだけでした。


    PA170521-1




    ◆驚きの事実

    帰り際、一緒に行ったインド人から驚きの事実。



    一つ目のスラムのほうが貧乏なんだって。



    どう見ても、2つ目のほうが貧しそうでしょう。



    彼いわく、2つ目のスラムは駅に隣接されていて、立ち退きをさせないために、住民が警察にお金を払って住んでいるらしい(月に500ルピー程度)。それが払える分まだマシなんだそうな。



    ちなみに彼らの平均月収は3000ルピー(6000円)で、仕事は路上でスナックを売ったり、RICHな人々の家でコックをしたりしている。


    ムンバイもキレイごとだけじゃない。




    みなさんの一クリックが、僕を次の街へ運んでいます。一日一クリックお願いします!

    人気ブログランキングへ


    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 海外ニュース
    ジャンル : ニュース

    tag : インド ムンバイ

    2011-10-18 : 社会 : コメント : 1 : トラックバック : 0
    Pagetop
    コメントの投稿
    非公開コメント

    No title
    とても魅力的な記事でした!!
    また遊びに来ます!!
    ありがとうございます。
    2013-04-07 14:08 : 志望動機 URL : 編集
    Pagetop
    « next  ホーム  prev »

    デスク

    松崎敦史

    Author:松崎敦史
    1981年5月28日生まれ。大阪府出身。A型。2005年株式会社白夜書房に入社。フットサル雑誌「フットサルナビ」の編集者として5年間働く。2011年7月世界一周旅行へ。ニュースサイトGIGAZINEで連載。当ブログがブログ村旅行カテゴリーで1位獲得。2012年7月帰国。2013年4月、脳内トラベルメディア・世界新聞をリリース。

    もろもろお気軽にご連絡ください!
    atsugk☆gmail.com

    タレコミ募集中!

    世界新聞社では、
    「ココ取材してきて」
    「こんな面白いことあったよ」
    「今ココでコレが流行ってる」
    そんなタレコミを24時間体制で受け付けております。
    atsugk☆gmail.com

    購読料について

    下記バナーを1日1クリックしてください。定期購読の場合、クリックが2日に1回でよくなる特典がございます。
    ※ビール券はあいにく切らしております。
    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 人気ブログランキングへ

    訃報

    ・テツ&トモ
    ・日本経済

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    為替

    今日の運勢

    編集長のつぶやき

     

    定期購読はこちら

    コラボ、執筆依頼、苦情はこちら

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    旅行
    315位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    海外旅行
    113位
    アクセスランキングを見る>>

    検索フォーム

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。