スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    -------- : スポンサー広告 :
    Pagetop

    僕がブログランキングで1位になるためにやったこと【前編】

    P4120043


    最近お願いばっかで、たまにはいいことしようと思い立ったわけです。

    デスクです。



    一応、僕ってブログランキング1位になったじゃないですか。

    今更ですけど、

    ブログランキングで1位になる方法(ブログ村世界一周カテゴリー)

    を公開します。



    本当はあんまり書きたくないんです。

    まず、ネタばれしますし、1位になるために結構みっともないことしましたからね。

    でも全部白状します。



    今からお教えする方法はある種の苦痛を伴います。

    なので、「ウチ、1位になる!絶対なったるねん!」という人以外読まないでください

    とは言いません。

    ただ、この記事を読んで自分に落とし込んだ上で実践すれば、

    ほぼ1位になれると思います。

    ちなみに文章力とか全く関係ありません。



    本記事は「心構え編」、「テクニック編」の2編に分けてお送りします。


    「心構え編」
    10
    @カンボジア/ホイアン


    僕の場合、

    ブログ村に登録してから1位になるまでの期間は

    2週間くらいだったと思います。



    これにはカラクリがあって、

    僕の場合、旅に出てから8ヶ月くらいは違うブログランキングに登録してたんですね。



    2011.7.15
    世界一周スタート

    2011.9
    「人気ブログランキング」に登録

    2012.3
    「ブログ村」に移籍

    2012.4.12
    「ブログ村」世界一周カテゴリーで1位




    前提として、「ブログ村」に移籍した時には、「人気ブログランキング」時代からの読者がたくさんいて、

    引き続きクリックしてくれたというのがあります。



    ただ、「ブログ村」に移籍した時、僕には

    「絶対1位になれる」

    という確固たる自信がありました。



    それは旅を通じてある考え方に行き着いたからでした。



    1位になるために一番大事なことは、

    自分をさらけ出すことです。

    DSCN6926.jpg
    @グァテマラ/シエラ


    感じが悪い人

    っているじゃないですか。



    この人、心閉ざしているなーっていう人。




    中米の茶店だったと思うんですけど、

    これまたウェイターが愛想悪いわけですよ。

    「もっと気持ちよく働けねーのかよ」

    って気分が悪くなる訳ですけど、



    ちょっと待てよと。



    試しに、僕から

    「オラ!コモエスタ!?(やあ、調子どう)」

    って無理やり笑顔を作って話しかけてみたんです。



    するとですよ。



    仏頂面だった彼女の顔がみるみる崩れて

    笑顔で

    「オラ!ムイビエン(いいよ)!」

    と返してくれたんです。



    なんというか、

    すごくぐっときた瞬間でした。



    同時に思ったんです。



    心を開いていないのは自分の方だったなって。

    DSCN3058
    @メキシコ/グアダラハラ


    旅の中でそんな瞬間に数え切れないほど出会ってやがて、

    相手が心を開いていないのは自分が開いていないから

    と思うようになりました。

    (そう思えない時ももちろんありましたが)



    「ブログ村」に移籍してから1位になるために、僕はブログの書き方を180度を変えました。



    自分のことを書いたのです。



    楽しいことだけじゃなく、

    みっともないことも、憂鬱なことも、弱い部分も、

    全て洗いざらい書こうと思ったのです。




    ランキングを上げるためには、読者にバナーをクリックしてもらう必要があります。

    それってすごくハードルの高い行為です。

    どうしたらみんながクリックしてくれるかということを死ぬほど考えた結果、

    ある着想に至ったんです。



    クリックしてもらう=心を開いてもらう



    だから僕は自分をさらけ出すことにしたんです。


    「テクニック編」に続く

    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    2013-02-06 : 社説 : コメント : 1 : トラックバック : 0
    Pagetop

