スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    -------- : スポンサー広告 :
    Pagetop

    「世界一周することに意味はない」と世界一周中に思う。

    ◆「世界一周ですか?」の挨拶

    世界一周中にこんなこと言うのもナンですが、最近ますます思うんです。



    世界一周することに意味はない。



    旅先で多くの日本人に出会います。

    驚くことにその半分くらいが世界一周者。

    (あくまで中国→ネパール→インドと旅してきての実感値)



    世界一周ですか?」



    という言葉を何回かわしたか。

    もはや日本人への挨拶みたいなもんです。



    でも、みんななんで世界一周するのかなって。



    ◆日本人が世界一周な理由

    ひとつに世界一周航空券の存在。

    世界一周航空券とは回数券みたいなもんです。

    事前に世界一周ルートを決めて航空券を予約し、それをまとめて買うイメージ。

    種類によって違いますが、だいたい40~60万くらいですね。

    世界一周航空券についてくわしくはこちら



    世界一周航空券の浸透=世界一周ブーム

    と言っても差し支えないと思う。



    世界一周している人は主に2つの世代が多いように感じます。


    a. 24~26歳
    b. 28~30歳 


    特に25、26、29、30が驚くほど多い。

    何を隠そう僕も30。



    彼らはほぼ会社を辞めて旅にきている(僕も)。

    イコール時間がある。

    「どうせ長期旅するなら世界一周しちまおう」

    という思考になるようです。



    ◆世界一周するのって結構しんどい

    でも思うんです。

    世界一周に拘る必要ってあるのかなって。



    別にユーラシア縦断でも、世界3分の2周でも、ジンバブエ一年旅でも何でもいいと思うんです。



    そこに目的もしくは、楽しみがあれば。



    ただなんとなく世界一周するのって結構しんどいと思う。

    精神的にね。

    実際いろいろ見失って、しんどそうな人が何人かいました。



    旅って結構ダルいことも多いんですよ。

    日本にいるのとは全てが違う。

    数日ごとに移動があって、その度に切符とって、宿探して。

    メシは毎回調達にいかないとダメだし。

    言葉通じないし、変な奴いるし、汚いし。



    僕はこのサイトの更新が目的だってはっきりしてるからマシだけど、

    それでも、「もう次の街いいよ」って思うときは正直ある。

    目的がなかったらと思うと、ちょっと恐ろしい。

    間違いなく今頃帰ってるか、どっかで沈没しています。



    ◆自分がいきたいところにいくべき

    言いたいのは、世界一周が目的になるのは、辞めたほうがいいってこと。



    それよりも、純粋に自分がいきたいところに、いきたいだけいくべきだと思うんです。

    だから「俺はどうしても世界一周してみたい!」という人はすればいい。



    じゃ、お前は何で世界一周やってるんだって?



    行きたいのがアジアとアフリカと南米だったから。



    あとは看板です。

    後々のことを考えると世界一周という肩書は使えるなと。



    というか、ネタがあればどこでもいいんです僕は。




    みなさんの一クリックが、僕を次の街へ運んでいます。一日一クリックお願いします!

    人気ブログランキングへ

    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 世界一周 世界一周航空券

    2011-10-21 : 社説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    運がよかっただけ

    これから書くことは自分への戒めとして。



    そして同じように海外を旅してるひとに向けて。



    ある人のHPで『旅ロック』の夫婦が亡くなったことを知った。

    夫婦は有名な世界一周ブロガー。



    マラリアだったそうだ。

    アフリカで感染し、南米で発症したらしい。



    それで、二人とも亡くなったって。



    こんなことってあるのか。

    こんな残酷なこと。

    二人とも亡くなるなんて信じられない。

    二人で旅して二人ともなんて。

    悲しすぎる。



    先日、ジャイサルでマラリアで死にかけたという人に会った。

    彼はガ―ナで感染して「放っておいたら」悪化したらしい。

    (その時、歩くのが難しいほどフラフラだったって)



