スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    -------- : スポンサー広告 :
    Pagetop

    【超レア】 グァテマラのマクドナルドにいってきた

    DSCN6534


    新年早々さすがにどうかと思ったんですが、グァテマラのマクドナルドに行って参りました。

    あ、グァテマラってココね

    より大きな地図で グァテマラ を表示

    グァテマラは古くはマヤ文明が栄え、16年前までは内戦をやっていました。

    今いる第二の都市ケツアルテナンゴの市場
    DSCN6443

    女性は民族衣装きてる人がかなり多いです
    DSCN6442

    中米諸国は、所得水準で、上位のパナマ、コスタ・リカ、中位のグアテマラ、エル・サルバドル、下位のニカラグア、ホンジュラスと三段階に別れ、その所得水準はいずれも先進国には遅れを取っている。 wikipedia

    GDPは79位(80位がケニア)です。豊かな国ではないですね。

    グァテマラ、意外とマックがたくさんあるんです。今いる第二の都市ケツアルテナンゴですら5~6軒あるもよう。内戦が終わり、外食産業で外資の参入が盛んになっているとのこと。ちなみにPizza Hut、Domino Piza、バーガーキングなども見かけました。

    街は新年でわりと殺風景です
    DSCN6631


    じゃ、いざグァテマラのマックへ!

    街の中心部の公園の近くにあるらしいんですが…
    DSCN6537

    なかなか洗練された雰囲気
    DSCN6542

    発見。民族衣装来てるおばちゃんがいる
    DSCN6531

    入りますよ~
    DSCN6532

    ご丁寧に開店時間書いてるし
    DSCN6605

    おお、ほぼ満席
    DSCN6603
    DSCN6559

    カウンター
    DSCN6548

    メニュー
    DSCN6555

    セットが40ケツアルくらいだから…400円くらいか。路上ハンバーガーの4倍くらいの値段。高いよ!
    DSCN6553

    どれにしようかな
    DSCN6554

    テキパキ仕事してるねー
    DSCN6552

    順番がきました
    DSCN6558

    グァテオリジナルっぽいPOLLO CLASSICを頼みましょう。POLLOは鶏ね。
    DSCN6563

    店内はきれいよ
    DSCN6560

    デーン!
    DSCN6564

    食べる前に…
    DSCN6565

    パカっ。この緑は…サルサソース!グァテっぽい!
    DSCN6567

    トリはこんな感じ。表面が濡れてる…。
    DSCN6572

    むしゃり。タンドリー風味。いかんせんトリが濡れててちょっと…香ばしさがほしい!
    DSCN6581

    お腹も膨れたし…お客さん観察タイム
    DSCN6596
    DSCN6574

    見つめちゃヤ
    DSCN6591

    ちょっとトイレ行ってくる
    DSCN6601

    帰りにもういっこのマックに寄ります
    DSCN6614

    ドライブスルーがある
    DSCN6622

    遊具があるよ
    DSCN6626

    ドナルド発見!
    DSCN6618

    太った?
    DSCN6619


    バーガーはともかく思ったよりレベル高かったです。

    他の途上国同様、グァテにおいてマックはまだまだ高級品。客も身なりもこぎれいな人が多かったしね。ちなみに、地方の人間(村)が都会に来た記念にマックでメシを食べたりすることもあるそうな。



    下ランキングバナーを1クリックして応援よろしくです。

    クリックが増えれば増えるほど「ネタ探しに行こう」と思える単純な僕です。


    人気ブログランキングへ

    テーマ : 海外ニュース
    ジャンル : ニュース

    tag : マクドナルド

    2012-01-03 : カルチャー : コメント : 1 : トラックバック : 0
    Pagetop

    【速報】 中南米はグァテマラでまさかの「雑煮」

    DSCN6515

    こちら元旦のグァテマラです。

    今泊まっている日本人宿、TAKA HOUSEでなんとまさかの雑煮にありつくことができましたのでここに報告します。


    大鍋に雑煮。幼少のキャンプを彷彿とさせる
    DSCN6488

    いただきます
    DSCN6496

    びよーん
    DSCN6517

    あっさりすまし。やさしいお味
    DSCN6501

    牛しぐれ煮
    DSCN6507

    この紫は…ゆかりさんじゃないですか!グァテマラでお目にかかれるとは…
    DSCN6520

    栗きんとんならぬ「芋きんとん」。さすがに栗はなかったそうです
    DSCN6513

    お煮しめ
    DSCN6495
    DSCN6506

    デデ―ン!
    DSCN6524

    みんなでわいわい。テーマは「まる餅派or四角餅派」
    DSCN6503

    料理は管理人さんが作ってくれました。食材などは中国食材屋に売っているそうです。

    グァテマラまできて雑煮が食えるとは、日本人の正月に対する執着心を感じずにはいられませんでした。



    下ランキングバナーを1クリックして応援よろしくです。

    クリックが増えれば増えるほど「ネタ探しに行こう」と思える単純な僕です。


    人気ブログランキングへ
    2012-01-02 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    メキシコのオタクの聖地「AKIBAビル」に潜入してきた

    26


    「AKIBA」と呼ばれるメキシコシティの電気街にそびえ立つ、通称「AKIBAビル」。そこには日本アニメの海賊版DVD……遊戯王カードに興じる若者たち……お好み焼き……と日本サブカル狂い咲きの光景が広がっていた。

    今週のGIGAZINE連載です。

    「メキシコのオタクの聖地「AKIBAビル」に潜入してきた」

    みんな読んでな!


    外部のランキングサイトに参加してます。
    下記ランキングバナーをクリックすると当ブログにポイントが入ります。

    クリックが増えると「またネタ探しに行こう」と思える単純な僕です。


    人気ブログランキングへ



    テーマ : 海外ニュース
    ジャンル : ニュース

    2011-12-26 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    クリスマスに1人で見たら絶対後悔する夜景

    DSCN3661


    敬虔なるクリスチャンのみなさんこんばんは。

    クリス・マス崎です。

    今日は聖なる夜ということで、メキシコ中からひろい集めた厳選の夜景たちをお送りします。


    ※1人で見て発狂しても、
    当サイトとしましては一切責任を負いかねますのでご了承ください。



    まずは…

    ☆彡アメリカ国境の街・フアレスの夜景★彡

    DSCN2762


    お次は…

    ☆彡メキシコシティの夜景★彡

    DSCN4758

    DSCN4814


    みなさん、ほんと大丈夫ですか?まさか1人で、しかも、夜なんかに見てませんよね!?夜景にあの頃を重ねたりなんかしたら、夜景としては迷惑なだけですよ!というか、この時間にコレを見てるあなたはもう、観念したほうがいい。

    「きっとキミはこない、一人きりのクリスマスイブ」by山下達郎


    ☆彡世界遺産の街・グァナファトの夜景★彡

    DSCN3656

    DSCN3657

    DSCN3661

    DSCN3676

    DSCN3682

    DSCN3714

    DSCN3695

    DSCN3688

    DSCN3683

    DSCN3669


    みなさん生きてます?


    DSCN4853

    DSCN4862


    メリークリスマス☆.。.:*・°


    後悔した人は1クリック!