    コンセプト強制おかわり

    map


    この間の記者募集の文章がちょっとイケてなかったので、改めて、

    世界新聞のコンセプトを書いておきます。



    小田和正ばり伝えたいことがあるのです。

    デスクです。



    旅人って、

    すごい可能性があるんですよね。



    僕自身、世界一周しながら記事を書いてたんですね。

    ブログと並行してGIGAZINEというニュースサイトで連載させてもらっていました。

    GIGAZINEは月間5000万PVくらいある超巨大サイトなんですが、
    gigatop2

    連載させてもらえたのはほんとたまたまです。



    なので、僕としてはビビってた訳です。

    僕みたいな一介の旅人が記事を書いたところで受け入れられるのだろうか

    って。



    でも実際やってみたら、

    これが反応いいんですよ。



    例えば、下の記事なんかは

    GIGAZINEの月間アクセスランキングでいいセンいきました。


    月間2位
    「鉄の処女」など今ではありえない方法で人を懲らしめまくる中世の拷問器具の数々

    月間5位
    マチュピチュに出来るだけお金をかけずに行ったらちょっとした冒険になった

    月間6位
    危険なイメージしかないメキシコを旅して気付いた大きな誤解


    何も大したことはやってないです。

    マチュピチュの記事で紹介したルートなんか、

    旅人にはメジャーなルートですよね。



    旅人にとっては当たり前のことを、

    読者は知らなかったりするんです。



    むしろ、

    旅人が見たり触れたりすることはその時点でもう、

    読者にとってスクープなんです。



    旅人に記者になってもらって記事を集めれば、

    面白いメディアができるんじゃないか?



    世界新聞を立ち上げたきっかけでした。

    rogo2


    じゃ、世界新聞でどういう記事を書くのかというと、

    事実をていねいに伝えるんです。



    これが、慣れないと難しいんですが、

    意識を変えるだけで情報の質がぐっと上がります。



    ちなみに、

    世界新聞では上のリンクの記事のように、

    写真メインの記事を書いてもらいます。

    何故かと言うと、

    写真は情報量が豊富だからです。



    例えば、

    僕がマチュピチュに行った時、道中で土砂崩れの現場に遭遇したんですが、

    我ながら、この写真は現場の空気をよく伝えていると思います。
    12_m



    どうやったら、

    読者に現場の空気が伝わるかな?

    と考える訳です。



    それが、事実をていねいに伝えるということです。



    世界新聞の目的は、

    読者に海外を疑似体験してもらうことです。



    もし、旅人記者が1000人集まったとして

    毎日世界中から記事が集まるようになれば、

    今までにない面白いメディアができると信じています。

    map


    今、旅人が情報発信するとしたら、どうしてもブログになります。

    ブログを否定するつもりはありません。

    旅を気楽に伝えるには最高のツールだと思います。



    でも、もっとこう、

    しっかり情報を発信したい

    という人がいると思います。



    ブログとはまた、違った発信の形を作りたいのです。



    伝えることに興味がある旅人は、

    世界新聞に参加してください。



    あなたの貴重な海外体験をより多くの人に届けましょう!


    興味のある方はこちらの記事の「募集詳細」を読んだ上でご応募ください。

    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    2013-02-01 : ABOUT : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    ファンページができました

    IMG_0685

    人生4回目の反抗期を迎えたデスク、

    31歳です。



    ご報告があります。

    世界新聞記者募集から10日。

    なんと……42人もの応募がありました!

    既に表明してくれている人を合わせると50人以上になります。



    ひとえに拡散してくれた皆さんのおかげです。

    ありがとうございました!



    あと950人くらい募集してますので、

    引き続きよろしくお願いします!

    興味のある方はこちら

    の記事を読んだ上で、メールをいただければと思います。

    資料を送ります。


    rogo2

    ひっそり世界新聞のフェイスブックファンページができました。

    いいねと思わなくても、

    いいねしてもらえればと思います。

    ファンページはこちら

    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    2013-01-28 : ABOUT : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    旅行ライター募集 【経験一切不問】

    DSCN1126


    世界新聞リニューアルにあたって、

    記者を募集させてください。

    ライター経験などは一切不問です。

    どれくらい不問かと言うと、

    つのだ☆ひろの☆くらい不問です。



    ともかく、

    募集するのは記者というより、旅人(海外在住者)です。



    新しい世界新聞のコンセプトは、

    旅人がつくるニュースサイト

    です。



    僕としては、

    旅人だからこそ拾えるネタ

    というものがあって、

    それは、

    読者にとってすごく価値のあるものだと思っています。



    例えば、下記のような記事を集めたいのです。
    (僕が世界一周中に他サイトに寄稿していた記事です)