    レストランで倒れて4日間こん睡状態に。

    目覚めて快方に向かうと思いきや、尿検査で、腎臓がウィルスにおかされていることが発覚。

    同時に肺もおかされていたらしい。

    レントゲン撮ったら「肺と腎臓が真っ白」だったって。



    大使館の人間が病院に来て、

    「今からすぐに手術が必要」

    だって言われたらしい。



    腎臓は毒素を浄化する器官。

    このままだと毒素が溜まってしまう。



    「明日起きて生きてる確率は50%」




    結局、手術は成功して、1カ月後に退院。

    彼は今も旅を続けている。



    マラリアって怖い病気。



    俺もアフリカに行くから、

    「マラリアかかるかもなー」

    くらいに思ってた。

    それくらいの認識だった。



    でも、人が死ぬ病気。

    彼いわく、「キミみたいに年に何人かマラリアにかかって死にかける(死ぬ)日本人がいる」って大使館の人に教えられたらしい。



    特に放おっておくと、マズい。



    旅先で「おかしい」と感じたらほんと病院にすぐ行くべき。



    俺はここまで3カ月旅してきて、大きく体調を壊したり、危ない目に一切遭ってない。

    最近は「余裕やん」とか思い上がってた。



    でもそれはただ運がよかっただけのこと。



    インドでも現地人に「マラリアがいるから」って言われたこともあった。



    かかってたかもしれん。

    死んでたかもしれん。



    ほんと、運がよかっただけ。



    ここで一回言い聞かせて、また旅を続けていこう。



    旅ロック
    http://ameblo.jp/goooooska/


    お二人のご冥福をお祈りします。

    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    2011-10-11 : 社説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    インド、人間不信のからくり 【雑記】 @ジャイプル

    今、ジャイプルのサイバーカフェ(1時間約60円)で電車待ってる。

    ジャイサルメールっていう砂漠の街にいきます。



    インドってのは精神衛生上あんまよくないね。

    人間不信になってる人が多いけど、だいたいこういうスパイラルやんね。



    1 騙される

    2 もう相手にしない!無視!

    3「もしかしたらこの人は話したいだけなのかも…」

    最初に戻る




    3のステップがある限り

    日本人は永久にインド人にカモられるんやろうな。



    それより、電車、23時45分発って、結構攻めるね。

    外、怖そうな人達いるよ。

    あの中歩くの嫌やなぁ。



    そろそろなんかすごいこと起きそう。



    ブログランキングに参加しています!
    ランキング上がるとテンション上がります。
    1日1クリック!応援よろしく!


    人気ブログランキングへ

    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : ジャイプル ジャイサルメール インド

    2011-10-03 : 社説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    世界一周に踏み出せない人へ 【旅立つための3ステップ】

    P7150017-1

    P8040831-1
    世界を1年半くらいしてるryoくんのパック。いい味でてる



    に踏み出すための3ステップ



    先で

    俺が仕事辞めて

    一年くらいかけて

    行してることを知ると

    驚く人が結構多い。



    そして

    珍しいモノでも見るような目で

    こう続ける。

    「よく踏み切れましたね!?」

    って。



    特に、

    有給と週末を組み合わせて

    どうにか

    海外行しているような

    社会人に

    そういう反応が

    多い。



    そういう人に向けて

    俺がまでにやったことを

    まとめておこうと思う。



    ただ、

    これはあくまで

    旅に踏み出すためのステップ

    みたいなもので、

    世界一周

    を推奨する気はないので

    あしからず。

    したい人はすればいい。


    P8231873-1
    エベレスト周辺の景色



    1 理由を決める



    これがないと、

    わりと

    何も始まらない。



    別に理由は何でもいい。



    「三国志が好きだから、時間のあるうちに、中国のゆかりの地を回りたい」(大学生男性)

    「日本とは違う環境に身を置いて感性を研ぎ澄ませ、曲をつくる」(30代男性/ミュージシャン志望/)