    人気ブログランキングへ


    テーマ : 2ちゃんねる
    ジャンル : ニュース

    tag : クリスマス

    2011-12-24 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    女の子にモテるという『魔女石鹸』を使ってみたら…【報告】

    IMG_2643


    この間、『女の子にモテると噂の魔女石鹸を使ってみた』という記事を書きましたが、その結果報告をば。

    うわさの魔女石鹸(約90円)
    DSCN5317

    ぬりたくった
    DSCN5305


    昨日、メキシコシティから1時間くらいのところにあるティオティワカン遺跡(世界遺産)に行ってきたんです。

    ティオティワカンは紀元前2世紀から6世紀まで存在した巨大な宗教都市遺跡です。気になる人はwikiさんへ

    ティオティワカンにはこういったピラミッドがいくつかある
    DSCN5447

    DSCN5366

    なかなかスケールが大きい。パワースポットかどうかはしらない
    DSCN5405

    上から見下ろすとこんな感じ
    DSCN5433


    で、色々回っていたら、遠足できていた(?)メキシコの高校生の集団と遭遇。


    ピラミッドを登る女子高生の図
    DSCN5359

    ピラミッドのふもとでみんなで写真撮ってました
    IMG_2641


    で、彼女たちが集合写真撮っているヨコを通りすぎようとしたら…


    なんか女子高生達に囲まれました!「一緒に写真撮って!」って。
    IMG_2648

    IMG_2654

    IMG_2651


    魔女石鹸キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

    女子高生に囲まれるなんて人生初です。


    DSCN5310

    IMG_2649

    IMG_2652

    IMG_2650


    がしかし……

    直後、僕はある光景を目の当たりにし、愕然としました。


    同行のカズくんもモテてるし!
    DSCN5391

    DSCN5397

    DSCN5394


    ちなみに彼は魔女石鹸を使っていない……。


    写真提供:カズくん


    外部のランキングサイトに参加してます。
    下記ランキングバナーをクリックすると当ブログにポイントが入ります。

    クリックが増えると「またネタ探しに行こう」と思える単純な僕です。


    人気ブログランキングへ

    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    2011-12-19 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    「女の子にモテる」と噂の魔女石鹸を使ってみた

    DSCN5310

    メキシコシティのソノラ市場というところに、使うと「女の子にモテるようになる」という石鹸が売っているというので、急いで買いに行ってきました。なんでもこの石鹸魔女や、シャーマンが念を込めて作られたとのことです。

    今泊まっている日本人宿・ペンションアミーゴの情報ノート(旅人が旅の情報その他どうでもいいことを含めいろいろ書いてある連絡帳みたいなもの)によると…

    DSCN4931

    だそうです。

    まじで効き目ありそうじゃないですか!!!


    ソノラ市場につきました
    DSCN5294


    中を歩きまわっていると、


    魔女っぽい一角に出た…
    DSCN5246

    なんかぶら下がってるし!
    DSCN5247

    DSCN5251

    DSCN5262

    魔女グッズがいっぱい売ってる…
    DSCN5258

    DSCN5249

    DSCN5260

    DSCN5261

    DSCN5250

    DSCN5272

    DSCN5259

    DSCN5255

    アロエの飾りみたいなのがいっぱい売ってた
    DSCN5263

    とうもろこしで出来た人形
    DSCN5277

    で、石鹸を売っている店を発見!てか、そこら中の店で売ってる。

    種類ありすぎ…
    DSCN5243

    DSCN5242

    エロいパッケージのやつが多い
    DSCN5241

    DSCN5288

    DSCN5240

    怖い
    DSCN5245

    使えば金持ちになるってか。「YES」みたいな写真がウケる。
    DSCN5239

    粉も売ってた。部屋の隅に盛るらしい
    DSCN5273


    悩んだ末、店のオヤジに「お前、女にもてたいならコレだよ」と薦められた(スペイン語がわからないけどね)2つを買って帰宅。

    2個で180円。

    魔女安っ!!!


    これを購入
    DSCN5310

    いよいよ…
    DSCN5323

    開けてみる
    DSCN5312

    黒い斑点がなんか魔女っぽい
    DSCN5317

    魔女っぽい泡立ち。臭いはあんまない
    DSCN5300

    魔女のようになめらか…
    DSCN5305


    さぁ、やるべきことはやった。


    外部のランキングサイトに参加してます。
    下記ランキングバナーをクリックすると当ブログにポイントが入ります。

    クリックが増えると「ネタ探しに行こう」と思える単純な僕です。


    人気ブログランキングへ

    テーマ : 海外ニュース
    ジャンル : ニュース

    2011-12-17 : カルチャー : コメント : 3 : トラックバック : 0
    Pagetop

    メキシコで圧倒的シェアの『まるちゃん』を食す!

    DSCN4938


    みなさん。我らが『まるちゃん』がメキシコですごいことになってます!

    まるちゃんはまるちゃんでも赤と緑のうどんではありません。メキシコでは『まるちゃん』=ラーメン。ここではスーパーやコンビニはもちろん、ローカルの雑貨店にまでまるちゃんが売られています。


    スーパーにドドーンと陳列された『カップラーメン』まるちゃん(約30円)
    DSCN5027

    手前が日清のカップヌードル。まるちゃんは倍以上の販売面積。
    DSCN5031

    袋もありました
    DSCN4949


    なんと、メキシコでのカップラーメン市場におけるまるちゃんのシェアは9割に迫る勢いだとか!ロサンゼルス・タイムス(2005年)でも、「マルちゃんがメキシコで国家的人気商品になり、メキシコの伝統料理が危機にふんしている」と報じている。記事によるとメキシコにおいて『マルちゃん』イコール「簡単にできる」「すぐできる」という意味で通じるくらいだそうだ。【参照記事:Sankei Web】

    「今日のあなたは『まるちゃん』だわ」とかベッドの上で女性が男性に吐き捨てたりするんでしょうか!?

    それはさておき、なんと、こんな本まで出ています!

    marutyann
    「マルちゃん」はなぜメキシコの国民食になったのか?

    「メキシコではカップラーメンイコールまるちゃんだからね。みんなあの味が大好きなんだよ。僕が小さいころからずっとそう。メキシコでは、サルサを入れてライムをしぼって食べる人も多いよね!」
    (メキシコ人大学生)

    では、早速食べてみましょう!


    一番オーソドックスと思われるエビ味
    DSCN4935

    箱を取るとこんな感じ
    DSCN4940

    ぺリぺリ。具少なっ!エビ(3匹)、にんじん、グリーンピース。
    DSCN4952

    じょぼじょぼ
    DSCN4970

    スープがとけていい感じのお色
    DSCN4975

    3分待って……
    DSCN4977

    出来あがり!具が隠れちゃった……
    DSCN4981


    まずはスープから。ずずず。うん、コンソメベース。牛粉末が入ってるんでしょうか。ビーフの風味がします。無難にウマい。というかコレ……日清のカップヌードルの味にめちゃ似てる。てかほぼ変わらない!麺をズルズル。うん、ほとんどカップヌードルの麺。トータルで日清のカップヌードルという感想です。どことなくパッケージも似ている。

    それはともかく。せっかくなんでメキシコ人がよくやるという『メキシコアレンジ』でやってみましょう。


    ライムとサルサソ―ス
    DSCN4987

    サルサソース投入!
    DSCN4988

    とどめのライム!
    DSCN4993

    ででーん。赤く変色……
    DSCN4997


    ずずず。うん、イケる。サルサの酸味がコンソメスープといい感じで絡んでる!まぁチリヌードルだよね。メキシコでサルサ味出せば一件落着じゃんと思ってたら…


    DSCN4525

    サルサ味既にあった。さすがに、メキシコで圧倒的シェアを獲得しただけある。そこらへんのマーケティングはし尽くしされてますよね。

    『まるちゃん』恐れ入りました。。。


    「まるちゃんスゲー」と思った方は1クリック!
    下記ランキングバナーをクリックすると当ブログにポイントが入ります


    人気ブログランキングへ

    テーマ : ラーメン
    ジャンル : グルメ

    2011-12-15 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    日本の○○が本場のタコスを忠実に再現していて、びっくらこいた

    DSCN3076


    メキシコと言えばタコスタコスと言えばメキシコ。

    「メキシコ人はタコスがもちろん好き。僕が日本行ったときも、ほんと『タコス食べたたい食べたい食べたい』もう、それだけだった。それで帰ってすぐ食べたら、やっぱり、タコスだって思った」
    (メキシコ人と日本人のハーフ男性談)

    そんな、このタコスの国で僕は気づいてしまったのです。

    「本場タコスのウマさに?」

    否。

    もちろん、メキシコのタコスはまじでうまい。

    でも、我々日本人にとってはそれよりもっと重要で、日本人だからこそ認識すべき真実が……そこにはある。


    街のいたるところにあるタコススタンド
    DSCN3073

    日本のケバブ屋にあるような吊るし焼きの肉がどの店先にもある。この肉を刻んで挟んで食べるのが一番メジャーなタコスパストール
    DSCN3116

    トルティーヤを温めて、
    DSCN3109

    刻んだ肉を載せる
    DSCN3122

    玉ねぎとパクチ―を入れて、ヘイお待ち、タコスパストール一丁!
    DSCN3076

    肉汁たっぷり。
    DSCN3064

    メキシコのタコスの皮(トルティーヤ)はたいてい二枚重ねで出てくる。
    DSCN3079

    サルサ・ロハ(赤)辛い
    DSCN3112

    サルサ・ヴェルデ(緑)辛くない。ウリ系のさっぱり味。
    DSCN3113

    サルサ(名前不明)そんなに辛くない
    DSCN3111

    サルサ(名前不明)辛い
    DSCN3114

    タコスonサルサロハ。ウマさ倍増!
    DSCN3065

    チーズ入りタコス。モツァレラが肉に絡んで…うんまい!
    DSCN3127

    タンのタコス
    DSCN3078

    右が脳みそのタコス。脳みそはレバーみたいな食感。多少くさみあり。
    DSCN3095

    メキシコシティで食べたタコス。ハッシュドビーフみたいな味。ウマい!
    DSCN4468
    DSCN4471

    オフィス街のスタンドでみんな立ち食い
    DSCN4475


    まぁ、本場のタコスはウマいということなんですが、

    僕がこの記事でお伝えしたいこと……。

    それは、

    湖池屋はスゴい!