    メキシコになんと「メイド喫茶がある」ということなので早速行ってきました

    マチュピチュに出来るだけお金をかけずに行ったらちょっとした冒険になった

    ラオスの床屋で「おまかせ」で髪を切ったらこんな感じになった

    ハンガリー産フォアグラを使って8ユーロ(800円)以下で作る世界三大珍味丼


    危険なことや、インパクトのあるネタを探す必要はありません。

    旅人が目にするたいていのものは、読者にとって既にスクープです。



    以上のような記事を通して、みなさんの海外体験を読者に

    おすそ分け

    するようなイメージです。



    ちなみに、

    世界新聞が想定する読者は、日本にいる海外(旅)好きの人です。

    旅人のための情報サイトではありません。


    DSCN5451
    こんな感じで記事更新してました。左はフェイスブック中毒のアルゼンチン人@ブエノスアイレス


    これから、旅人記者の輪をどんどん広げていきます。

    目指せ1000人です。

    ハードルは高いですが、

    もし実現できたら、

    毎日世界中から記事が集まる面白いメディアになると思います。



    世界新聞はこれからのメディアなので、

    旅人にとってメリットがあまりないかもしれません。



    ただ、今後、

    旅人が何らかの価値を見出してくれるようなメディア

    に育てていきたいと思っています。


    rogo2



    【募集詳細】

    ・更新頻度などは全くもって自由です

    ・記事の構成として一点、写真を多めに使ってもらいます

    ・基本的に記事は編集部を通してから掲載します
    (添削する時は、変更点と理由を必ず報告します)

    ・ご自身のプロフィールページをサイト内に作ることができます
    (ブログなどへのリンクも貼れます)

    ・現時点ではギャラをお支払いすることはできません(1/21追記)

    ・将来的には記者の方に記事広告などをやっていただきたいと思っています
    (その場合、ギャラをお支払いします)


    【例えば、こういう方を求めています】

    メディア(ライター)志望の学生の旅人、文章や写真が好きな長期(短期)旅行者、今住んでいる場所の情報を発信したい海外在住の方、過去旅して「いいネタ持ってまっせ~」という方、しょーがねー協力してやるかという方


    【デスクの経歴】
    DSCN5286


    松崎敦史/1981年生まれ/大阪出身

    2005-2010 株式会社白夜書房『フットサルナビ』編集者
    2011-2012 世界一周へ。ブログ村旅行(世界一周)カテゴリー1位。ニュースサイトGIGAZINE特派記者。

    もっと詳しい仕事経歴はこちら


    興味のある方は下記までメールください。

    atsugk☆gmail.com
    (☆を@に変換してください)

    記事を書く際の簡単な資料をお送りします。

    ご質問、ご意見も24時間一人体制でお待ちしております。



    最後に、この記事を拡散してもらえると、非常に喜びます。

    よろしくお願いします。

    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    2013-01-17 : ABOUT : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    デスクの仕事経歴なぞ

    IMG_0753
    IMG_2002
    メキシコのメイド喫茶にて


    デスクだか、ラスクだか知らねーが、おめー何者なんだ

    というつっこみに先手を打っておくことにします。

    これまでもこれからも僕は活字畑の人です。


    松崎敦史
    MATSUZAKI ATSUSHI


    1981年生まれ/大阪府出身/A型



    【以下仕事経歴】

    2004
    新卒で某出版社にて営業として働く

    2005~2010
    株式会社白夜書房『フットサルナビ』の編集者として5年働く


    フットサルナビ
    61tyKtdfYrL._SL500_AA300_

    主に、競技ページなぞを担当してました。


    奥山蹴球雑技団直伝 サッカー・フットサル禁断の百雑技集 
    61Fsvr2NqZL._SS500_

    奥山蹴球雑技団直伝 サッカー・フットサル蹴球奥義皆伝ノ書 
    41ficfCuCgL._SS500_

    以上の2つの本は企画から編集、ライティングまでやりました。


    2011~2012
    世界一周旅へ

    ルート

    より大きな地図で 現在地 を表示

    「世界新聞」(当ブログ)がブログ村旅行カテゴリーで1位獲得(全21095サイト中)
    P4120043

    ニュースサイトGIGAZINEで連載
    gigatop2

    全記事
    (時系列)

    インドでマラリア発症・ポリープ発覚、緊急帰国を強いられたある旅人の悲劇

    ラスベガスのHOOTERSに潜入!本場のクオリティーはいかほど?