    「仕事で疲れたから、どっか南の島で死ぬほど休みたい」(40代男性)




    俺が出会った理由にはこんなのがあった。



    もっと言うなら、

    旅の後の自分を

    イメージする
    ことも大事。

    旅を終えたあと



    自分は何を得ているのか。

    どんな自分になっているのか。



    まぁ、

    必ずしも

    そんなシリアスになる必要はないけど、

    旅を終えて

    自分がハッピーなのかどうかは

    イメージできるでしょ。



    なんとなく、

    「ここら辺を旅行したい」

    じゃなかなか実行できない

    ことが多い。



    それなりの

    決断をして旅をするなら

    自分に対して

    理由が必要なのだ!



    P9100249-1
    インド-ネパール国境にて。バスのルーフから



    2 期限を決める



    ありきたりだけど、

    超重要。



    まず、

    「●月●日に旅立つ」

    って決めてしまう。

    すると、

    人間不思議なもんで

    無意識に

    それに向けて準備を進めていくもの。



    「●月●日に旅立つには、

    まず、●日までにA子を説得して

    ●日までに●万円用意して

    ●日までにを航空券を取って

    ●日にA子と最後の晩餐」



    みたいに。



    で、これはかなり重要なのだが、

    他人に宣言すること。

    「俺は●月●日に行っちゃう」

    って

    出来るだけ

    たくさんの人に言っちゃう。



    特に、

    「こいつには負けたくない」

    みたいなライバル的

    存在に宣言すると効果抜群。



    そうすりゃもう

    あとに引けなくなるよ、あんた。

    P8161351-1



    3 旅モードに突入する



    いよいよ最終段階。



    俺から言わせれば、

    旅は旅立つ前から始まってる。

    なーんて。



    具体的に何をしたかと

    言うと

    ルームシェア



    出発の2カ月前から

    会社の同僚の

    ワンルームに

    3人で住んだ。



    俺の場合は

    長期旅行だったので、

    「これから1年旅行するんだから、

    それに近い状況でならしておこう」

    という意図があった。



    効果は絶大だった。



    コレは

    自分の部屋がない

    という意味で

    かなり

    旅してる感覚に近かった。



    あとは、

    アパートを引き払った

    手前、

    もう行くしかない。

    というのもあった。



    「ルームシェアはちょっと気合い入りすぎだろ」

    って言う人にお勧めなのが、

    人と会って話すこと。



    これからする旅のことを

    ひたすら話す。

    相手なんかおかまいなしに話す。



    そうすると、

    旅してる自分が

    明確にイメージできて


    テンションが上がり

    「アタシ、ほんとに行くんだわ!旅立つんだわ!キャー!」

    って

    自然と旅モードに

    なるはず。



    あと、

    人と話すことで

    思ってもみない

    旅の可能性

    に気付くこともある。

    「あ!そういうこともできるんだ!アタシ!キャー!」

    みたいな。



    そんな感じで

    出発日まで

    旅モードを維持したら

    あとは旅立つだけ!

    P9130415-1
    ガンジス河にて



    ***



    と、偉そーに

    語って

    俺は実際に出発まで

    半年かかった。

    当初、

    決めてから4か月で

    行くハズだったので

    2カ月もずれ込んだ格好だ。



    まぁそれでも

    一応旅立てたのだから

    もし、

    なかなか踏み出せないって

    人の参考になれば

    と思います。

    P7150014-1

    P7150006-1
    出発の朝の空

    「アタシも旅だっちゃうかも!」とか思った人は下記バナーを1クリックしてください。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 世界一周

    2011-09-25 : 社説 : コメント : 2 : トラックバック : 0
    Pagetop

    ネパールで出家してみた 2 @ネパール/ルンビニ

    前編はこちら

    侶の太鼓に合わせて

    うちわ太鼓を叩く。



    しばらくすると、

    侶が、

    「そのまま外に行ってください」。

    そのままって?