    ということ。

    snko02a_1004_b


    はじめてタコスを食べたとき、僕が抱いた感想それは……

    これ……

    「ドンタコス!」

    なのであった。

    それくらい、ドンタコスは本場のクオリティーを忠実に再現している。

    あのトルティーヤの香ばしい風味からサルサスパイスに至るまで。


    食堂で出てくるトルティーヤを焼いたもの
    DSCN3436

    コンビニに並ぶドリトス
    DSCN4517

    ローカルタコススナック
    DSCN4516


    なので、日本人は誇ってよいのです。

    「我々は本場のタコスを知っている」と。


    脱11位!
    みんなの1クリックでベスト10へ押し上げてください!
    下記ランキングバナーをクリックするだけで当ブログにポイントが入ります


    人気ブログランキングへ


    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    tag : タコス

    2011-12-14 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    セドナに安室とロンブー淳を探しに行く旅 2011冬

    DSCN1254

    amuro


    ロンブー淳と安室奈美恵のセドナ旅行がスクープされ、二人の交際が発覚したのが、去年のこと。以後、セドナは世界屈指のヒーリング・パワースポットとして、日本のアラサ―乙女たちの間で爆発的ブームを巻き起こしたのである。

    セドナには磁場や地球のパワーが渦巻いているといわれ、心と体を癒しに世界各国からスピリチュアルな人々が瞑想に訪れている。

    ちなみにアムロ以後、多くの芸能人が押し寄せてたことでも知られている。


    【参考資料:セドナ大好き芸能人たち】

    押切もえ(モデル)
    相川七瀬(歌手)
    水野美紀(女優)
    さとう珠緒(タレント)
    中村勘三郎(歌舞伎役者)
    高島忠夫(俳優)



    相川七瀬にいたってはセドナに関する著書も出しているそうだ。夢見る少女はまだまだ健在というところか。


    そして…セドナへ向かう途中、僕はある天啓にも似たひらめきを得たのだ。

    「淳とアムロはまだいる…」

    確かに二人はサムの介入もあったりなかったりで、破局を迎えた。しかし、セドナが僕に語りかけたメッセージをたよりに僕は二人の痕跡を探すことにした。


    車からこういう岩山が見えてくる。セドナは近い
    DSCN1156

    セドナにはボルテックスと呼ばれるパワースポットがいたるところにある
    DSCN1162

    アムロとの交信を試みる。感じる…二人は…いる…
    DSCN1196

    sweet nineteen bluesがきこえる…
    DSCN1184

    嵐がくる…何かがおきる…
    DSCN1284

    洒落た感じのセドナのショッピング街
    DSCN1341


    さて、そろそろ二人を探しにいこう。


    アムロの「かわいー」のひとことで、淳がポケットマネーで買収したと思われる雑貨屋
    DSCN1349

    淳が事前に仕込んでおいたハート形のサボテン
    DSCN1266

    これも淳が仕込んでおいたピンクのジープ
    DSCN1330

    淳が事前に岩を切り崩してアムロのために建てた教会。費用は亮と後輩芸人をそそのかして捻出
    DSCN1326

    教会内部と淳が雇ったエキストラ。「Can you celebrate?」
    DSCN1316

    その教会にサムが嫌がらせで送った赤いキャンドル1万個
    DSCN1320

    淳が一週間の滞在のために、和田アキコに借金して建てたプライベートハウス。総工費1000億円
    DSCN1305

    淳が雇った瞑想するひとのエキストラ
    DSCN1230

    セドナ市が二人来訪記念に建てたモニュメント。右が淳、左がアムロをモチーフにしている
    DSCN1348

    二人が書いたと思われる落書き。まだ新しい…
    DSCN1250

    二人が発する強烈な愛のエネルギーでねじれたと思われる木。二人は近い…
    DSCN1169


    そして…


    二人はまだつきあっていた
    DSCN1240


    ※このお話は完全なるフィクションです


    現在9位!
    8位の壁が高いです…
    下記ランキングバナーをクリックするだけで当ブログにポイントが入ります


    人気ブログランキングへ

    テーマ : お笑いネタ
    ジャンル : お笑い

    tag : セドナ 安室 ロンブー

    2011-11-28 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    ラスベガスのバフェはたいしたことない!?

    バフェって知ってます?バフェとは【buffet】→ビュッフェのこと。「t」は発音しませんよ!日本的に言えばバイキングのことです。

    ラスべガスはもちろんカジノの街なんですが、このバフェも有名なんですね。各カジノがバフェを売りモノにしていて、シーフード限定やら、フランス料理やら、ファミリー向けやら差別化して客の囲い込みに必死なわけです。

    バフェの料金はストリップ(カジノが集まる繁華街)では朝食15ドル、ディナー25ドルくらい。コレで食べ放題なので、物価のわりに格安と言われるのです。


    【代表的なバフェの値段】

    Bellagio
    Breakfast $15.95
    Lunch $19.95
    Champagne Brunch $29.95
    Gourmet Dinner $36.95
    Dinner $29.95


    Mirage
    Breakfast $15.99
    Lunch $19.99
    Champagne & Bloody Mary Brunch $24.99
    Dinner $26.99


    Rio Off Strip
    Breakfast $16.99
    Lunch $18.99
    Champagne Brunch $26.99
    Dinner $26.99



    僕はいろいろリサーチした結果、日本人に一番人気らしいparisカジノのランチバフェ(21ドル)に行ってきました。


    parisカジノ
    DSCN0727

    めちゃ並んでる!
    DSCN0733

    中にも!
    DSCN0741

    DSCN0737

    DSCN0798

    DSCN0847

    雰囲気は落ち着いたいい感じ
    DSCN0749


    じゃ、食いましょう!


    肉のかたまり(ビーフ)を切りわけてくれる
    DSCN0836

    脂もすくなく、ウマい
    DSCN0766

    魚介のパイつつみ。べちゃとしてる。ウマくない
    DSCN0773

    アヒルのたきこみご飯。トリのうま味がご飯になじんでgood
    DSCN0752

    DSCN0751

    カニ。新鮮ぽい。普通にウマい
    DSCN0797

    DSCN0827

    トリとマメのトマト煮込み。素朴だがウマい。
    DSCN0800

    DSCN0789

    バイキングきちゃダメだって
    DSCN0768

    DSCN0750


    1皿目
    DSCN0791

    2皿目
    DSCN0811

    3皿目
    DSCN0781

    4皿目
    DSCN0763


    DSCN0831

    DSCN0825

    DSCN0817

    DSCN0819

    ここのバフェ名物のクレープ
    DSCN0812

    甘いだけで、ウマくない。全然日本のクレープが上
    DSCN0823


    お味は…いくつかウマいのもあったって感じです。全体的に味が薄いんですよね。まぁフランス料理んあんで上品な味付けが多いということか。ケーキの種類は少ないし、日本でよくあるパティシエがガチで作った本格的なのはない。名物のクレープはうまくない。デザートは非常に残念でした。

    まぁでも、なんてったってフランス料理。バイキングにしては安いしコスパはいいと言いんじゃないでしょうか。



    なんでも、グルメな日本のOLたちの中には、バフェ目当てでラスベガスを訪れる人もいるとか。

    それはどうなんだろう。って感じですね。

    金さえ出せばこのレベルは日本で食べられます!