    世界一危険!?な帰宅ラッシュ、メキシコ国境のありふれた日常

    メキシコのタバコの警告表示が強烈すぎる

    メキシコになんと「メイド喫茶がある」ということなので早速行ってきました

    メキシコのオタクの聖地「AKIBAビル」に潜入してきた

    危険なイメージしかないメキシコを旅して気付いた大きな誤解

    グアテマラに衝撃的な姿の神様がいるというので会いに行ってきた

    中米グアテマラにて世界一周中に起業してしまった男達

    かつて「サッカー戦争」が起きた国でサッカー観戦したらえらいことに……

    コスタリカの朝マックに赤飯があるというので食べに行ってきた

    ペルーでコーラを注文すると黄金のコーラが出てくる

    マチュピチュに出来るだけお金をかけずに行ったらちょっとした冒険になった

    世界各地で食したウマウマな日本食まとめ

    まるで天国のようなウユニの「鏡張り」に魂が震えた

    劣悪環境で働くポトシ鉱山の坑夫に会って「働く」ということをもう一度考えた

    世界最大の滝・イグアスに飲み込まれてきた

    世界で2番目に美しい本屋さんで、優雅な時間に浸ってきた

    危険すぎてガイドブックに載っていないというアルゼンチンの動物園

    パタゴニアの氷河がこんなに美しい青があると気付かせてくれた

    「鉄の処女」など今ではありえない方法で人を懲らしめまくる中世の拷問器具の数々

    ベルリンに激しくしのぎを削る2軒のラーメン屋があるというので食べ比べてきた

    アウシュビッツ強制収容所に行って分かったこと、分からなかったこと

    ハンガリー産フォアグラを使って8ユーロ(800円)以下で作る世界三大珍味丼

    憧れのモンサンミシェルに会いに行ってきた

    バンコクにある吉野家よりおいしいと噂の「牛野家」に行ってみた

    北朝鮮直営「喜び組」風のショーが見れるピョンヤンレストランに行ってみた

    戦場の世界遺産、プリア・ヴィヘア遺跡に行ってきた

    世界の色々な宗教をミックスしてできたベトナムのカオダイ教総本山に行ってきた

    初期のドラゴンボールの世界がひろがる、ベトナムのハロン湾に行ってきた

    雨の日も風の日も、托鉢のために大行列を作るラオスの僧侶たち

    ラオスの床屋で「おまかせ」で髪を切ったらこんな感じになった

    世界一周バックパッカ―を1年間したらこんな冒険が待っていたまとめ

    以後お見知りおきを。

    テーマ : 海外旅行
    ジャンル : 旅行

    2013-01-17 : ABOUT : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop
    « 前のページ  ホーム  次のページ »

    デスク

    松崎敦史

    Author:松崎敦史
    1981年5月28日生まれ。大阪府出身。A型。2005年株式会社白夜書房に入社。フットサル雑誌「フットサルナビ」の編集者として5年間働く。2011年7月世界一周旅行へ。ニュースサイトGIGAZINEで連載。当ブログがブログ村旅行カテゴリーで1位獲得。2012年7月帰国。2013年4月、脳内トラベルメディア・世界新聞をリリース。

    もろもろお気軽にご連絡ください!
    atsugk☆gmail.com

    タレコミ募集中!

    世界新聞社では、
    「ココ取材してきて」
    「こんな面白いことあったよ」
    「今ココでコレが流行ってる」
    そんなタレコミを24時間体制で受け付けております。
    atsugk☆gmail.com

    購読料について

    下記バナーを1日1クリックしてください。定期購読の場合、クリックが2日に1回でよくなる特典がございます。
    ※ビール券はあいにく切らしております。
    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 人気ブログランキングへ

    訃報

    ・テツ&トモ
    ・日本経済

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    為替

    今日の運勢

    編集長のつぶやき

     

    定期購読はこちら

    コラボ、執筆依頼、苦情はこちら

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    旅行
    244位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    海外旅行
    82位
    アクセスランキングを見る>>

    検索フォーム

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。