    「コレ持ってですか?」

    無言でうなづく侶。



    だって、

    うちわ太鼓、

    結構重いのコレ。



    侶に連れられ、

    すぐ外にあるパゴタに向う。

    P9090159-1

    パゴタは3層に分かれていて

    4方向に仏様が埋め込まれている。

    仏様の前に来たら、

    その前で一礼

    というか三回おじぎ。



    最後に一番上層

    の正面の仏様の前で、

    三礼。

    そして

    三回お祈りする。



    このお祈り。

    これから何十回とくり返すことになる。



    まず掌を顔の前で合わせ、

    それを胸に下ろし

    しゃがんで

    床に頭をつける。



    この時は

    床が濡れていたので、

    頭はつけない。

    P9080020-1

    本堂に戻って

    1時間くらいお経を唱えて

    おつとめ終了。



    食堂に移動すると

    ご飯が並べられていた。



    食事の前には

    お祈り、

    食法(食事の前に読むお経)と

    南無妙法蓮華経である。



    10分くらいおあずけ。



    やっと

    食事を口に運ぶと、

    うん、まずくない。

    けど、うまくもない。

    味が薄い!



    野菜の煮込みご飯

    って感じ。



    しばらくすると、

    侶たちが

    奇妙な行動を取り始める。



    食べ終えた

    皿に水を少し入れて、

    指でよごれをこすり、

    なんとそれを

    そのまま飲む!



    「こうすれば、洗剤も使わないで済むでしょう」
    「洗う水も少ない」
    「これを日本全体でやればどれだけ環境にいいか」



    例のパッチで登場の

    お上人の御言葉。

    恐れいりました。



    翌日は朝から

    「恐怖の村巡礼」

    だ。



    ドーン、ドーン、ドーン。



    いきなりの太鼓の音に飛び起きる。

    時計を見ると4時半。

    部屋が暑すぎて、

    ベッドが硬過ぎて

    ほとんど眠れなかった。



    侶とともに

    まだ暗い外へ出る。



    足元が全然見えないし、

    眠いし、

    しんどい。



    途中、

    なんどか

    立ち止まり、

    三礼。

    仏様がいるらしい。

    P9090040-1

    P9090046-1

    P9090062-1

    村に入ると子供たちが

    手を合わせて道端で待っている。



    そして自分から

    太鼓を取って

    叩く。



    何がびびったって

    「南無妙法蓮華経」

    と唱えながら

    叩く子供がいたこと。



    こういう活動をもう

    10年くらいにわたって

    やっているらしく、

    浸透してるのだろう。

    P9100226-1

    そのまま4時間くらい

    いくつかの村を回る。



    喉がかわくし、

    めっちゃ

    キツかったけど、

    子供たちが

    ラブリー過ぎて

    癒された。

    P9090077-1

    P9100204-1

    P9090153-1

    P9090152-1

    P9090151-1

    P9090126-1

    P9090108-1

    P9090086-1

    村人は

    ほんとに貧しい暮らしをしている。

    竪穴式住居みたいなところに

    住んでいて、

    裸の子供もたくさんいて

    これが現代か!?

    って思った。

    P9090117-1

    でも、

    子供たちは

    無邪気に輝いてて。



    に帰る途中、

    僧侶が店に寄ったので

    干からびて息も絶え絶えの修行者に

    何か飲みものでも

    買ってくれるのかと思ったら、

    普通に洗剤を買っていて、

    ずっこけそうになった。



    帰って、

    昼飯を食おうとしたら、

    昨日と全くおなじメニューで

    またずっこけそうになった。



    そんな感じで

    2泊3日の修行を終えた。



    最後に

    お上人の御言葉。



    「私達はね、貧乏な生活をしてるけど、

    全然つらくない。何でかって、夢があるから」

    お上人の夢とは

    世界平和。

    「宗教を超えて、世界に共通する

    精神的な軸を築かないといけない」。



    妙法寺

    日本はもちろん

    世界でも20箇所くらいに展開し、

    世界平和を推進する運動をしている。



    うちは太鼓

    は平和のリズムだったのだ。



    を出る前、

    はじめて、

    まじめにとなえてみた。



    難妙法蓮華経。


    P9090049-1

    下記バナーを1クリックして世界新聞を応援してください。クリックすると、登録ランキングサイトに飛び、当サイトにポイントが入ります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ




    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : ネパール 修行 妙法寺

    2011-09-15 : 社説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    中国人が嫌いなあなたへ 【中国総集編】

    P7290697-1
    観光地で調子に乗りすぎた中国人たち

    ここらで、

    一か月以上

    旅した中国を、

    振り返っておきたい。

    P7160090-1

    P8191492-1
    ラサで。僧侶がいっぱい

    P7280596-1

    P8100917-1
    中国で結構展開してるっぽいブティック。群れてるやん

    P8070857-1
    もともとトイレにドアがない。うんこまる見え

    P8211644-1
    チベットのヤムドク湖

    P7220303-1
    屯渓。清時代の街並みらしい

    旅した感じ。



    悪くない。

    むしろ

    快適だった。



    治安が超いい。

    メシがうまい

    (馴染みがある)。

    ユースホステルが充実してる。



    中国って、

    都会も歴史も自然も

    何でもありの国なんだけど、

    なんだかんだで





    なのである。



    日本では、

    中国人

    のこと

    わりとボロクソだが、

    そんな嫌な思い

    はしなかった。



    旅前は

    俺も中国人のこと、

    好きではなかった。



    でも、

    旅して180度見方が

    変わった。



    彼らは意外に

    優しい。

    基本的に

    面倒見がいい。



    とか言うと、

    ふざけんな

    って言う人もいるか。



    中国も序盤。



    上海で小龍包を爆発させて

    汁まみれになったことがあった。

    すると、1人の中国人がすっと来て、

    何も言わずテーブルにポケットティッシュを

    置いていってくれた。



    すごくさりげなかった。



    あの時は

    「えっ」

    て感じで

    何が起きたのか

    わからなかった。



    中国人がまさか、

    そんなことしてくれる

    なんて。



    でも、

    今思えば、

    中国人らしい対応やったなぁって。



    あとは、

    反日感情がどうとか

    日本では言われることが

    多いけど、

    それも今はどうなんだろう。



    中国では、

    大学生とか、

    若い人と

    からむことが

    すごく多かった。



    彼らからは

    全く感じなかったなぁ。



    それどころか、

    日本語勉強してる奴が

    ほんとに多かったり、

    日本のことすげー

    質問してきたり。



    彼らは

    今の

    日本のこと

    知ろうとしてたよ。



    彼らが過去のことを

    知っているのか、

    彼らはもう、

    「知らない」

    もしくは

    「関心がない」世代

    なのかはわからないけど。



    俺は

    中国人大学生

    と絡むたび、

    こいつら

    ピュアやなぁ。

    って思った。


    P7280628-1
    西安で。どういう関係?

    P8110939-1
    成都で。寝てる

    P8100923-1

    もちろん、

    中国人のヤな部分も

    見た。



    特に、

    働く中国人は

    感じ悪い。

    まだまだサービス

    って発想がないみたい。



    レジでお釣りのお札

    をふりかけみたく

    パラパラ

    まぶされたこと

    もあった。



    想像以上ではなかったけど、

    やっぱり、

    淡は吐くし、



    電車や

    バスの席の下を

    すぐに

    ヒマワリの種
    (中国の国民食!)