    まぁバフェはラスベガスで食わないとバフェじゃないっていうのもそうなんですけどね。


    セレブ気分でリムジンで帰りましたというのは嘘です
    DSCN0851

    9位です!
    ひとつひとつ上げていきます!
    下記ランキングバナーをクリックするだけで当ブログにポイントが入ります


    人気ブログランキングへ


    テーマ : 海外旅行記
    ジャンル : 旅行

    tag : バフェ

    2011-11-26 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    インドの新聞の読者投稿がイタすぎる…

    PA280879-1


    インド新聞・THE TELEGRAPHに、イタすぎる読者投稿があったので紹介したい。



    ちなみにTHE TELEGRAPHはインド東部(バングラディッシュ側)で一番読まれている新聞である。



    その中にあった読者投稿ページ。

    これがなかなか面白い。



    その中の1コーナー。

    その名も…

    MISSED CALL。


    PA280880-1


    そこにあったひとつの投稿がコレ↓

    PA280889-1


    先週の土曜、地下鉄の駅でボクはキミを、見つけたんだ。紫のトップにデニム姿で、同僚といっしょにドリンクコーナーの近くにいたよね。もしよかったら電話くれないかな。


    これは…。

    ラブレターみたいなものか。

    「駅で見かけて」とかピュアで可愛いが、一方でストーカーに発展しそうな臭いもする。

    というか、これ読んで女が電話してくると本気で思ってんのか!?



    「まどろっこしいことせずに、声かけろや!」



    そんな声が聞こえてきそうだが、そうはいかないのがインドなのだ。

    インドでは男女が公共の場で交流を持つことをよしとしない文化がまだ根強い。

    カップルが手をつなぐなんてことは稀で、道で声をかけることなど

    「impossible」(自称女大好きインド人)

    なのだ。



    これとほぼ同様の投稿(下記)が、これだけあった。

    PA280893-1

    PA280887-2


    まぁ、ちょっとかわいそうな気もしないでもない。



    おまけでコレ。


    PA280900-1

    私はアナタをほんとに愛してる。あなたが恋しい、JHUMA ROY…(男?)。あなたなしでは生きられない。どうか私を忘れないで。うううままままあああ!!!


    これはもう弁解の余地なくヤバいです。






    現在ランキング25位と苦戦してます…。
    みんなの1クリックでベスト20に押し上げてください!


    人気ブログランキングへ

    テーマ : 海外ニュース
    ジャンル : ニュース

    tag : インド 新聞

    2011-10-31 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    【ファイナルアンサー】インドのカレーは辛いのか?

    P9260212-1



    インドカレーを食べ続けてたどり着いた結論…

    インドといえばカレー

    実際、インドに来てカレー三昧の日々を送ってきた。



    こっちのカレーは日本のモノとはかなり違う。

    日本にあるインド人が経営してるカレー屋のものともちょっと違う。



    こっちのはスパイスの味がストレートで、味がもっと粗い感じ。

    慣れれば結構イケる。



    で、一番気になってたとこ。



    インドカレーは辛いのか?



    約1カ月強、インドのあらやる土地で3食カレーを食べ続けてたどり着いた結論は…。



    インドのカレーは辛くない。



    いや、正確に言えば、辛いのもある。



    ちなみに僕は辛いのはそれなりに好きなほう。

    だからといって激辛バカではない。

    バーモントカレーは辛口を好んで食べる。



    ◆インドには2タイプのカレーがある

    PA230834-1
    チキンカレー @コルカタ

    P9120357-1
    汁なしじゃがいもカレー @バラナシ

    インドの街食堂にいくと、2つのタイプのカレーがある。

    ひとつは単品のカレー。

    これにロティやナンを別で注文して食べる。

    ※ロティとはナンを薄くしたようなもの。インドではナンよりこっちのほうがメジャー。



    PA020002-1
    TALI @ジャイプール

    PA020006-1
    オーソドックスなカレー

    PA020005-1
    マメのカレー

    PA020004-1
    ヨーグルトカレー


    もうひとつはTALI。

    これはカレー定食みたいなもの。

    プレートに3種類(どこでもマメ、野菜、いわゆるカレーの3種類)のカレーが注がれ、ロティとライスがついてくる。

    ちなみにTALIは基本的におかわり自由!



    TALIのカレーはスパイスも控えめですごくシンプルな味。

    「TALIはみんなが食べるから辛くしてないんだよ」(自称カレー大好きインド人)

    滞在中かなりTALIにお世話になったが、これはほぼ辛くない。



    で、単品で頼むカレー。

    これはTALIのより手が込んでいてスパイスも効いている。

    たまに辛いのがある。



    それにしてもそんなに辛くない。

    LEEで言えばせいぜい5倍くらいである。



    日本のトウガラシジャンキーからすれば、

    「は?何コレ?」

    というレベルだろう。



    ◆日本は辛さでインドを…

    PA120487-1
    屋台のカレーピラフみたいなもの @アフメダバード
    PA220761-1
    スタジアムで売られてたパン。カレー味。@コルカタ

    そもそも、インド人は辛いものが好きなのか?

    何人かの自称カレー大好きインド人に聞くと、

    「インド人は辛いの好きだよ」

    との答え。



    でもそれは、インドでの辛さの基準。



    激辛カレー、ハバネロ、中本のラーメンしかり。

    昨今の激辛ブームのお陰で、辛さの部分では日本はインドより先に行ってしまったのでしょうね。




    みんなの一クリックが、みんなが思う以上に励みになってます。

    人気ブログランキングへ

    テーマ : 海外ニュース
    ジャンル : ニュース

    tag : インド カレー

    2011-10-24 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    ムンバイのセレブガールを激写!!!

    PA150219-1


    インド近代化の象徴、ムンバイ



    ストリートにはインドらしからぬブランドショップが立ち並び、

    流行の発信地であることがうかがえる。



    とにかく、街を歩いている若者、特に女の子が「欧米か!」(タカトシ、まだ消えてない?)なのである。

    しかもキレイな娘が多い。



    PA140053-1

    PA150228-1PA140148-1

    早速、路上で女の子を撮ろうと試みる。

    しかし、いくらムンバイと言えど、他の街の女の子同様、写真は撮らせてくれない。

    (インド人いわく、インドでは隠し撮りされた写真が首だけすげ代えられてポルノ雑誌に流出するということが結構あるらしい。だから女子達は敏感だというのだ!)



    という訳で隠し撮りしてみた。



    PA150225-1PA150222-1PA150231-1PA150233-1PA150238-1PA150234-1PA150218-1


    どの娘もセンスが良いとは言えない。

    でも、他の都市、首都デリーとも明らかに違う。

    サリ―を着ている娘はほとんどいない。

    手をつないで歩くカップルもいる。

    なんと夜、路上で抱き合っているカップルもいた!

    地域によっては、男女が公共の場で話すことすらはばかられるインドではありえない光景だ。



    ムンバイでアートを勉強しているという若者と会った。

    彼は言う。

    「インドは保守的な部分がたくさん残っている」

    「でも、ここはフリーダムなのさ!」



    みなさんの一クリックが、僕を次の街へ運んでいます。一日一クリックお願いします!

    人気ブログランキングへ

    テーマ : 政治・経済・時事問題
    ジャンル : 政治・経済

    tag : ムンバイ セレブ

    2011-10-16 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    アポ無しでウルルンは可能か? @インドの砂漠村

    PA050395-1




    ◆砂漠の村へ突撃訪問

    もし、TV番組のノリで、辺境の村に突然おしかけたとしたら…

    果たして泊めてもらえるものなのか?



    という訳で砂漠の村へ突撃訪問してきた。



    題して…



    ウルルンを夢見る日本人が、砂漠の村で、ぼったくりに遭った~。



    PA050002-1

    褐色の大地に緑がまばらな地平線がひたすら続く。

    ジャイサルメールからスクーターで走ること3時間。

    村探しは難航していた。



    これまで、2つの村と交渉したが、村が遠すぎるなどの理由でうまくいかず。

    日も落ちてきた。

    あきらめて道端で寝ようか。

    そんな矢先に彼らと出会った。



    ◆まさにウルルンだ…

    砂丘の向こうに明かりを見つける。

    たくさんの人の気配。

    村だ!