    だらけにするし。



    正直、

    中国人は

    デリカシーがないというか、

    あんまりモノを深く

    考えないところは

    あると思う。



    でもそれでも、

    俺は

    満員バスの中で

    他人の定期を

    リレーして押してあげる

    中国人

    の姿を何回も見た。



    今では、

    写真を撮るときの

    ポーズが

    ナルシス

    なのもだいぶ許せる

    ようになった

    気がする。



    中国人って

    不器用なところがあるんだと思う。

    素直に

    笑えない人が多い。



    でもそれを

    引き出せたなら、

    すごく

    いい笑顔するんですよ。

    彼ら。



    だから、

    中国人を

    マクロで

    見るんじゃなくて、

    もう少し1人1人を

    見てもいいんじゃないかな。

    P8110956-1
    チベットで会った大学生チャリダ―。バスの値段交渉してくれた

    P8171368-1
    ラサへの青蔵鉄道で。中国人離れした愛嬌のよさ

    P8181404-1
    ラサで。チべタンの青年たちと


    下記バナーを1クリックして世界新聞を応援してください。クリックすると、登録ランキングサイトに飛び、当サイトにポイントが入ります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 政治・経済・時事問題
    ジャンル : 政治・経済

    tag : 中国 中国人 上海 反日感情

    2011-09-08 : 社説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    ネパールで日本の代表選挙についてちょっと考える @カトマンズ

    P8241922-1

    P8260021-1

    P8270088-1

    P8241925-1

    カトマンズ滞在、

    3日目だか4日目

    の夜。



    やけに外が騒がしい。



    どうも、

    たくさんの人間が、

    声を上げて

    街を練り歩いているようだ。



    という訳で

    冷やかしに行ってみた。



    通りに出ると、

    50人くらいの

    群衆が

    手を天にかざして

    何かコールを叫んでいる。



    群衆は

    集団を大きくしながら

    通りを

    進んでいく。



    一角で立ち止まる群衆。



    リーダーらしき人物が

    壇に立ち

    演説をはじめた。



    人垣が

    どんどん大きくなっていく。



    やじうまが遠巻き

    にそれをながめる。



    機関銃を持った

    警察が

    続々集まってくる。



    群衆は

    最終的に

    200人くらいには

    なっていたか。



    あとで、

    ネパール人に聞くと

    次の日が

    首相の選挙だったらしい。



    野田佳彦

    が選出された

    民主党代表選挙

    8月29日



    その3日前の出来事だった。


    P8280097-1

    P8280099-1

    P8280098-1


    まぁ、

    それで演説を眺めて

    いたんだけど、

    なんか

    パワーがなかった。



    熱くなってるのは

    演説者と

    取り巻きくらい。



    大多数は便乗して

    騒いでるだけに

    感じた。



    あとで宿のオーナーに

    政治について聞くと、

    「俺は政治は嫌い。みんな政府には満足も期待もしてない。

    カトマンズが毎晩停電するのは知ってるだろう。

    俺にはやるべきことがたくさんあるんだ。

    政治について議論するくらいなら俺は働くよ」

    と苦笑した。



    ネパール

    日本

    両方、

    政治に冷めている

    のは同じかもしれない。



    でも、日本の場合は

    万策つきた

    あきらめ。

    ネパールのは

    発展途上の

    焦燥感、倦怠感

    みたいなものか。



    そういう意味では

    全然違うなと。



    調べてみたら

    ネパールで初めての制憲議会選挙

    が行われたのって

    2008年なんだってね。



    日本では、

    今回の選挙で

    こんな感じで

    デモみたいなの

    あったのかなぁ。



    絶対ないよね。



    デモが、いいことなのか

    悪いことかは

    置いておいて、

    ネパール

    は少なくとも

    これからだって思った。


    下記バナーを1クリックして世界新聞を応援してください。クリックすると、登録ランキングサイトに飛び、当サイトにポイントが入ります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 政治・経済・時事問題
    ジャンル : 政治・経済

    tag : カトマンズ ネパール 野田佳彦 代表選挙 8月29日 民主党 政治 日本

    2011-09-03 : 社説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    チべタンガイドは北京を夢見る @中国/ダンパ