    話しかけると何人かの村人が

    笑顔で迎えてくれる。



    しかし、なんと…英語が全く通じない。

    「泊まらせてくれ」

    ボディランゲージを駆使して訴える。



    すると、こちらの要求をくみ取った彼らは村の中へ招いてくれる。

    なんと、僕らのためにベッドまで運んできてくれた!


    PA060464-1

    PA050404-1

    PA050390-1



    村の入り口には焚火がたいてあり、傍にはラクダが休んでいる。

    中には藁ぶき屋根の家が5つくらい立っていた。

    白い伝統衣装を着た男たちと子供に囲まれ、チャイをごちそうになる。

    遠くから色鮮やかなサリ―を着た女性たちがこちらを興味深げに眺めている



    これは、まさにウルルンではないか…。



    村長みたいな男も現れ、みんなで写真をとったり、楽しい時を過ごす。



    PA050397-1

    PA050366-1


    しかし、ウルルンは長くは続かなかった。




    ◆500ルピーよこせ!

    もう一人の日本人が僕に耳打ちをする。

    彼はほんのすこしヒンディーができる。



    「なんか、500ルピー(1000円)とか言ってます」

    「ここに泊まるなら払えってことみたいです」



    何度も村長に確認をするが、彼らが金を要求しているのは間違いみたいだ。



    PA050418-1
    金だ!金!

    ウルルン気分を壊された一行。

    「行こうか。あっちで寝よう」

    村から離れた道端でテントを張ることにする。



    500は高い(今泊まっているホテルは100ルピー)し、そんなのウルルンじゃない。



    しかし、何故か彼らは後をついてくる。

    テントを張ってる最中もニヤニヤ僕達を観察している。



    PA050438-1

    「帰れ」と言うと「チャイ代100ルピーよこせ」ときた。

    (チャイの相場は5ルピー)


    それでも、キレたことが功を奏したのかしぶしぶ村へもどっていく男達。

    やっとメシにありつける。



    ◆こん棒を持った男

    しかし、まだ終わってなかった。



    メシを食っていると、さっきとは別の1人の男が。

    手にはデカイこん棒。

    何かわめいている。

    かなり怒っているようだ。



    なだめると、帰って行ったが、さすがに身の危険を感じた。

    去り際に男がジェスチャーを交えて一言。

    「ハッパ(吸う?)」



    嗚呼。

    やはりここはインドなのだ。

    インドでウルルンはお金を払わないと無理なのだ。



    ちなみに、宿の関係者によると、

    僕らが行った村は外人の入域が禁止されているエリアだという。

    「あそこら辺の村は貧しいんです。だから治安がよくない。無事でよかったです」。



    PA060450-1






    ブログランキングに参加しています!
    ランキング上がるとテンション上がります。
    1日1クリック!応援よろしく!


    人気ブログランキングへ

    テーマ : 海外ニュース
    ジャンル : ニュース

    tag : インド ジャイサルメール

    2011-10-06 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    【インド耳かきチャンピオン】に会いに行く @デリー

    P9260162-1

    ひざまくらを

    はじめとする

    日本ではお馴染みの

    耳かき

    ビジネス。



    ここデリーにも

    耳かきビジネスがあるという

    ことを聞きつけた。



    なんと耳かきの

    インドチャンピオン

    がかいてくれるらしい。

    P9260172-1

    さっそく、

    彼がいるという

    公園へ向かった。



    公園の一番目立つベンチで待つ

    こと5分。



    「May I help ミミカキ?」



    キタッ!

    そこには40くらいのおじさんが。



    「お前は耳かきチャンピオンか?」

    「Yes sir. I,m chanmipon」

    「証明できるものはあるのか?」



    すると男はメモ帳を

    取り出して、

    ページを開く。

    P9260159-1

    P9260127-1

    そこには、

    たくさんの耳かき感想文が。



    日本人からのメッセージも

    多数寄せられている。



    悪評もちらほら。

    そうとは知らずに

    こいつバカだな。



    「違う、証明書をよこせ」



    黙る男。



    こいつはチャンピオンじゃない。



    見切りを付けた

    僕は男を追い返す。



    その後、

    何人もの「チャンピオン」が

    俺のもとへ。

    しかし、

    誰も証明するものは持ってない。



    あきらめかけたその時、

    1人の男が私の元へ。



    「お前はチャンピオンか?」

    「Yes Look.」



    男がふところから手帳を取り出す。



    「またか」

    そう思いながら目を落とす。



    何!?

    P9260158-1

    耳かきチャンピオンinデリー。



    確かに書いてある。



    しょうがない。

    こいつで手を打とう。

    P9260157-1

    P9260130-1
    証拠写真も持ってた

    まず、

    値段交渉をしようとすると、

    いきなり

    耳を掴んでくる。



    「ミルダケ」



    見て一言。



    「ウーン、バッチイ」



    うるせぇ!

    どこでそんな日本語覚えた!?



    すると男、

    耳かきをつっこんでくる。

    拒否すると

    「TRY ダケ No money 」



    そしてかきとった

    耳垢を見せて

    言った。



    「Look. you are バッチイ man」



    インド人からバッチイ

    って言われるとなんか傷つく。



    自分の耳がどれだけ汚れてるか

    見せて、

    耳かきするように仕向ける。



    なかなか巧みだ。



    交渉の末、

    両耳

    40ルピー
    (約80円)

    でやってもらうことに。

    P9260165-1

    まぁ普通だ。

    普通に気持ちいい。



    すると男が

    右耳に液体を入れてくる。

    「its medichine」

    仕上げに消毒してくれるようだ。



    「ヒダリ モ medichine ok? extra」

    extra?

    「お前、40でやるって言っただろ?

    左も薬入れろや」

    「ヒダリ medichine extra」

    「じゃ、いらねぇ」

    「ヒダリ デッカイノ aleady 」

    「If medichine using can remove」

    「ミミ アタマ カラダ conecting.

    So. ミミ バッチイ ハ アタマ カラダ バッチイ」



    片方だけ薬を

    体験させておいて、

    もう片方にはデカイのが残ってると。

    それを取るには追加料金てか。

    んで、このままだと、

    頭と体にも良くないってか。



    こいつ、

    なかなかの商売人だ。



    最後にチャンピオンは

    キレイになった右耳



    バッチイままの左耳に

    「ハロー、ハロー、ハロー」

    と三回囁き

    親指を立てて

    「Perfect」



    そう言い残して

    去っていったのだった。

    P9260134-1
    耳かきされる現地人

    いつも1クリックありがとうございます。皆さんのクリックで記事更新のモチべも上がります!

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : お笑いネタ
    ジャンル : お笑い

    tag : ひざまくら インド ビジネス ルピー 耳かき

    2011-09-27 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    インドの映画館は、六本木レベル @デリー

    インドの映画館に潜入してきた。



    この映画館、

    全てが

    インド離れした

    クオリティーを持っていた

    のだった。



    場所はデリーの

    中心にある

    コンノートプレイス。



    ココは新たに

    都市開発された

    激しく

    コスモポリタン

    なエリアで、

    街並みもヨーロッパを思わせる。

    P9250087-1

    驚くことに、

    ウンコひとつ

    落ちていないではないか!

    ココはホントにインドか!?



    で、映画館。

    P9250093-1

    P9250094-1

    P9250095-1

    まず、インド離れした

    入場料。



    300ルピー!
    (約600円)

    ※VIP席しか空いてなくて100ルピー追加された。



    今俺が泊まっているホテルの

    2泊分の値段である。

    P9250092-1

    俺がみたのが、

    mausam

    ってラブロマンス。

    ほんとは

    インドで社会現象になってる

    ボディーガードが見たかったのだが…。


    館内に入ろうとすると

    問題発生。



    カメラ、ライターはもちろん、

    なんと

    カバンまで持ち込めない!

    入口では、

    インドの

    ショッピングセンターや駅で

    お馴染みの身体検査の列。

    (という訳で館内の写真はケータイで隠し撮りました)



    テロとか、

    相当警戒してるんだろうな。



    ちなみに、

    チケット売り場の

    前には映画に来た

    客目当てで

    貧しい子供たちが。

    「鉛筆とルピーを交換して」

    って。

    DSC_0043-1

    DSC_0046-1

    館内に入る。

    ここは…。

    六本木か?



    六本木の映画館か?

    っていうくらいキレイ。

    ボーイもいて、

    ピシッとしてる。

    DSC_0037-1

    DSC_0034-1
    映画館の中のラウンジ。エアコンで寒いくらい

    あと、

    客も完全にハイソな方々。



    隣の席のおばさまは

    シャネルのバッグ持ってた。


    ん?

    なんでバック持ってるの?



    映画が始まるまで

    VIP席の観客に

    イソイソと

    ボーイが

    ジュースやらポップコーンを運ぶ。

    日本人並みの機敏さ。



    いよいよ、

    映画が始まる。

    DSC_0021-1

    ヒンドゥー語

    なんで

    内容はなんとなくしかわからない。



    でも観客の反応を見てる

    だけで楽しめた。



    とにかく、

    リアクションが大きい。



    笑うところでは、

    手を叩いて笑うし、

    女優が登場すると、

    指笛を吹く奴もいた。



    あんま静かに

    見るモンじゃないらしい。



    2時間が過ぎた時、

    いきなり

    画面に

    アルファベットの

    文字が現れて、

    スクリーンが暗くなり、

    場内が明るくなる。



    「え?終わり!?」

    「めっちゃいいとこだったのに!」

    なんて思ってると

    みんな全然席を立たない。



    そう、

    あれは

    途中休憩だったのだ。

    to be continue

    だったのだ。



    それにしても

    すごいところでぶった切る。

    めっちゃクライマックス

    のシーンで切られたので

    結構興ざめであった。



    あと、

    途中、キスシーンが出てきたのだが、

    やっぱお国柄か

    影を作って

    露出を押さえていた。

    DSC_0017-1

    で、

    映画の

    内容だが、

    相当ファッキンなストーリー展開だった。

    シリアス系なのに、

    最終的には

    ある意味コメディーで終わってしまった。



    一緒に行った

    イタリア人の

    「Very Indian story」

    というのが

    全てを物語っていた。



    まぁ

    主演の

    女優

    (ソナム・カプール:Sonam Kapoor)

    がインド人離れしたキレイさで

    それだけが救いだった。

    sonam

    sonamu3

    sonam2

    下記バナーを1クリックして世界新聞を応援してください。クリックすると、登録ランキングサイトに飛び、当サイトにポイントが入ります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : インド 映画 映画館 ソナム

    2011-09-26 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    インド人詐欺師のありえない日本語 @バラナシ

    P9140443-1

    「ハッパ、チョコ、イル?」

    ゲストハウス付近を

    歩けば、

    5m間隔で

    そんなお誘いを受ける今日この頃。



    インド人ブローカーたち

    は何故か、

    ひたすら

    日本人をカモろうとしてくる。



    そして

    彼らは

    こちらがびっくりするほど

    日本語が流ちょうだ。



    インドにきて、

    たった5日で

    楽しい日本語たちに

    遭遇したので紹介したい。




    ◎チクビ メッチャ スケテル ヤン

    沐浴場にいたら
    「ボート ノル?」
    って声をかけられた。
    断ったら、
    上記の言葉とともに、
    チクビを優しくなでてきた。



    *ボチボチ デンナ

    みやげ屋について行って
    店主があまりに
    日本語流喋なんで、
    もうかってる?
    って聞いてみたら、
    100点万点の回答。

    P9140511-1
    左がボチボチの彼。日本人の嫁がいて「ボンヤスミ デ キセイ シテル」。





    ☆ア、チョット マッテ

    カトマンズのゲストハウス街・タメルを
    歩いていたら店のほうから
    「ア、チョット マッテ」。
    思わず、ちょっと待ってしまった。
    「アノウ スミマセン」てのもあった。



    ●シンダラ チンコ モ マンコ モ ナイカラネ

    これもみやげ屋についていった時。
    18歳の調子ノリ客引きと
    火葬場の話になって、
    俺が「今日、女性の死体を見た」
    って話したら
    直後に笑いながら言った。
    深い。

    P9150547-1



    <番外編>
    ◆MY JOB IS ILLEAGAL

    沐浴場にいたら、
    「ニホンジン デスカ?」
    って声をかけてきて、
    「何?」
    って返すと、
    彼はそう切り出した。
    どんな前置きやねん。


    下記バナーを1クリックして世界新聞社を応援してください。クリックすると、登録ランキングサイトに飛び、当サイトにポイントが入ります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : インド人 日本人 日本語

    2011-09-16 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    ネパールで出家してみた @ネパール/ルンビニ

    P9100214-1

    P9090164-1

    P9090173-1

    何故か

    ネパールで、

    プチ出家することになった。



    悟りなんか

    もちろん

    開けなかったが、

    なかなかおもろい体験だった。



    ブッダ生誕の地であり、

    仏教聖地である、

    ネパール

    ルンビニ



    ブッダ生誕のマーキングが

    あったり、

    菩提樹があったり、

    世界各国のおがあったりと、

    (日本、中国、チベットはもちろん、
    フランスやオーストリアなんて変わり種もある)



    まぁ、

    とにかく、

    ありがたい場所なのである。

    P9070553-1
    ブッダが悟りを開いた菩提樹

    P9070550-1
    ブッダ生誕のマーキングがあるマヤ

    P9070610-1
    オーストリア

    P9070582-1

    そこの

    日本のおで、

    修行体験ができる

    という。



    ただし、

    その修行というのが、

    厳しいらしく、

    欧米人は泣いて逃げ出す

    かどうかは知らないが、

    日本人すら

    あまり寄り付かないらしい。



    どんなもんなんだと。



    という訳で、

    中国人ながら、

    「アタシもチャレンジしたい!」

    修行同行を申し出た

    ファッキン娘、

    チュンと2人で

    2泊3日で修行してきた。



    の名は

    日本山妙法寺。

    宗派は日蓮宗。



    南無妙法蓮華経である。



    妙法寺は

    ワールドピースパゴタ

    (写真下)

    という

    仏塔の一角にあった。

    P9070615-1

    敷地には

    宿泊施設もあり、

    ちょっとした

    ゲストハウスの趣。

    あんま寺っぽくない。

    P9080015-1

    本堂に向い

    「すいませーん」

    声をかけると、

    「ふぁ、○×☆♪◎」

    という

    うめき声が聞こえる。



    現れたのは

    60歳は過ぎてるかと思われる

    日本の僧侶。



    いきなりパッチ姿である。



    どうやらお昼寝中だったらしい。



    彼によると、

    2時間後に、

    夕方のおつとめがあるらしい。



    ちなみに、

    玄関に書いてあった

    宿泊者の修行内容がコレ。

    P9080017-1

    朝4時半起き…

    かなり

    帰りたくなった。

    P9080024-1

    午後5時。

    夕方のおつとめの時間だ。



    ドーン、ドーン、ドーン



    太鼓の音が響き渡る。



    本堂に入ると、

    僧侶が太鼓を叩いている。



    本堂に座った僕とチュンに

    うちわ太鼓

    なるもの

    が渡される。



    いよいよ修行が始まった。

    <続く>


    下記バナーを1クリックして世界新聞を応援してください。クリックすると、登録ランキングサイトに飛び、当サイトにポイントが入ります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : ネパール 出家 ブッダ 仏教 聖地 ルンビニ 修行

    2011-09-14 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    ネパールの混浴風呂でポロリを激写!

    P9010233-1
    タトパ二から見えたヒマラヤのなんとかいう山


    2泊3日で、

    アンナプルナ(Annapurna)

    というヒマラヤの山へ

    トレッキングに行ってきた。



    なんでも

    山の中に

    温泉で有名な

    タトパ二

    という村があるという。



    しかも、

    混浴!




    欧米人のギャルに

    「ヘイ、ユー、ホットスプリングというのはね…

    本来、水着を付けて入っちゃダメなんだよ」

    とか言って

    仲良くなって…

    想像は膨らむ。

    P8310220-1
    お湯は熱くもなくぬるくもなく

    勇んで訪れると

    なるほど、

    露天風呂。



    しかし、

    肝心の欧米人ギャルがいない。



    とりあえず、

    湯に入って待つと、

    ひとりの女性が。



    シャワーで髪を洗いだす女性。

    現地の人も

    日常的に

    利用するようだ。



    客は僕1人。



    すると、

    なんと女性が服を胸の上

    ギリギリまで下げた!