    P8131275-1

    ダンパという街にいます。

    成都からバスで10時間くらいいったところの

    四川チベットエリアの街です。



    ここは、チベタンが住む谷があって

    そこに立つ塔が有名なところです。

    P8131341-2

    P8131322-2

    で、今日、同室の中国人・ツァイミンとココに行ってきました。

    まぁ塔自体はそれなりのモンです。

    なかなかミステリアスなシロモノでした。



    それより、

    塔の手前にガイドがいたんです。



    塔に入るなら

    20元払えってことなんですけど、

    このチべタンのガイドが、

    なかなか好青年。

    手際よく案内してくれます。



    で、気付いたんですけど、

    彼、

    俺達が写真を撮ってるときとか

    暇があると、

    丸めた雑誌に目を落としてるんです。



    中国政府についての

    会報だって。

    不思議に思ってつっこんでも

    「興味があるから」

    としか答えてくれませんでした。



    別れ際、彼が

    ツァイミンに

    何かを聞いていました。



    「何話してたの?」

    って聞いたら、

    成都→北京までどれくらい金かかるって」

    中国人は北京在住)



    うーん。



    ツァイミンによると、

    彼は

    上海や北京の大都市に行ったことがなくて、

    いつか住みたいらしい。



    彼は若そうに見えて27。

    一日15人しかこない観光地のガイドをやってる彼にとって、


    成都→北京の

    エアー(1300元)

    電車(400元)

    ってどれくらいの重さなんやろう。



    そんなことを考えました。

    P8131326-2

    記事を読んでおもしろいと思った方は、下記バナーを1クリックしてください。当ブログのランキングが上がります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : バックパッカー
    ジャンル : 旅行

    tag : ダンパ 成都 四川 チベット チべタン 中国 上海

    2011-08-13 : 社説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    ブログアップできませんっ!(踊るの青島風)中国当局の馬鹿やろう!!!【世界一周経過】

    今、上海です。



    ブログ、アップできません!
    (踊るの青島のニュアンス)



    というのも、

    中国当局のインターネット検閲で、

    FC2へのアクセスが制限されています。


    検閲検閲とは聞いてましたが、FC2お前もか。

    ちなみにYoutube,Facebook,Twitter,dropbox などもダメです。


    中国当局の馬鹿やろう!

    そして、

    下調べの甘い俺、もっと馬鹿やろう!


    という訳で、

    中国滞中はこのブログの更新をお休み



    してたまるもんですかっ!!!



    現在、抜け道を発見し、

    中国からもアップできるよう体制を整えています。


    なので、更新はしばしお待ちください。

    2~3日でアップできるようになるかと思います。


    そこまでして当局が隠したがる、

    中国のダークサイドをガシガシ書いていきますんでよろしく!
    2011-07-16 : 社説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop
    « 前のページ  ホーム

    デスク

    松崎敦史

    Author:松崎敦史
    1981年5月28日生まれ。大阪府出身。A型。2005年株式会社白夜書房に入社。フットサル雑誌「フットサルナビ」の編集者として5年間働く。2011年7月世界一周旅行へ。ニュースサイトGIGAZINEで連載。当ブログがブログ村旅行カテゴリーで1位獲得。2012年7月帰国。2013年4月、脳内トラベルメディア・世界新聞をリリース。

    もろもろお気軽にご連絡ください!
    atsugk☆gmail.com

    タレコミ募集中!

    世界新聞社では、
    「ココ取材してきて」
    「こんな面白いことあったよ」
    「今ココでコレが流行ってる」
    そんなタレコミを24時間体制で受け付けております。
    atsugk☆gmail.com

    購読料について

    下記バナーを1日1クリックしてください。定期購読の場合、クリックが2日に1回でよくなる特典がございます。
    ※ビール券はあいにく切らしております。
    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 人気ブログランキングへ

    訃報

    ・テツ&トモ
    ・日本経済

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    為替

    今日の運勢

    編集長のつぶやき

     

    定期購読はこちら

    コラボ、執筆依頼、苦情はこちら

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    旅行
    302位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    海外旅行
    106位
    アクセスランキングを見る>>

    検索フォーム

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。