    P8310223-1

    そして次の瞬間。



    モロン



    と、おっぱい

    を解き放ったのだった。



    まぁでも、

    何てことはない。

    彼女は

    毎日ここで身体を洗っているのだ

    そこに

    東洋人の観光客がいた。

    ただそれだけのことなのだ。



    もちろん

    写真は

    自粛したい。


    下記バナーを1クリックして世界新聞を応援してください。クリックすると、登録ランキングサイトに飛び、当サイトにポイントが入ります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : お笑いネタ
    ジャンル : お笑い

    tag : アンナプルナ Annapurna ヒマラヤ 混浴 露天風呂 タトパ二

    2011-09-02 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    秘境「美人谷」に行ってみたら… @中国/ダンパ

    P8131256-1

    先日、

    成都からバスで10時間くらいの街、

    ダンパ丹巴)に行ってきた。

    P8131230-1
    チべタンが住む谷、Jiaju valley

    この街、なんと

    古来より、

    美人谷」

    として有名な場所らしい。



    ちなみに「ダンパ

    の語源はチベット語のギャロン

    「女王の谷」を意味しているとのこと。

    中国の資料にも『美人谷』と紹介されているらしい。



    で街から

    タクシーを飛ばし、

    チべタンが住む谷、

    Jiaju valley

    に行ってきたのだが、



    美人どころか人がいない。

    いても年寄りばかり。

    P8131251-1

    チべタン

    家に誘われたと思ったら、

    中にも美人はいない。

    挙げく、

    家を出ようとすると、

    金を要求される始末。



    結局3時間くらい歩きまわったが、

    美人は見つけられず。



    一応、

    一番若いチべタンの写真

    を載せておく。

    P8131273-1

    聞くと、

    美人谷と言われたのは昔のことで、

    今は美人たちは

    都市に出稼ぎに行っていて

    村にはいないそうな。



    無念…。
    記事を読んでおもしろいと思った方は、下記バナーを1クリックしてください。当ブログのランキングが上がります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : バックパッカー
    ジャンル : 旅行

    tag : ダンパ 丹巴 チベット チべタン 美人

    2011-08-18 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    道のど真ん中にエロい忘れ物 @成都

    P8161345-1

    成都の街を歩いていたら、

    道のど真ん中に

    大きな箱が。



    見ると

    ダッチワイフ

    だった。



    最後までやってくれるぜ、

    中国

    記事を読んでおもしろいと思った方は、下記バナーを1クリックしてください。当ブログのランキングが上がります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 中国 成都 ダッチワイフ

    2011-08-17 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    人民がハマる過激なチークダンス 中国「大人の社交場」潜入レポ 【後編】

    前編はこちら



    僕が選んだのが、

    成都娘っぽい

    少し色黒のお姉さん系。

    一番可愛い娘を選んだつもり。



    ホールに行き、

    手を合わせる。

    なんかぎこちない。

    すげー、照れくさい。



    彼女が何かを喋りかけてくるが、

    もちろん理解できない。

    とりあえず、

    「リーベン(日本人)」

    と連呼しておく。



    しかし、2曲を踊り終えるころには

    二人の呼吸も合い(!?)

    一体感のようなものが生れてきたではないか!



    なるほど。

    これは楽しい。

    たしかに

    『コイビトキブン』

    だ。



    調子に乗って

    肩に手を回すと

    察したのか、

    女がどんどん密着度を高めてくる。

    もう、

    何から何まで

    全て当たってる感じである。



    オヤジ達と同じように

    抱きついて揺れてるだけ。



    すごく気分がいい。



    4曲目に突入。

    熱くなってきた

    熱い。

    ただ、この汗ばんだ感じが

    かなりいい。



    結局、4曲目が終わり、

    50元を払って彼女とサヨナラをした。



    もう一人くらい踊りたいところ

    だったが、

    アクシデントが発生し、

    それは叶わず。



    どうしても、

    この異様な空間を写真に納めたく、

    一回だけフラッシュをたいたところ、

    会場は騒然。

    警備員5人と大勢の野次馬に囲まれてしまい、

    罵声の嵐。

    そのまま逃げるように会場を後にしたのであった。

    P8100936-1

    Aさんによるとこのテのホールは

    中国でも西側(成都重慶)独特のモノらしい。



    踊ったあとに手コキ

    はたまた本番まで移行

    する店もあるらしい。

    僕が行った店も以前は手コキをしていたのだが、

    当局の取り締まりが厳しく

    今のスタイルに落ち着いているらしい。



    個人的にはすごく楽しめた。

    暗闇の中でチークダンスというのが

    すごくノスタルジックで、

    風情があった。

    何より、中国の素人人民が

    可愛いらしかった。


    記事を読んでおもしろいと思った方は、下記バナーを1クリックしてください。当ブログのランキングが上がります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : バックパッカー
    ジャンル : 旅行

    tag : 成都 お姉さん 可愛い 中国 重慶 手コキ 本番

    2011-08-16 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    人民がハマる過激なチークダンス 中国「大人の社交場」潜入レポ 【前編】

    成都地元民だけが通うという、

    社交場

    があるというので行ってきた。



    ネタ元は同じ宿に宿泊する

    韓国人のAさん。

    Aさんは中国暮らしが長く、

    成都に数件なじみの場所があるという。



    「ホントニ、ジモトノヒトダケデス」

    「オンナノコトダンス、コイビトキブン、スゴクタノシイ」



    割と流喋な日本語でAさんは語った。



    ちょっと怪しいディスコのような場所らしい。



    成都の中心から少し離れたホテルから

    タクシーを走らせること10分。

    大通りから

    一本入った路地に立つビルに

    Aさんが入っていく。



    ビルは薄暗いし、小汚いし、

    アングラさ全開である。

    1人では死んでも入りたくない。

    P8100937-1
    社交場は3階にあった


    ホールに通じる階段の踊り場に受付があって、

    おじさんに入場料5元(60円)を払う。

    安っ!

    なるほどこれなら地元民も通える。



    ホールのドアを開けると

    思ったより広い。

    50畳くらいはありそうな

    暗闇の中にミラーボールがきらめいている。

    怪しい!怪しすぎる!



    目が慣れてくると、

    ホールの淵に沿ってソファが並べてあるのがわかった。



    そして、

    女達が座っていた。

    P8100929-1

    30人くらいだろうか。

    Aさんによると、

    まだ時間が早く(20:30)

    女の子は少ないとのこと。

    踊っている人もまばらである。



    21時くらいになると、

    続々と女の子が入ってくる。

    ホールに踊る人影が目立ちはじめ、

    オヤジ達が女の子の前を行き来し物色している。



    システムはこうだ。



    男が女を選び

    手を引きホールへ。

    チークダンスを踊り、

    男は踊り終わると、

    一曲につきだいたい10元(120円)くらいを女に払う。

    一曲で終わるのも10曲踊るのも自由。

    終了のタイミングは男がきめる。



    女の子は20代前半が大多数。

    中には30オーバーと推測されるのもいる。

    ドレス的なモノを身につけている女もいるが、

    大半はTシャツにスカート的な普段着。

    50人くらいの中で

    一緒に踊りたいなというのは

    まぁ5人くらいというところ。

    全体的にあか抜けない。



    ホールを観察していると、

    このホールの趣旨が理解できる。



    チークダンスというと聞こえはいいが、

    大半は男が女に抱きついて

    揺れているだけ。

    しきりに耳元で何かを囁いて乳繰り合っている。

    中にはケツを鷲掴みの輩も。



    そしていよいよ、

    僕も1人を選びホールへ向う。

    (続く)

    記事を読んでおもしろいと思った方は、下記バナーを1クリックしてください。当ブログのランキングが上がります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : バックパッカー
    ジャンル : 旅行

    tag : 成都 地元 社交場

    2011-08-16 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    中国の赤ちゃんのお尻は2回割れる。

    P8070859-2

    中国では路上で、

    普通に、

    親が

    赤ちゃんに

    うんち&おしっこをさせている

    光景に出くわす。



    親たちは考えました。

    どうせ、

    どこでもやるんだから

    この際赤ちゃんのズボンを

    切っちゃえと。

    P8040828-2

    P8070855-2

    P8090881-2

    めちゃめちゃ可愛いです。


    便利だったり、

    都合の良いことは

    即実行。

    格好なんて気にしません。



    いかにも中国人らしい発想かと。

    記事を読んでおもしろいと思った方は、下記バナーを1クリックしてください。当ブログのランキングが上がります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 中国 赤ちゃん

    2011-08-09 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    中国鉄道「寝相」驚愕コレクション @西安→成都

    中国鉄道

    硬座」で、

    実に様々な寝相に遭遇したので、

    紹介したい。


    P7310756-2
    椅子で机のような寝方を可能に

    P7310758-2
    なんかのたうちまわってた

    P7310747-2
    中国ではほんとに子供を大切にする

    P7310749-2
    滝のイメージ

    P7310753-2
    狛犬のイメージ

    P7310746-2
    2人の関係が気になる



    と、こんな感じで

    「寝れない」と言われる

    硬座でなんとか寝ようと、

    必死な人民たちなのでした。


    記事を読んでおもしろいと思った方は、下記バナーを1クリックしてください。当ブログのランキングが上がります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : バックパッカー
    ジャンル : 旅行

    tag : 中国 鉄道 硬座

    2011-08-05 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    中国列車の「硬座」は硬くない? 

    硬座」をご存じだろうか。



    中国列車にはいくつか席の種類があり、

    硬座とは、

    お察しの通り

    最低ランクの席である。



    いかにも硬そうな響きの

    この硬座は、

    旅行者の間ではなかなか悪名高く、

    その過酷さを

    数多のバックパッカ―が告白している。



    今回、僕も

    武漢→西安の移動に

    この硬座を利用してみた。

    P7270496-2

    結論から言うと、

    シート自体は思ったほど

    硬くはない。



    ただ、もちろん

    P7270497-2

    シートは90度から微動だにしないし、

    前後左右の席と席の感覚は皆無。



    ただ、

    それよりも何よりも、

    P7270568-2

    P7270564-2

    僕の前の席は終始、

    こういう状況だった。



    説明が必要だろう。




    僕の前の席の親子連れは

    3人に対して

    2人分の席しか取っていなかったので、

    弟クンがシート全体を占領すると、

    兄貴と母親は居場所がない。

    そういうことである。



    こういう状況が約80cm前

    で繰り広げられている

    (状況は刻々と変化する)

    ので、

    こっちも寝れない。



    おまけに僕の席は

    車両の端だったので

    P7270518-2

    連結部の状況もかなり影響してくる。



    そこには立ちチケットの

    行商のオヤジ達で溢れかえっていた。

    彼らが終始酒盛りをしていたのは言うまでもない。



    まぁ、硬座は安いので、

    あまり文句は言えない。

    普通の座席(軟臥下鋪)242元(3630円)のところ、

    硬座137元(2050円)である。


    ※たった1500円かもしれないが、
    中国の物価の感覚から言うと相当格安。



    結局、硬座の本質は

    硬いとか硬くないとか

    そういうところではないのだ。



    そこにどういう輩が集まるのか。



    それが硬座の真骨頂なのかもしれない。
    P7270536-2


    記事を読んでおもしろいと思った方は、下記バナーを1クリックしてください。当ブログのランキングが上がります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


    テーマ : バックパッカー
    ジャンル : 旅行

    tag : 硬座 中国 列車 バックパッカ― 武漢→西安

    2011-07-30 : カルチャー : コメント : 2 : トラックバック : 0
    Pagetop

    歩道はバイクのためにある!@上海

    P7200222-2


    ちょっと

    コレ危なくないですか?



    車道が渋滞してると、

    人民達、

    歩道にバイク乗りいれてくるんですよ!

    結構なスピード出して。



    しかも、上海のバイク

    何故かほぼ

    電動。



    音がしないから

    マジ怖いっス。

    記事を読んでおもしろいと思った方だけ、下記バナーを1クリックしてください。当ブログのランキングが上がります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 上海

    2011-07-24 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    カウチサーフィン体験レポ ~ゲイの魔の手が忍び寄る!?~ 【前編】

    カウチサーフィン

    って知ってますか?



    僕はこれを使い、

    上海初日から3日間、

    見ず知らずのイギリス人の家に泊まりました。



    カウチサーフィンとは

    簡単に言うと、

    ホームステイマッチングサイト。

    宿泊希望者は230カ国、100万人以上の

    ホスト(宿泊スペース提供者)

    からホームステイ先を選ぶことができます。



    ホームステイ

    基本的に無料。

    ちなみにカウチサーフィン

    ユーザー

    (カウチではユーザーは
    宿泊希望者であり、宿泊スペース提供者でもある)

    からの寄付で運営されています。



    欧米やアメリカでは

    けっこう定着したサービスで、

    日本でも最近TVで紹介されたので、

    知っている人もいるかと。



    で、実際、コレを今回の世界一周の

    一発目に使ってみました。



    ******



    宿泊日の5日前くらい前から

    僕は上海のホストに

    カウチリクエスト(宿泊希望メール)を出しました。



    すると上海のjohnからOKの返事が。

    何回かやりとりをし、

    待ち合わせ場所を決めます。



    で、当日。

    何しろ初めての土地だし、

    ケータイもないので、

    合流できなくても

    しゃーないくらいの感じでした。



    何よりほんとに来るのかと。



    しかし!

    johnは待ち合わせのスタバに

    時間通りに現れたのです!



    johnの家は地域住民が

    住む団地みたいなところ。

    (上海の建物はほぼすべてが

    下記のような団地になっている)


    P7160053-2

    P7160058-2


    1LDKのリビングの片隅が

    僕の棲み家となりました。



    **********



    初日の夜、

    僕はあることが気になっていました。



    それはもちろん、

    johnが

    ゲイではないかということ。

    johnは華の独身貴族。

    男を招き入れるのだから、

    その可能性は大いにある。



    僕がなかなか寝付けずにいると、

    夜2時くらい、

    同じ部屋のついたての向こうで寝ている

    johnが

    突然、

    すっと

    立ちあがったのでした。



    後編へ続く

    記事を読んでおもしろいと思った方だけ、下記バナーを1クリックしてください。当ブログのランキングが上がります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : カウチサーフィン ホームステイ ゲイ

    2011-07-21 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    人民は”ハラ出し”がお好き @上海

    ハラ出し3連発!

    P7190163-2

    P7180148-2

    P7180142-3

    記事を読んでおもしろいと思った方だけ、下記バナーを1クリックしてください。当ブログのランキングが上がります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : バックパッカー
    ジャンル : 旅行

    2011-07-20 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    「どこでも寝れる」というのはこういうことを言う@上海/新天地

    P7170107-2


    相当お疲れのようです。

    それにしても自民達、

    昼間から良く寝てますね~。

    記事を読んでおもしろいと思った方だけ、下記バナーを1クリックしてください。当ブログのランキングが上がります。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

    テーマ : バックパッカー
    ジャンル : 旅行

    2011-07-20 : カルチャー : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop
    « 前のページ  ホーム

    デスク

    松崎敦史

    Author:松崎敦史
    1981年5月28日生まれ。大阪府出身。A型。2005年株式会社白夜書房に入社。フットサル雑誌「フットサルナビ」の編集者として5年間働く。2011年7月世界一周旅行へ。ニュースサイトGIGAZINEで連載。当ブログがブログ村旅行カテゴリーで1位獲得。2012年7月帰国。2013年4月、脳内トラベルメディア・世界新聞をリリース。

    もろもろお気軽にご連絡ください!
    atsugk☆gmail.com

    タレコミ募集中!

    世界新聞社では、
    「ココ取材してきて」
    「こんな面白いことあったよ」
    「今ココでコレが流行ってる」
    そんなタレコミを24時間体制で受け付けております。
    atsugk☆gmail.com

    購読料について

    下記バナーを1日1クリックしてください。定期購読の場合、クリックが2日に1回でよくなる特典がございます。
    ※ビール券はあいにく切らしております。
    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 人気ブログランキングへ

    訃報

    ・テツ&トモ
    ・日本経済

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    為替

    今日の運勢

    編集長のつぶやき

     

    定期購読はこちら

    コラボ、執筆依頼、苦情はこちら

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    旅行
    272位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    海外旅行
    96位
    アクセスランキングを見る>>

    検索フォーム

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。